4otfsk0000005hj1

本部店舗間での情報をスマートにし、一元管理したい

導入サービス

●日々の通達や指示がなかなか各店舗まで浸透しない
実施確認をいちいちメールで問いただすのも非効率・・・


各店舗の実施状況を確認するには、店舗に行かないと行けないがエリアマネージャーであれども
大変。
店舗側も、毎日送られてくる大量のメールやFAXに追われなかなかるが、営業時間中にはなかなかバックルームに戻って価格変更や商品陳列情報など確認ができない・・・。売上に直結する情報や施策を見逃し、機械ロスがうまれてしまう。

《店舗maticで解決!》
本部店舗間での無駄な情報のやり取りをなくし、効率的・効果的に管理!


多店舗運営の現状
「店舗matic」導入後
店舗で実施必要な情報を一元管理

 ・店舗でその日までに実施しなければならないタスクをTOP画面で一元管理可能です。
 ・その日の閉店後に緊急で実施必要なタスクに関しては赤文字で表示
 ・タスクとスケジュールも自動的に連動して表示されます。

店舗の閲覧状況/実施状況を一元管理

 ・店舗の実施率は7割から9.8割に向上(実績)
 ・0.2割についてはエリアマネジャごとに一元管理
 ・実施率の悪い店舗を一元管理可能。実施率の悪い店舗から優先的に指導可能

店舗TOP画面にて締切日をアラーミング

 ・店舗TOP画面にておいて締切日をアラーミング
 ・店舗の実施率は7割から9.8割に向上(実績)
 ・0.2割についてはエリアマネジャごとに一元管理

関連事例

本部-店舗間での円滑なコミュニケーションと写真共有の実現を目的に店舗maticを導入、指示への対応状況が把握可能になり、店舗業務の効率化も実現

コミュニケーションルールの徹底で接客やお店創りに集中できる環境を実現

店舗スタッフの店頭滞在時間の創出による顧客サービス向上 『店舗matic』が店舗改革の切り札に

業績悪化を受けて全社レベルの構造改革に着手、まず店舗業務の棚卸しを行い、課題を“見える化”