dkmm1f000004a5j8
  1. HOME
  2. ニュース&トピックス
  3. YKアクロス社、FAX受信をオンライン処理できるネクスウェイの『e-受信FAXサービス』でテレワークでも平常業務を実現 ~コロナ禍でも受発注業務を止めることなく円滑に事業を継続~

YKアクロス社、FAX受信をオンライン処理できるネクスウェイの『e-受信FAXサービス』でテレワークでも平常業務を実現
~コロナ禍でも受発注業務を止めることなく円滑に事業を継続~

 TISインテックグループの株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:松森正彦、以下ネクスウェイ)は、合成樹脂や精密化学品、建材などの各種原料を扱う商社YKアクロス株式会社(以下、YKアクロス)が、ネクスウェイの『FNX e-受信 FAXサービス(以下、e-受信FAXサービス)』を活用し、テレワークにおいてもFAXを用いた円滑な受発注業務を実現したことを発表します。

 これまでYKアクロスでは、受発注業務において、一部の取引先とのやり取りにFAXを利用してきましたが、テレワークが推進される中、EDIやメールなど電子化も検討してきました。しかし、手法を転換するには大きな手間と時間が掛かるため、従来のFAXを利用する運用を変更するのは困難でした。今回導入された部署の1つである「合成樹脂・機能性化学品部門 合成樹脂部」では、約9割の注文書をFAXでやり取りしていました。

 そこで、受信したFAXをクラウド上で管理できる『e-受信FAXサービス』を活用することで、物理的に紙のFAXを確認する作業をなくし、負荷なく受発注業務を簡易化することができるようになりました。YKアクロスでは、2020年6月までに3拠点11部署で『e-受信FAXサービス』の利用を開始し、現在、8つの部署で『e-受信FAXサービス』の追加導入を検討しており、さらなる業務効率の向上を目指しています。

導入前の課題

YKアクロスに届く、毎月約1,500枚にも及ぶFAXの注文書を処理する手間が掛かっていた

紙の注文書を整理するだけで毎月40時間ほど掛かっていた

FAXを複合機まで取りに行くため、離席時は電話対応ができなかった

問い合わせの際は保管してある紙のFAXの中から該当FAXを探すため、時間が掛かっていた

FAXが届くためテレワークを導入した場合でも、社員は交代で出社する必要があった



導入の成果


 

運用ルールを見直し、紙ではなく『e-受信FAXサービス』上で注文書の処理を行うことで、電子データ管理へ移行し、処理時の手間を削減できた

紙の注文書を保管する必要がなくなり、保管してある紙の保管場所削減につながった

FAXを取りに行くために離席することがなくなり、電話対応に困らなくなった

電子データのため、簡単に検索して情報を見つけられ、問い合わせに対して迅速に対応できるようになった

テレワークでもFAXでの注文書を処理できるようになった



お客様からのコメント

合成樹脂・機能性化学品部門 合成樹脂部リーダー 大坪様

「『e-受信FAXサービス』上で受信したFAXデータの複製が可能となったことで、わざわざ複合機に移動してコピーする手間もなくなり、担当者間で発注書の回覧も楽になりました。社内連絡用にメモを記載できる付箋機能でコミュニケーションもしっかりとれるので、業務に支障も出ていません。

   また、テレワークの状況においても各担当者のフォルダやステータスなどを見ることで、個々人の状況を把握できるようになり、担当者の業務状況を確認できる指標として活用しています」

管理部門 総務部 システムチームリーダー 中村様

「新型コロナウイルス感染症の流行を受け、当社では4月から全社的に原則テレワークとなりましたが、紙を使って発注書等のやり取りをしている部署では、すぐにはテレワークを行うことができませんでした。一方で、『e-受信FAXサービス』を導入していた部署はノートPCと携帯さえあれば自宅で業務ができました。

   導入当初はテレワーク下での業務は想定していませんでしたが、『e-受信FAXサービス』のメリットを最大限に活用した社内におけるテレワークのモデルケースになりました」

<導入イメージ図>

    

事例の詳細は下記URLをご参照ください。

https://www.nexway.co.jp/bsalliance/jirei/yk-akros.html



『e-受信FAXサービス』とは

 『e-受信FAXサービス』は、受信したFAXをブラウザ上で確認して必要な情報を追記して返信・転送が行えるクラウドサービスです。専用のアダプタをFAX回線とLANに接続することで、FAX番号を変更することなくサービスを利用することができます。FAXで行っている紙の仕分け、追記返信、保管などの業務が効率化できるほか、ペーパーレス化やFAX業務の在宅勤務・テレワーク化が可能です。


<利用料金>

初期費用 : 62,000円~

月額費用 : 15,000円~

『e-受信FAXサービス』についての詳細は下記のURLをご参照ください。

https://www.nexway.co.jp/service/jyushin/index.html



YKアクロス株式会社について

 YKアクロス株式会社は、合成樹脂や精密化学品、建材をはじめとした各種原料を扱う創業から110年を迎える老舗商社です。2020年4月に、株式会社アクロス商事と株式会社YKイノアスが合併し、新会社「YKアクロス株式会社」としてスタートしました。

 これまでの両社の経験や専門知識を活かして、内装資材などの住宅関連工事業や保険業など、ますます活躍のフィールドを広げて事業を拡大しています。北海道から九州まで日本各地に20以上の支店や営業所をもち、さらには東南アジア、中国などにもグローバルに展開しています。(http://www.yk-akros.com/index.html/



株式会社ネクスウェイについて

 「FOR MOVIN’ 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる」を理念に掲げるネクスウェイは、お客様の想いに向き合い、その想いを情報という形に仕立て、世界に伝わり、つながり合うきっかけをつくります。 その手段は多岐にわたり、30年の歴史を誇るFAX一斉送信サービスをはじめ、薬剤師を支援する日本薬剤師協会との共同メディアや、FinTech事業者の取引開始をスムーズにするKYC業務支援サービス等、お客様のニーズや時代の流れに合わせたラインナップが強みです。https://www.nexway.co.jp/



TISインテックグループについて

 TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

お問い合せ

報道関係からのお問い合わせ先 株式会社ネクスウェイ 人事広報室 広報担当 中川
電話:03-6388-1366(直通) e-mail:public_relations@nexway.co.jp
本サービスに関するお問い合わせ先 電話:0120-341-890(平日9:00~12:00/13:00~18:00)
e-mail:clp@nexway.co.jp

ニュース一覧へ

Tweet