FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXDMを検討している方へ

 FAXDMの魅力とは

 

 ダイレクトメールは今では色々な企業が導入していますが、利用することによって企業のイメージが上がるなど様々な効果が得られます。その為、新商品のPRや売り上げアップのために導入する企業が増えていますが、その中でも昔からあるFAXDMは今でも人気を集めているダイレクトメールです。これから導入を検討している人もいるかと思いますが、実際に導入するメリットについて紹介します。

 

 まず、魅力としては価格が安いというメリットが存在しています。例えば、電話で営業する場合には通信費のみならず営業マンの人件費も必要になります。一件当たりのコストが高くなってしまい、万が一効果が得られなかった場合には赤字になってしまう可能性も考えられます。

 

 また、郵送でのDMも便利ですが、一通当たりの費用は数十円程はかかるのが一般的になります。これらに比べるとFAXDMは平均すると10分の1程度の費用で済みます。それほど費用をかけずに効果を得られる優れた方法になるので、利用する人たちも多くなっています。また、DMが相手の手元に届くのが早いのもメリットです。例えば、郵送の場合は発送の作業があるので、相手の手元に届くまでは2~3日ほどはかかるとされています。早くても2日程ですが、FAXDMの場合は時間に限らずデザインなどが仕上がっていれば送信をすることですぐに相手の手元に届けることができます。また、レスポンスが返ってくるのも早いというのも特徴的です。このように、思い立ったらすぐに行動できるのがFAXDMの魅力です。

 

 その他にも作成が簡単だというメリットも存在しています。例えば、CMなどを利用する場合には一つの作品を作ることとなるので時間もかかりますし、人手も必要になります。それによってコストもかかるのでこれらを全て用意できる企業でないと実現することはできませんが、FAXDMなら事前に用意するのは白黒の原稿と送信先のFAX番号のみを用意するだけになります。手間もかからないので誰でも気軽に試すことができるダイレクトメールです。このように、魅力についてを3つ紹介しましたが、メリットが多い為、色々な企業が利用しているDMです。これから新商品のアピールをしたいと思っている場合にはファックスのダイレクトメールも頭に入れておくと良いでしょう。

 

 

FAXDMで反応率を上げるためのポイントとは

 商品や企業をアピールするためにダイレクトメールは使用されていますが、原稿を用意し、送りたい相手に送信をすれば必ず効果が得られるとは限りません。どんなDMに関してもそうですが、反応率を上げるためには工夫が必要です。今回はこれからDMを取り入れようと思っている方のために反応率を上げるための方法についてを一部分ですが紹介します。

 

 まず、効果を得るためには目的の整理が重要です。目的をはっきりとせずにダイレクトメールを送信しても意味がありません。より反応率を上げるためにはサービスの資料請求をさせたいのか、何を注文させたいのかなどDMの目的を決めてゴールまで設定をすることで反応率は得やすくなります。

 

 また、ターゲットを絞ることも大切です。例えば、若者向けの化粧品のPRをする際に中高年の人たちにダイレクトメールを送っても反応率を得られる可能性は低くなります。より多くの効果を得るためにはターゲットを絞ってピンポイントに送ることが大切です。ターゲットを絞ることで可能性の高い相手だけに送れますし、それによって反応率も変わってくる可能性があるため、ターゲットの選定もこだわって行うようにしましょう。

 

 その他にも原稿作成に力を入れると反応率は得やすくなります。例えば、送信されてきたファックスの内容が細かな文字だけだと読みたいと思う人は少なくなります。そのまま捨てられてしまう可能性も高くなってしまうので、そうならないためにもできる限り文字は重要なポイントだけにし、インパクトを与えられるようなデザインを考えることが大切です。ただ単に文字だけで内容を伝えても相手には伝わらない可能性が高いので、原稿作成も工夫をするようにしましょう。

FAXDMは受け取り手の気持ちを考えることが大切

 これからFAXDMを検討している方も多いと思いますが、ダイレクトメールを送る際には相手の気持ちを考えることが大切だと言われています。そこで今回は安心安全にファックスを送るために必要なことを説明します。まず、相手の負担を減らすことは大切です。FAXDMは相手側のファックス用紙とインクを使って届きます。その為、何回も同じ相手に送信をしてしまうと迷惑をかけてしまいます。不快な思いをさせることとなり、効果が得られない可能性も高いので、インクの利用量を少なくするために文字数を少なくしたりして負担を減らすことを考えましょう。相手の気持ちを考えることでより効果的なFAXDMになります。