FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

販促として効果を上げることができるFAXDM

 さまざまな効果を持っているFAXDM

 

 販促には、いろいろな方法があります。それぞれに特徴があり、メリットとデメリットがありますが、効果的に使うことができれば、大きな反響を得ることができるようになるでしょう。そのひとつとして、FAXDMがあります。販促というと、どうしても費用がかかります。費用対効果が上がるのであれば、行う価値も出てくるでしょう。しかしながら、意外と効果が得られないこともあり、労力もかかることから非常に悩むところです。

 

 ところが、FAXDMは、販促としてこのどの部分でも有利な方法といえます。時間的にも労力的にも抑えることができる方法で、費用も大幅に削減可能です。効率も優れていますので、利用価値の高い方法として見直されてきているといえるでしょう。

 

 FAXDMを利用するためには、セグメント分析が重要な意味を持ちます。ターゲットを業種や地域などに分割し、割り出すことができれば、的確な企画やプランを提案することができるようになるでしょう。それも全国を対象にすることができるのですから、営業戦略としても大きなものとなるはずです。

 

 FAXを使っていますので、原稿によって、内容は即時伝わります。反響も素早く出てくるため、他にはない効果を得ることができるといえるでしょう。FAXDMの場合には、販促だけではありません。アンケートに使うこともできますし、会員募集にも効果を発揮させることができます。特定の時間を狙って行うことも可能です。アポを取ったりすることにも使うことができるのですから、有効に使っていかなければいけないといえるでしょう。

 

 

効果的な宣伝であるということ

 販促として考えてみると、DMが重要なポジションにあるでしょう。DMとFAXDMを比較してみるとわかりますが、非常に有効な手段であるということです。一般的なDMの場合、開封してもらわなければなりません。

 

 開封率が重要なポイントになってきますが、FAXDMであれば100%です。送ることになるのですから、相手は必ず中身を見ます。そのため開封率100%になるというわけです。どんな内容であるにせよ、判別しなければいけないのがFAXですから、紙面の内容は必ず読まれます。そのうえで、必要がなければごみ箱に行くかもしれませんが、一般的なDMよりも浸透させやすい方法であるといえるでしょう。

 

 金額に関しても一般的なDMと比べると、FAXDMの方が安い傾向にあります。金額も安くて、開封率も高いとなれば、FAXDMを選択する方が効果的な場合もあるでしょうネット広告という方法も販促として使われるようになりました。費用も抑えることができますが、そもそもパソコンとインターネット回線がなければ見ることができません。

 

 ということは、どんなにセグメントを絞り込んだとしても、効果はそこまで出ない場合もあるでしょう。ターゲットを拾い損ねる確率も高く、確実な方法とは言えません。こうした点においても、FAXDMは非常に高い効率性を持っており、低単価で優れた手法であるといえるでしょう。

反響率を引き上げるためには

 FAXDMは、反響率が重要なポイントになってきます。現在一般的な数値として考えられているのが、0.1~0.3%です。1000件送って1~3件の反応を見ることができるということになるでしょう。一般的なDMが1%前後を狙っていることを考えると、かなり低い数値です。

 

 しかしながら、これは通常のFAXDMの平均値であって、すべてがこの数字ではないということが重要でしょう。この数字はFAXDMの使い方によって大きく変わってきます。効果を上げるためには大切なポイントがあります。まずはDMの目的です。目的をしっかり設定できていなければ、反響率も期待できません。次に、ターゲットを決めることです。

 

 これらがしっかりと設定されていれば、作成もしやすくなります。原稿が作成できたら配信となりますが、この配信の仕方も重要なポイントです。配信する時間は送り先の状況をよく考えてなるべく見てもらえる時間を狙って配信する必要があります。このように、FAXDMは使い方次第で、まだまだ潜在力があると言えるでしょう。

 

 販促として、使い方次第なのがFAXDMです。使いやすさもありますし、効果もあるのはわかっていても、どうやって送信するのか、その方法も考えなければいけません。セグメントを絞り込んだとしても、問題は番号をどうやって知るかということです。この辺りの問題も含め、対応が課題となってきます。単純に知識だけでは対応できないことも出てくるでしょう。そのため、専門業者とともに進めていくことも重要であるといえます。

 

 専門業者であれば反響率を上げることができるノウハウも蓄積していますし、販促として費用対効果も高めることが期待できるでしょう。どんな方法をとるべきか悩んでいる場合は、専門業者に相談して効率よく進めていく方が確実に成果を上げることができると言えるでしょう。