FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

ダイレクトメールを作成する際の業者選びの方法

 ダイレクトメールの必要性

 

 ダイレクトメールというのは顧客に向けて自社のアピールをするためのとても有効なツールです。最近ではインターネットが普及したことによって、ウェブチラシやSNSの活用、メールといった媒体での呼びかけなど様々な販売促進方法が生み出されています。こういったインターネットを利用したものというのは簡単に送ることができ、なおかつ作成費用も手間も少なくて済むために多くの企業が利用しており、顧客も日々たくさん情報を受け取っています。そのため印象に残りにくいものがほとんどですし、受け取っても目にすることなく処分をされてしまうというケースも多くあるのです。

 

 その点、ダイレクトメールというのは手紙やハガキを送るために作業の手間もかかりますし、コストも大幅にかかります。しかし、そのぶん他者が行っていないケースも多いので顧客の目に留まりやすいです。内容によっては有益な情報となり新たな顧客獲得につながったり、足の遠のいていた顧客を呼び戻すチャンスとなったりするケースもあります。

 

 しかし、送る際にはコストがかかるため、きちんと成果の出るものを作成することも必要です。ただ送っただけでは必ず顧客獲得や利益アップに繋がるとは限りません。作成する文面の内容や送る頻度によっては売上が落ちていると思われたりしつこいと思われたり、手紙の内容が稚拙であると思われたりして逆にネガティブな印象を与えることになりかねません。

 

 そこで、作成をするとなれば少しでも印象が良くなるように大々的なキャンペーンを打ち出したりお得情報を掲載したり、爽やかで好印象を抱いてもらえるような体裁にしたり、印象に残りやすいように発送する頻度を考えたりという様々な工夫が必要です。

 

 

自分で作成する難しさ

 最近ではパソコンも進化をしており、機能が高くなったり、新しいソフトを入れて行えることが増えたりしたために、自分でダイレクトメールを作成することもできます。パソコンが苦手でもタブレットやスマートフォンを活用してデザインを作成するということも可能です。また、プリンターも手頃な価格でカラー印刷できるものが入手できますし、互換インクが販売されたことで大量印刷もリーズナブルになりました。なおかつ家庭用のものでも印刷スピードも速くなったので、大量に印刷をして作成するということもできます。そのため、自分たちで原稿を作成して印刷をして送付するという一連の作業を全て行うことも可能になっています。

 

 しかし、自分たちですべてを行うのは意外と大変なことです。特に日頃からパソコンを使いなれていなかったりこういったデザイン作業をしていなかったりする人にとっては、印象に残りやすいダイレクトメールを作成するのはとても難しいことです。

 

 また、作成をしたとしても今度は印刷の際にプリンターが思うように動かなかったり、思っている通りの色味を出すことができなかったりすると、書き損じハガキを出してしまい時間もコストも無駄が出てきてしまいます。特に期限があるような印刷物の場合には、間に合わせるために仕事が終わってからも残業をして作成をしなければならないことも出てきてしまいます。

 

 また、送っただけではダイレクトメールは効果を発揮しないことがほとんどです。より効果を出すためには、手紙を見たか確認の電話入れをして営業をすることも必要です。こういった労力を割くためには、かなりの人件費が発生することを理解した上で行うことも必要です。

 

業者に依頼する

 最近では、印刷業者がダイレクトメールの作成を請け負ってくれるサービスを行っていることが増えています。作成にあたってはテンプレートから希望するものを選んだり、書いてほしい文面や入れてほしいイラストや写真を送付したりして希望に近いハガキを作成し、さらにはメーカーによっては印刷と発送の作業までを行ってくれるところもあります。こういった業者に依頼をすることで、発送までの全ての業務を請け負ってもらうことができます。これでパソコンでのデザイン作成の手間を省くこともできますし、さらにはプロの作成してくれたデザイン性の高いハガキを送ることもできます。

 

 そして、レーザープリンターで仕上げることができるので美しい仕上がりのものを送ることも可能で、相手の印象にも残りやすく、さらに好印象を持ってもらえる可能性も上がります。一通りの業務を依頼することによって、自分たちの行う仕事を簡略化することができるため、他のことに業務時間を割くこともできますし、その分販促のための営業電話の時間を取ることも可能になります。

 

 もちろん、作成から発送までを業者に依頼することによって費用が発生します。しかし、従業員に支払っているコストとその成果を考えれば、業者に依頼する方が、結果としてコストパフォーマンスが高くなることもあります。

 

 せっかく送るならば少しでも仕上がりの美しいものが良いですし、顧客を獲得できるものを作成したいと思うのは当然のことです。そこで、成果を上げるためには様々な業者に見積もりやデザイン案を作成してもらい、最も納得のできる業者を選ぶことが重要です。