FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXDMの豆知識やクレームについて

 FAXDMが実現できることとは

 

 DMと言っても、世の中にはたくさんの種類があります。その中でもFAXDMは利用している企業も多いと言われています。実際に利用することで様々なことが期待できると言われていますが、具体的にどんなことを実現させることができるのでしょうか。ここでは、どんな効果を発揮してくれるのかについて説明します。

 

 まず1つ目は、法人向けの新規顧客開拓です。FAXDMは法人向けに情報発信を行うことによって、新規の見込み顧客を獲得することが可能だと言われています。なぜ、顧客獲得が可能なのかというと、法人のファックス機は高い確率で普及しています。この方法は手間もかけずに送信することができますし、直接法人のオフィスに送信することになるので、新規顧客を開拓するためには有効的な方法になります。顧客を獲得するためにはノウハウなどが必要になりますが、細かく計画を立てれば会社の売り上げアップなども期待することができます。

 

 続いて2つ目は、法人向け販売促進です。顧客への定期的なアプローチには様々な方法がありますが、どれも手間とコストがかかることがほとんどです。そのため、なるべくコストをかけないようにテレアポなどを行ってアプローチをする方もいますが、いきなりテレアポをしても断られる可能性は高いでしょう。まずは、テレアポの前に顧客の属性に合わせて有益な情報をFAXDM等を活用して発信することが大切です。送った後で電話をし、内容を把握してもらったところでアプローチをした方がしっかりと情報を伝えることができます。相手も理解をしてくれるので、売りたい商品を効率よく買ってもらえる可能性が高くなります。

 

 このように、一部分になりますがFAXDMで実現できることは色々と存在しています。特に法人にとってメリットが多いので、利用している企業はたくさんいるのです。

 

 

FAXDMでクレームを減らすために行っておきたい工夫

 これからFAXDMを検討している企業も多くいるかと思いますが、実際に利用したことがある企業の中にはクレームを受けたというところもあります。実際にクレームは送り方によって発生するか発生しないかが決まります。マナーを守って送らないと相手が不快に思うこともあり、結果クレームに繋がります。安心して送信するためにも知っておきたいマナーは存在しているので、ここでは送信するにあたって守っておきたいことについて説明します。

 

 まず1つ目は、負担を減らすことです。基本的にFAXDMは自分たちのインクを使用することはありません。相手側のインクと用紙を使用することになるので、何枚も送信してインクと用紙を使用するのはよくありません。一回の送信に抑えることと、インクの使用量を少なくするために言葉を少なく工夫するなど相手側の負担を減らすように努力するとクレームも減るでしょう。

 

 また、不満を減らすことも考えなければなりません。例えば個人宅のオフィスに送信する場合、寝ているときや休日、深夜や早朝などに届くと受け取る側がどれだけ得をする情報でも迷惑と思ってしまうので、内容まで見てもらえない可能性が高くなりますしクレームに繋がることも考えられます。そうならないようにするためにも、相手の不満は減らすような送り方をするといいでしょう。

 

 その他に、不快を減らすことも大切です。例えば確認不足で自分の会社には全く関係ない情報のFAXDMが送られてきたり、そもそも書いてある会社名が違ったりとなると送られてきた側は不快な思いになります。トラブルに発展する可能性もあるので、間違わないようにするためにも常に送信先リストには気を配る必要があります。

 

 このように、クレームに繋がる可能性がある送り方は大きく分けると3つあります。しっかりとマナーを守って送れば安心して届けることができるので、送る前にはこれでいいのかどうかをしっかりと確認してから送信しましょう。

 

FAXDMを始めたいならまずは気軽に相談をしよう

 FAXDMを送る時には自社で計画を立てて行うという人も多いですが、安心安全に送るためには代行業者に依頼をした方がいいでしょう。実際に代行業者へ依頼をしてFAXDMを始めようと思っている人も多いかと思いますが、依頼をするなら気軽に相談できる代行業者を選択することが大切です。代行業者によっては、依頼前の相談は無料で行ってくれるというところも存在しています。事前に相談をすることができれば、どんな感じにFAXDMを送ることができるのかなどを事前に知ることができるので、依頼してからイメージと違うということを避けることができます。

 

 また、代行業者によっては安心して依頼するためにも資料請求なども無料で行うことができるところが存在しています。資料請求ができれば細かな情報が書かれているので、計画も立てやすくなります。安心安全のFAXDMなら代行業者への依頼を検討するといいでしょう。