FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXDMの効果を上げるための方法やマナーについて

 FAXDMの効果を上げるための方法

 

 近年では、企業や商品のPRをするためにdmを活用している事例もたくさんありますが、DMが人気の理由として低価格で行えることと、特定の人に直接宣伝をできるというメリットが存在していることが挙げられます。実際にdmと言っても色々な種類があり、その中でもFAXDMはさまざまな企業が導入している宣伝手段です。実際にこれから導入について検討している方もいるかと思いますが、DMを送ったからと言って誰しもが効果を得られるとは限りません。反響率を高めるためにはいくつか工夫をしておきたいことがあります。これから企業や商品のPRをしていきたいと思っている方に向けて、ここでは効果を出していくためにはどのようなことを考えれば良いのかについて説明します。

 

 まず、1つ目に考えたいこととしては、目的を整理することです。企業や商品をPRするといっても、具体的に目的を決めないと効果を得ることはできません。商品を購入してほしいのか、企業に足を運んでほしいのか、セミナーに案内したいのかなど色々な目的が存在していると思いますが、具体的に目的の整理をしないことには隅々まで内容を相手に伝えることができません。しっかりと効果を出していくためには、目的とゴールを決めることが重要になるので、細かく整理をしてから送信をするようにしましょう。

 

 続いて2つ目に考えたいポイントとしては、ターゲットを決めることです。ターゲットと言っても、それぞれDMの内容によって異なると思います。例えば企業に向けたサービスのPRをしたいと思っている場合には、そのサービスを使ってくれそうな業種や地域、規模などを考えて送るなど、どこに配信することで効果が得られるのかということを考える必要があります。ターゲットの設定は反響率を上げるためにも重要なポイントと言われているので、適当に多くの企業に配信をするのではなく、必要としている企業に送れるかどうかがポイントとなっています。

 

 それから、3つ目に考えたいポイントは原稿の作成です。基本的にFAXDMの場合は通常の郵送タイプのDMとは違い、A4の用紙に白黒のデザインで完成させなければなりません。しっかりと伝えるためには原稿作成も重要になるので、相手にインパクトを与えられるようなDM原稿の作成を行うと良いでしょう。

 

 4つ目に挙げるポイントとしては、振り返りをすることです。FAXDMに限りませんが、DMは継続して続けることが大切だと言われています。中には一回の配信で諦める人たちがいますが、一回で大きな反響を得るというのは難しくなるので、なるべく効果を得るためには継続することが大切です。また、配信をしたら振り返りをして、改善することによって、反響率を上げられる原稿に変わる可能性が高くなるので、振り返りも忘れないようにすると良いでしょう。

 

 

FAXDMのマナーについて

 DMには色々な種類があり、それぞれのDMに応じて気を付けた方が良いマナーが存在しています。そこでFAXDMについて検討している方が気を付けたいマナーについて説明します。

 

 まず、1つ目のマナーは相手の負担を減らすことです。基本的にFAXDMの特徴としては、送信をすることで受け手の用紙とインクを使用することになります。そのため、インクを多く使うようなデザインにしたり、何枚も送ったりすると負担が大きくなってしまうので、できる限り言葉やデザインを工夫してインクの消費量を少なくするなど負担を減らすような努力をすることが大切になります。

 

 また、2つ目として相手の都合についても考えましょう。企業に送信する場合ですが、全てがオフィスとは限りません。中には、自宅兼事務所として作業をしている企業も多く存在しています。そのため、こういった企業に早朝や深夜に送ると迷惑をかけてしまうこともあります。できる限り早朝や夜中に送ることは避けて、迷惑がかからない時間帯を考えて配信するようにしましょう。

 

FAXDMを代行会社に依頼しよう

 FAXDMを安全に行うためには、できる限り代行会社に依頼をした方が良いと言われています。これから依頼しようと思っている人も多いと思いますが、代行会社は全国に存在しており、それぞれ会社によってサービスの内容も異なります。そこで選び方は大切になるので、選ぶときのポイントを紹介します。

 

 まず選ぶときには、実績があるかどうかを確認しましょう。代行会社によっては、数万件以上の企業と契約をしているところも存在しています。実績が豊富なところは、FAXDMに関しての知識も詳しい可能性が高くなっています。反響率を上げるためにも選び方は重要になるので、なるべく実績が豊富にある代行会社を選択すると良いでしょう。

 

 また、テンプレートを無料で使えるかどうかも確認しておきましょう。企業によっては、作り方がよくわからないということもあるかと思いますが、こういったケースに対応するために、無料でテンプレートを提供してくれるところも存在しています。不安な方は、テンプレートが使える代行会社を選択すると良いでしょう。