DMの発送・ご相談ならネクスウェイの郵送DM

MENU

会社概要

お問い合わせ・資料請求

TEL : 0120-341-890

(平日9時~12時/13時~18時)

CLOSE

会社概要

お問い合わせ・資料請求

TEL : 0120-341-890

(平日9時~12時/13時~18時)

CLOSE

ダイレクトメールの基礎知識|多くの企業がはがきで送る理由とは?

以前はBtoB領域ではどちらかというと、販促やマーケティングよりも営業力が重視されてきましたが、今ではBtoBでも販促やマーケティングの重要性が非常に高くなってきています。今回はダイレクトマーケティングの施策のひとつであるダイレクトメールの基礎知識や種類、宣伝を行うときのポイントをご紹介します

ダイレクトメール(DM)のメリット・デメリット

そもそもダイレクトメールとは何か?メリット、デメリットを交えてご紹介します。

ダイレクトメールとは?

「ダイレクトメール」という名称自体は皆様、一度は聞いたことがあるかと思います。
ダイレクトメールとは企業から個人(家庭)や法人(職場)宛てに直接送られる、商品やキャンペーンに関する広告のことで、営業や宣伝を目的としたダイレクトマーケティングの施策の1つとなります。
新規顧客の獲得、既存顧客やリピーターへのアプローチに用いられます。ダイレクトメールは「DM」と略されることが多いです。

※尚、TwitterなどのSNSで用いられる「DM」はダイレクトメッセージの略称で、内容を問わず直接ユーザーにメッセージを送る機能のことでダイレクトメールとは異なります。

ダイレクトメールを送るメリット・デメリット

マーケティングの方法として、ダイレクトメールを活用するメリットとデメリットは下記の点があります。


メリット

①顧客に対するアピールとなりやすい
写真を使ったりデザインを工夫したりすることで、商品やサービスのイメージが伝わりやすく、効率的に自社の商品やキャンペーン、来店の促進等の宣伝が可能です。

②伝える情報量を選べる
手法や媒体、印刷を変えることで顧客に伝える情報量を調整できます。新規顧客には活用事例を記載して商品やキャンペーンを伝えやすくしたり、一度利用してもらったリピーターに対してカタログや割引や特典のクーポンを送ったりすることも可能です。

③効果測定がとれる
企画ごとに、どの顧客の反応率が高かったか?どの顧客の購入率やリピート率が高かったか?等のレスポンスの量や宣伝効果を明確に計測できます。結果を分析して、得られたデータを次の企画に活かすことでより効果的なマーケティング施策となります。

④WEBではリーチできない層にリーチできる。
普段、あまり生活や仕事の業務でインターネットを使わない層にはWEBマーケティングではなかなか訴求できません。ダイレクトメールならそういった層にも顧客の住所に送付しているのでリーチできる場合がございます。


デメリット

①時間やコストがかかる
原稿の企画や制作、ターゲットのセグメント、顧客リストの作成等、多くの費用や時間を費やさなければならない場合があります。ただ現在では、DM発送ツールやリスト会社がありますので、時間についてはそれらを活用すれば短縮できる場合も多くなりました。

②開封されない場合がある
残念ながら時間やコストを費やしても開封されず、そのままゴミ箱行きという場合もございます。顧客に必要な情報と思ってもらえ、開封してもらう為に工夫が重要となります。 

はがき

郵送用のダイレクトメールで使用する最も手軽に導入しやすいダイレクトメールの種類です。形状も多種多様(定形はがき、A4はがき、圧着ハガキ等)で商品や企画のコンセプトに合わせて選べます。また開封の手間がなく、手に取るだけで情報を目にしてもらいやすいので視認率は封筒より圧倒的に高くなります。また多くの情報を載せたい場合は圧着はがきや、返信用はがき付きのタイプを利用することもできます。

ネクスウェイでは商品やキャンペーン、セミナーの周知でDMを利用する場合はクリエイティブにもよりますがこちらのはがきでのご利用をお勧めしております。

封書(レター)

封筒を使って送るダイレクトメールを封書といいます。チラシやカタログ、新商品のサンプルなどを送るために用いられる場合が多いです。メリットとしては封入できる情報量が多く複数の商品やサービスの紹介が可能となります。ただ他のダイレクトメールと比べて、コストが割高になりがちです。よって送付する顧客やタイミングを選別して費用対効果とのバランスを取ることが望ましいです。

 例)商品の定期購入者、ニーズの高いユーザー、など

電子メール

郵送だけではなく、電子メールも一般的にダイレクトメールの施策のひとつとなります。

メリットとしては大量のダイレクトメールを一斉送信することができ、直近のキャンペーンの案内や告知もできます。また企業のホームページに直接案内することも可能となります。またダイレクトメールにかける時間やコストを抑えやすいのも特長です。

ただし、近年はウィルスへの警戒が強まっていることから迷惑メールと捉えられがちであり、届いてすぐ開封されないまま削除されることも多いです。

FAX

FAX DMは郵送DMと比較して圧倒的に低コストで送ることができ、情報が目に付きやすい状態で送ることができます。ただし、読まずに捨てられてしまうことも多く、送付するデータはモノクロとなる場合がほとんどとなります。

ネクスウェイではFAX DMも取り扱っていますので、詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参照ください。

コストを低く抑えられる

はがきの形状はDMの中で最もコストが低い形状となります。弊社のサービス、NEXLINKオンデマンド便なら東京都内であれば紙代、両面カラー、宛名印字、送料をすべて含めA4はがきを1部58円~対応しております。また最短で入稿当日(土・日・祝日含まず)にて発送できます。

また日本郵便でのサービスでも2000通以上出す場合、「広告郵便物」の申請をすると郵送料金の割引を受けられます。

(送付数が増えると発送費用の割引率が上がり1通あたりのコストも減ります。)

ダイレクトメールの主流は「はがき」

様々な種類のダイレクトメールを紹介してきましたが、ダイレクトメールの現在の主流は

はがきとなります。

多くの企業がはがきでダイレクトメールを発送している。

多くの企業がはがきでダイレクトメールを発送しています。調査レポートによると20~59歳男女のダイレクトメールの平均受取数は1週間に7.2通でそのうち、はがきが41.8%、A4サイズはがきが13.6%あり、半数を超えています。(封書は23.0%、大型の封書は13.8%)

はがきのダイレクトメールが人気の理由

・印刷物のダイレクトメールの開封率は高い

日本郵便による郵送や、ほかの配送業者(ヤマト運輸等)による発送物の開封率は高くなります。調査レポートによると自分宛てのダイレクトメールが開封・閲読された割合は79.4%自分宛てのDMを受け取った後に、ネットで調べる、店舗に行くなどの行動を起こした人の割合は24.0%にのぼります。

・コストが比較的低い
郵送DMの中でもはがきは封書に比べ発送料金が低くなります。
(弊社のサービスではA4はがきなら紙代、印刷代、発送費等すべて含め1通58円から送れます)

・インターネット全盛の時代に、発送されてくることに特別感を感じる人もいる
20~30代の若年層はダイレクトメールを好意的に見ている場合が多い傾向にあります。
調査レポートによるとダイレクトメールによる行動喚起率は20代男性が59.4%、30代女性が33.1%と平均の24.0%を大きく上回っています。また既存顧客の場合は企業にお得意様と認められたと感じやすいです。

・紙ならではの強みがある
本人だけでなく家族の目に留まる可能性があります。PCやスマートフォンを経由せずに読むことができ手間をかけずに情報を伝えられます。

【出典】「DMメディア実態調査2018」(一般社団法人ダイレクトメール協会)

ダイレクトメールの価値とは

ダイレクトメールの種類やメリット、デメリットを紹介してまいりましたが、ダイレクトメールがダイレクトマーケティングの中で最も優れているというわけではありません。

勿論、ダイレクトメールでは効果がでず、WEBマーケティングやその他のマーケティング、営業手法でないと訴求できないターゲットや商品、サービスは多々あります。
重要なことは自分の商品やサービスの訴求したい内容や顧客にあった施策を行うことです。
またダイレクトメールをマーケティングの施策として利用する場合もターゲットとなる顧客リストの選定、その顧客リストにあったクリエイティブ、また反応率をアップする為の工夫(具体的にはオファーをつける、バリアブル印刷で送る…等)が必要となります。

弊社は専門のプランナーがダイレクトメールのサポートをしております。
ダイレクトメールでお困りごとや相談等がありましたら是非とも下記よりお問い合わせください。