FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXDMによる宣伝、広告活動のレスポンス率向上に向けて

 宣伝、広告のためのツールとして FAXDMを使用したいと考える場合には

 

 ダイレクトメールは、宣伝、広告活動のためのツールとして、さまざまな場面で使用されています。DMに使用される情報媒体にも、ハガキや封筒など、複数の種類がありますが、FAXもその1つです。FAXDMを発送するにあたっては、そのレスポンス率や成約率に気を配ることが大切になります。

 

 そのような配慮を怠り、やみくもにFAXDMを発送し、事後のフォローもしないでいると、DMの発送作業を行うためのコストや時間、エネルギーの負担に見合うだけの成果が上がらなくなってしまうリスクが高くなるので、注意する必要があります。

 

 そうした状況に陥るのを避けるためには、DMの発送をするのに先立って、無作為に抽出した対象者の中から、宣伝や広告の効果が高いと見込まれる顧客を選び出し、ターゲットの絞り込みを行うことが大切になります。すでにDMを発送した経験がある場合、その時のレスポンス率などをチェックすることで、対象者の絞り込みをすることが可能になります。また、DMの発送に初めてチャレンジする場合には、自社と似通った業種の、類似する商品やサービスを取り扱う企業の、過去のDM発送時におけるレスポンス率などを参考にするという方法もあります。

 

 このように、狙いを定めた宣伝、広告活動を行うことができ、高い訴求効果が期待されるほか、レスポンスや契約成立の確率から、さらなるマーケティング戦略の策定が可能となるのがFAXDMを専門に行っている業者を利用するメリットと言えます。また、送信後に内容を振り返って確認することは重要なことです。振り返ることで次回のDMに生かすこともできますから、ただ送るだけでなく反響も考えるようにするといいでしょう。

 

 

使用する情報媒体の選び方と、デザインの作成について

 DMの発送にあたっては、情報を掲載する媒体の選び方にも気を配ることが大切です。ハガキや封書、FAXなどの媒体が使用されますがそれぞれの媒体で、掲載することのできる情報量には違いがあります。したがって、DMに掲載したい情報の量に合わせて、媒体を使い分けることも大切になります。

 

 FAXDMの発送に際しては、情報を発信するタイミングもチェックしておくべきポイントとなります。FAXDMは、通常の宣伝や広告活動として、定期的に送信するだけではなく、フェアや企業説明会などのイベントがあるタイミングに合わせて送ることも可能です。それらの催しに合わせて、効果的な内容のFAXDMを作成し、適切なターゲットの絞り込みを行った上で送信すれば、高いレスポンスや成約が見込まれます。

 

 そして、送信するFAXDMのデザインも、レスポンス率や成約率に影響を及ぼす条件となります。しかしながら、自分でデザインを作成しようと思っても、専門的なスキルがある訳でも、専用のツールを持っている訳でもなく、クオリティーの高い作業を行うことができないというケースも存在します。そのような問題を解決するためには、その道のプロとして、デザイン作業の代行をしている業者を利用するという方法もあります。その種の業者の中でも、デザインの作成だけではなく、印刷や発送に至るまで、全ての作業を一貫して行うところを利用すれば、顧客に掛かる負担は軽くて済みます。

 

ワンストップサービスを手掛ける業者を利用するメリットなど

 FAXDMの発送代行サービスをワンストップで手掛ける業者を利用する場合、顧客は、掲載を希望する文章と写真、イラストなどを相談することで満足のいく仕上がりになるでしょう。一つひとつの作業を別々の業者に依頼する場合と比較して、コストの削減や納期の短縮をすることができるというメリットがあります。また、ワンストップサービスの提供に加えて、印刷のみ、発送のみなど、個別の作業に特化した依頼も受けてくれる業者は、さらに利用価値が高いところと言えます。

 

 次に、FAXDMの発送を業者に依頼したいと思いながらも、掲載内容が企画段階なので、実際の行動を起こせないでいる人も見受けられます。そのような場合でも、企画の内容を担当者に伝えれば、それに基づいたプランの提案を行ってくれるでしょう。

 

 そして、FAXDMの効果を知るための指標としては、送信した後のレスポンス率です。レスポンス率は、FAXDMの発送先がいわゆる「外部リスト」か、「見込み客」かという問題によって違いが生じることになります。したがって、発送先ごとのレスポンス率の損益分岐点を見定め、収支がプラスとなるようにマーケティングの戦略を策定することが重要になります。

 

 FAXDMのレスポンス率を高めるためには、クーポン券のプレゼントなど、特典によって対象者の興味や関心を引きつけるなどの方法もあります。ワンストップサービスを行っている業者の中でも実績のあるところを選ぶと、DMの効果をさらに高めることができるでしょう。