dkmm1f000004hvf3
  1. HOME
  2. セミナー情報
  3. eKYCに求められる業務要件とその選定ポイントとは?

eKYCに求められる業務要件とその選定ポイントとは?

犯収法をきっちりおさえつつ、自社サービスにおいて、本人業務をどのように構築すべきなのか?
eKYCなどをどう選ぶべきか?選定ポイントの整理と考え方をお伝えいたします。

WEB開催

終了

会場
オンライン

WEB開催

日程
2020.09.25 (金) 14:00~15:00

キーワード

郵送

システム

業務効率化

生産性

費用対効果

toB

犯罪収益移転防止法の特定事業者様においては、マネー・ローンダリング対策のための本人確認がにより義務付けられていまが、この本人確認業務が負担となっていることと存じます。

あらためて、犯収法施行規則の改正におけるeKYCとはどのような手法があるのか、自社に最も最適な方法はどの方法なのかなどの疑問にお答えします。

こんな課題をお持ちの方にオススメ!

プログラム

・改正犯収法とは?

・eKYC選定のポイント


・ネクスウェイ本人確認サービスの特徴


・質疑応答

開催概要

タイトル eKYCに求められる業務要件とその選定ポイントとは?
日程 2020.09.25 (金)
時間 14:00~15:00
会場 オンライン
お申込みいただいた後、メールにてZoomのURLをお送りいたします 
対象 金融商品取引業者様、 不動産特定共同事業者様、 仮想通貨交換業者様、 資金移動業者様、電話転送サービス事業者様 などの犯収法 特定事業者様
参加費 無料
定員 制限なし
講師紹介

株式会社ネクスウェイ
FinTech推進室 室長
吉田 浩美



株式会社ネクスウェイ
FinTech推進室
根木 俊一

備考 ※スケジュール内容等に関して、予告なく変更が生じる場合がございます。
※同業他社からのお申し込みはお断りする場合がございます。