ネクスウェイ|東南アジア地域向け営業支援サービス

MENU

会社概要

お問い合わせ・資料請求

TEL : 0120-341-890

平日9:00~12:00/13:00~18:00

【セミナーレポート】 失敗事例から学ぶ海外事業成功の秘訣 ~現地市場の実態と進出時の落とし穴から学ぶ 営業・管理業務の課題・改善ポイント~

2018/10/25

みなさん、こんにちは。
グローバル事業推進室の藤川です。

今日は2018年10月19日(金)に開催されました【東南アジア進出企業・海外事業ご責任者様向け】失敗事例から学ぶ海外事業成功の秘訣~現地市場の実態と進出時の落とし穴から学ぶ 営業・管理業務の課題・改善ポイント~ セミナーの開催レポートをお送り致します。

当初40名定員で告知をしていましたが、告知と同時に60名のご参加表明をいただきました!

嬉しい悲鳴の反面、会場のキャパを越えてしまったため、参加希望のご連絡をいただいたにも関わらずお断り
してしまったお客様、また急用でご参加できなかったお客様に向けて本日セミナーのご報告をさせていただきます。
(お電話等で直々にご連絡いただいた皆様申し訳ございませんでした。)

 

◆第一部 海外進出時の落とし穴とその改善策

第一部はキヤノン販売株式会社入社後、キヤノンUSAや韓国への駐在を歴任され、2018年にキヤノンマーケティングジャパンを定年退職後起業なされたNSグローバルサービス合同会社 社長 今成様にご登壇いただきました。

突然ですが、皆さまは海外進出する際のチェックリストをお持ちでしょうか?

海外進出時には①IT・インフラ整備 ②リスク回避 ③人材の育成・管理 ④マーケティング
大きく4つのゾーンに分けて準備を進める方法をお話くださいました。

特に、今回は④マーケティングの部分をポイントに
実際にタイ・カンボジア現地でのショールームを活用した販売方法や広告宣伝の事例や
スポーツマーケティングの事例と幅広くご紹介いただき、
ご参加いただきました皆さまより
「先入観を排する必要性を改めて感じた」
「生の体験を聞けて面白かった」
などのお声をいただきました。

海外進出の成否を分けるポイントはいかに【現地の情報収集】を密度濃くできるか。
第二部ではこの現地でいかに情報を集め拡販に導くか、実際のマーケティング事例をいくつかご紹介いたしました。

◆第二部 日本と現地の両方から仕掛ける 市場調査と新規開拓手法

 

第二部は私藤川より、日本にいながらにして東南アジアの自社製品ニーズを調査する、現地の新規営業を支援する手法について、事例を中心にお話させていただきました。

東南アジア市場に対して
効率的に製品・サービスを展開していくためにどこにニーズがあるか知りたい。このような課題に対して、現在実施していることをお客様にヒアリングすると、

 

 ・JETRO中小機構等の公的機関の活用

 

 ・市場調査会社に現地調査依頼     と言う言葉をよく耳にします。

 
しかし

 

 ・公平性が求められるので突っ込んだ提案は受けにくい

 

 ・調査の規模感によっては時間と予算が大きくなる

 ・すぐに営業・マーケティング(プロモーション)に活用できる情報ではない

このような課題を抱えている企業様も多いのではないでしょうか。
下記では実際にあった
電設工具メーカー様の事例です。
 =============================================

<課題>
東南アジアの製造業企業では、どんなシーンで、どんな工具を活用しているのか

どんな企業に電設工具のニーズがありそうか実態を探り効率的に展開していきたい

 
<解決策>

タイ日系製造業に対するFAXDM & テレマーケティングで「電設工具の利用ニーズ実態調査・アポ獲得」

<結果>
担当者キャッチ率:44% アポ獲得率:21%

=============================================
セミナー会場ではFAXDM及びテレマーケティングの実際の数値効果など(ここで全て公開できず皆様すみません!!)、10以上の事例をご紹介させていただきました。

このように海外ビジネスにおいて情報収集は特に肝ですが、集めただけで活用されなければ宝の持ち腐れです。
(意外と一度アタックしたきりでリードを寝かせてしまう企業様が多いのも悲しい事実です。。)

この集めた情報を次はどう活かすか!第3部では情報管理のプロとしてキヤノンITソリューションズ吉川氏に
どのように情報を見える化をしていけばいいかについてご講演いただきました。

◆第3部 日本と現地をつなぐ マーケティング情報の見える化 ~今、爆発的に導入が進んでいる業務改善プラットフォームのご紹介~

第3部は今年7月までタイに駐在されていたキヤノンITソリューションズの吉川様より、現地のフレッシュな情報と東南アジアで今導入が加速しているソリューションについてご講演いただきました。

東南アジア現地法人でIT化・業務効率化が進まない理由として
・日本とは分断されたIT環境(日本の便利なしくみは使えない)
・海外拠点は大きなIT投資が難しい
・IT専任部門(担当者)がない
このような話をよく耳にしますよね。
 
いざ、意を決してワークフローシステムを導入しようとしたら簡易的なものでも、初期費用だけで数百万円の見積り・・。
このようなお悩みを抱えている企業の皆さまも多いのではないでしょうか?

海外現地法人が独自に、業務効率化やシステム化を簡単に進められる時代が来ています。そんな非常に安簡単に、見える化・ノウハウ伝承・生産性向上ができるソリューションとして、サイボウズ社のkintone(キントーン)やクラウドマニュアル作成・共有プラットフォーム”Teachme Biz”をデモを交えご紹介いただきました。

このような内容で大盛況に終わりましたセミナーですが、「ちょっと内容が気になる・・」というお声に応えるべく、
「10月19日海外セミナー資料請求」とご記入いただければ、セミナー資料をお届けさせていただきます。
是非お気軽にご連絡ください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■各社お問い合わせ窓口:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第一部:NSグローバルサービス合同会社
    社長 今成健一
  TEL:090-2721-1876
E-mail:ns.imanari@gmail.com 
 
第二部:株式会社ネクスウェイ
  TEL:0120-341-890 
    ※海外又はお急ぎの場合は グローバル事業推進室 藤川省吾
          +81-(0)80-4172-4122までご連絡ください
E-mail:global@nexway.co.jp 
 
第三部:キヤノンITソリューションズ株式会社 吉川孝文
  TEL:03-5730-7165
E-mail:globalsolutions@canon-its.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
本日もお読みいただきましてありがとうございました!
 



東南アジアに進出されている70社以上の日系企業が活用している東南アジア向け営業支援サービス「AS-aP」に関するお問い合わせ/資料請求はこちらから