dkmm1f0000028nds
  1. HOME
  2. サービス一覧
  3. FNX e-受信FAXサービス
  4. FAX受信サービスとは?

FAX受信サービスとは?



受信したFAXをウェブ上で閲覧・仕分け・編集・保管・返信できる

FAX受信サービスとは、受信したFAXをウェブ上で閲覧・仕分け・編集・保管・返信できるサービスのことです。

受信したFAXはイメージデータとしてクラウド上に保管されるため、インターネットがつながっていれば、いつでもどこでもFAXを確認することが可能になります。


つまり、これまでの複合機までFAXを取りに行ったり、FAXを仕分けたり、保管やそこから探すといった業務が全てWEB上で行えるようになるサービスなのです。
効率を高めるだけならWEB-EDIなど他のソリューションも考えられます。しかし、取引先からのFAXをなくせないという要望やコスト面から実現が難しいという話もよく伺います。

FAX受信サービスなら、FAXという情報手段を維持しつつも、コストを抑え、業務の効率化を実現できます。

 

 

FAX受信サービスとは

FAX受信サービスのメリット

メリット1

受信したFAXをパソコン上で確認できる

外出先で注文書や見積書を確認したいときはないですか?
外出時に取引先から注文書や見積書をFAXで送られてきた場合、会社に電話やメールで確認するほか内容を確かめるしか方法はありません。

電話だと実物を確認できないために伝達ミスの恐れがありますし、FAXをスキャナで読み取ってメールに添付するにも手間がかかります。

FAX受信サービスならインターネットがつながれば、いつでもどこでも受信したFAXを確認することができます。外出先でも社内と同じようにFAXを確認できるため、迅速な対応が可能になりテレワークや働き方改革の推進にも繋がります。

メリット2

受信したFAXをデータで保存でき、保管場所の削減に!

取引先とやりとりする注文書や見積書の扱いで困るのが原紙の保管です。

取引の証憑書類については7年間の保管期間が定められており、取引が終わったからといって簡単に破棄することはできません。
社内でも場所を借りるにしてもコストがかかり、取引先が増えるにつれて保管スペースを圧迫します。

しかし、FAX受信サービスなら受信したFAXをイメージデータとしてクラウド上に保管するので、物理的な保管スペースは必要ありません。

メリット3

ペーパーレスで備品コスト削減

FAXを利用する上で避けられないのが、紙代やインク代といった備品コストです。 1枚あたりの単価は安いように思えても、受信するFAXが多ければ多いほどコストが積み重なっていきます。ペーパーレスを進めるために紙の使用量を減らすよう努力しても、取引先から送られてくるFAXは止めようがありません。

そこで活躍するのがFAX受信サービスです。

これまで解説してきたように受信したFAXをイメージデータとして保管するので紙が出てくることはありません。



初めての方はコチラからお問い合わせください

0120-341-890 [平日]9時~12時/13時~18時

  • お問い合わせ
  • 資料請求

関連ニュース