FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

faxdmで画期的な宣伝方法

 今時の宣伝は何がいいのか

 

 会社で自社商品やサービスを売るためには大勢の人に知ってもらわなければいけません。ですから、知ってもらうためには何らかの告知や宣伝をおこなう必要があります。今まで飛び込み営業をされてもいい結果が上がらなかった会社、電話営業をしてアポイントを取ったけれどもなかなかいい返事がもらえないような会社、このようにいくら宣伝や告知をしても相手にされない場合は何が悪かったのでしょうか。理由はさまざまですが、アピールの仕方に問題があることが挙げられます。そのアピール方法をどうすればいいのかを考えると、客観的に相手に自社製品を宣伝することが一番大切です。対面で相手と会って説明するのもいいですが、それをやるには労力が必要になります。

 

 電話で営業をした場合は、直接相手と話をする事が出来るので相手に自社のことをアピールをする事が出来ます。しかしアピールしたい企業が多忙の場合、すぐ遮断されてしまう可能性もあります。ではどんな宣伝方法がいいのでしょうか。それはFAXを使った宣伝方法です。FAXであれば文章として相手に届きますので、後に見直すことも可能です。ですから、受信した際には多忙で確認できなかったとしても後で確認することができます。通信料も電話代のみとなり、あとは一切お金が必要ないのです。お得意様に新しいサービスの連絡や新商品の告知をするときにFAXで送ることができれば、通信料も安く済み相手には文章として残りますので非常に効果的です。カラーで送ることができるFAXもありますので、カラフルに目立つ宣伝方法も可能です。

 

 ただし、このシステムが一切問題がないわけではありません。通常のFAXですと複数の相手先に送るには1件1件送信することになるのでその分、労力や手間もかかります。しかし、その問題が解決出来るとなればどうでしょうか。労力や手間がかからずにFAXを使った宣伝ができる画期的なシステムがあるのです。

 

 

FAXDMとはどういったものでどのような効果が期待できるのか

 そんなFAXを使った画期的な宣伝方法はfaxdmと言います。FAXDMの何が素晴らしいのかというと一斉配信ができる点です。業者によって異なりますが、1案件で最大15万件までの配信が可能な点です。これだけの相手にダイレクトメールを利用した宣伝方法をおこなおうと思ったら、手間や労力だけでなく郵便料金も大きくかかります。FAXの特徴は「早く」「安く」「簡単」だということです。電話回線を利用して相手先のFAX機器を使用しておこなう宣伝方法です。FAXを送信する際は、グループ登録をしていたとしても多くて数十件ほどになります。しかし、多くの企業に宣伝をおこないたい場合は、いくらグループ登録をして送信したとしても、手間も労力もかかります。

 

 郵送や電話で営業をした場合、電話はスタッフのコストがかかります。企業やその営業スタッフによって可能件数は変わりますが、その件数よりも大きく宣伝がおこなえるのです。そして、施作実行までのスピードが早い点が挙げられます。極端な話、リストと原稿さえそろえば即送信することが可能です。メールとは違い、開封された状態で手元に届くので開封率は100%となります。興味を持てばすぐレスポンスがもらえることもあるのも特徴です。さらに、事前に用意するものは原稿と送信先のFAX番号のみとなります。業者の中には、無料でテンプレートを提供しているところもあるので案内によって変化することも可能です。制作した原稿の添削をしてくれる場合もあるので、反応が良い原稿をはじめの段階で作成することも可能です。

 

FAXDMを使うメリットはほかにもある

 FAXDMを使うメリットや費用対効果はここまでの説明で理解できたと思いますが、もっと効果的なメリットもあります。それは、FAXを送った時には反応がなかったとしても、時間があいた時に見てもらえる可能性があることです。中には、すぐに反応がある企業もあるほどです。なぜこのような効果を感じられるのかというと、FAXという通信手段の構成上「紙」をしています。その「紙」は相手のもとへ残ります。ですから、その時には気にしていなかったとしても、あとで必要になり見てもらえる可能性があるからです。

 

 どんな宣伝をするにしても相手があってはじめて結果を得ることができます。売りたい商品がその相手先に合っていなければ意味がありません。例えば、コーヒーを飲みたいと思っている100人の人に日本茶の宣伝をしても結果は出ないことが多いです。しかし、10人の人がお茶を飲みたいと思っていれば、その10人に日本茶の宣伝すると売れる可能性があります。このようにターゲットを絞り込むことが重要で、多くの人に宣伝することが重要ではありません。誰に送るかで反応が変わってきますので、送信相手を見極めるのは非常に重要なことです。