4otfsk000000h2bv

写真を見ながら備品発注できるようにしたい

導入サービス

FAX発注は、発注の認識誤差が生じ、 「発注した」「しない」の言い争いに発展する。 

FAX用紙の文字がつぶれ、確認作業に手間がかかってしまう。

FAX発注は、発注の認識誤差が生じ、「発注した」「しない」の言い争いに発展する。

FAX発注は、文字がつぶれ、確認作業に手間。
 

 《店舗maticで解決!》

写真を見ながら発注可能のため、発注品の認識誤差防止。


・履歴も残せるため、「発注した」「しない」の言い争いが無くなる。
・写真を添付、自動集計だから手間も省ける!

本サービスを導入いただいたお客様の声

店舗が写真見ながら備品発注が可能になり、間違った備品(資材)発注が減りました。 店舗とのコミュニケーションロスが減り、お互いの信頼回復に繋がっています。
 

関連事例

本部-店舗間での円滑なコミュニケーションと写真共有の実現を目的に店舗maticを導入、指示への対応状況が把握可能になり、店舗業務の効率化も実現

コミュニケーションルールの徹底で接客やお店創りに集中できる環境を実現

店舗スタッフの店頭滞在時間の創出による顧客サービス向上 『店舗matic』が店舗改革の切り札に

業績悪化を受けて全社レベルの構造改革に着手、まず店舗業務の棚卸しを行い、課題を“見える化”