FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAX広告を利用することによって様々な魅力が得られる

 FAX広告の利点

 

 FAX広告を利用する際に、どういった効果を得られるのかについて詳しく知りたいという方のために、今回は利用する上での利点についての紹介をします。

 

 まず郵送などの場合には、開封してもらえないと内容について見てもらうことができません。ましてやポストを開けてもらわないと封筒に気が付いてさえもらえるかもわからないので、必ず見てもらえるということは少ないと思います。しかし、fax広告は、たとえ不要だったとしても、捨てる前には必ず内容を確認してもらえます。内容を確認せずに捨てることは基本的にはどこの企業もしないと思うので、誰には必ず見てもらえるということがfaxの利点ではないかなと思います。DMの中でも唯一見てもらえる確率が高いものとなっているので、絶対に見てもらいたいという場合には、fax広告を利用することが便利かもしれません。

 

 次に激安での配信の実現が可能だということです。広告を送る際には、0円で配信できるものはなく、一通当たりの料金は発生しています。また、広告によってはそれぞれ値段も変わってきます。場合によってはたくさんの数を送ることによって結構なコストがかかってしまう場合もあるので、広告は選択が大切です。faxを利用する配信方法なら、どの広告よりも格安で配信をすることが可能です。コストを抑えつつ、反応率を上げたいという場合には、とっておきの方法です。

 

 次の利点としては、継続した反応を得られるということです。メールなどの配信をする場合には、時間が経つにつれて埋もれてしまうという可能性があるのですが、faxの場合は手元に届くこととなるので、興味が湧いた場合には机の中に仕舞っておくことができますし、ファイリングをしてくれる場合もあるので、数か月後や数年後に効果を得られることも考えられます。

 

 このような、利用することでの利点は多くあるので、まずは手始めにfax広告から始めてみるのも良い方法かもしれません。いろいろな商品を宣伝したいという場合や、企業のアピールをしたいという場合にも、必要不可欠な方法となるので、考えている方はまずは行動をしてみましょう。

 

 

fax広告の効果を上げるために

 DMを送信するにあたって、ただ単に送れば多くの方が気にいってくれるというわけではありません。多くの方に興味を持ってもらえるDMにするためにも努力をする必要があります。今回は効果を上げるための方法を紹介していきたいと思います。

 

 まず一つ目のポイントは、分かりやすいデザインを意識しましょう。デザインは、派手になりすぎても見る人の興味を湧かせることはできません。できるだけ多くの方に興味を持ってもらうためにも、文字はできるだけ大きくして、シンプルに表現をすることが大切です。伝えたいことをシンプルにして、不要なデザインはしないことがポイントです。

 

 二つ目のポイントは送信する日時も大切です。時間帯など気にせずに、土日の休みの時に送信をしたりしても効果は半減してしまいます。そうならないためにも送信する日時は非常に重要になってくるのです。また、週明けの月曜日は忙しい会社が多いので、できるだけ避ける方が良いでしょう。このような、会社にとって忙しいと思う時には、興味を持ってもらえないことも多いので、自社はいつに送られてきたら見るのだろうかと言うことも考えながら送信するタイミングを見極めることが重要です。

 

 三つ目のポイントは専門的にDMをしている企業に依頼をする方法です。効率的に効果を得たいという場合には、専門的知識のある企業に依頼をすることも効果を得るためには大切な事です。専門的なノウハウを持っている場合が多いので、少なくともあまり知識のない企業が行うよりは何倍も効果を出してくれます。効果をどうしても得られないと言う場合には、依頼をすることが効果的です。

 

 このような、効果を上げるための方法は三つほどあります。

 

安心・安全なfax広告を送信しましょう

 安心、安全な送信をするためと言うのは、相手にとって負担をかけない方法を考えるという意味です。今回は安心、安全な送信をするための方法の説明をします。

 

 まず、faxを利用するということは、受け手のインクと紙を勝手に利用するということとなるので、負担も大きくなります。なるべく負担をかけないためにもインクの量を減らす工夫をするなど、相手の気持ちも考えて送信をすることが大切です。

 

 次に受け手の不満も減らすことを考えましょう。たとえば個人の自宅にFAX広告を送信するという場合、早朝や夜中に送ると迷惑をかける場合があります。そうならないためにも迷惑にならない時間を考えて送ることが重要です。

 

 次に不快に思われることをするのは止めましょう。特に送り先を間違える場合です。間違えて何回も送られてきた受け手は不快な気持ちになるので、不快を減らすためにも、送り先は常にチェックをしてから送るようにしましょう。

 

 このような、送る際にも気をつけることはたくさんありますので、相手の気持ちも考えながらfax広告を利用しましょう。