4otfsk000000h2s4

担当店舗の状況確認をリアルタイムに行い、フォローに力を入れたい

導入サービス

●SVは店舗へ情報が伝わっているかの確認作業に追われる。
本来の作業である店舗巡回が行えない。


 ・経営層は戦略が店舗に伝わないことに対する苛立ちがたまる。

 

 《店舗maticで解決!》

本部内で担当店舗の閲覧状況を把握できた。

・電話での確認作業を無くすことができた。
・店舗巡回時には、情報が閲覧されている前提で、具体的に店舗へ指導できる。

本サービスを導入いただいたお客様の声

スーパーバイザーが担当店舗の閲覧状況リアルタイム把握可能になりました。
午前中いっぱいを使い電話で確認する作業がなくなり、その分店舗へ直接巡回する時間が出来ました
 

関連事例

本部-店舗間での円滑なコミュニケーションと写真共有の実現を目的に店舗maticを導入、指示への対応状況が把握可能になり、店舗業務の効率化も実現

コミュニケーションルールの徹底で接客やお店創りに集中できる環境を実現

店舗スタッフの店頭滞在時間の創出による顧客サービス向上 『店舗matic』が店舗改革の切り札に

業績悪化を受けて全社レベルの構造改革に着手、まず店舗業務の棚卸しを行い、課題を“見える化”