FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXDMの単価と安さの秘密

 根強い人気のFAXDM

 

 インターネットが普及している現代、自社サービスの宣伝や販促にメールを利用している企業は多いですが、一方で昔からあるプロモーションツールのひとつ「FAXDM」も根強い人気を誇っています。

 

 ハガキのような郵送DMに比べて送り先からのレスポンスが速く、かつ送信した時に目に留めてもらう確率が高いところが魅力ですが、何よりプロモーションコストを安く抑えられる点が企業にとって大きなメリットとなっています。

 

 ここでは、なぜFAXDMが他のプロモーションツールに比べてコストを安く抑えられるのかを、気になる単価の情報とともにわかりやすくまとめてみました。

 

 

FAXDMはこんなにお得!1件あたりの単価を他のツールと徹底比較

 FAXDMの安さを検証するため、ハガキや電話といった他のツールと単価を比較してみました。

 

 

*郵送DM(ハガキ、封書など):55~100円以上/件

 

*電話:100円~400円/件

 

*メール:6~10円/件

 

*FAXDM:8~10円/件

 

 

 まず電話ですが、単純に通話料金がかかるというだけでなく、営業をかける社員のコストが発生するため、プロモーションツールの中でも断トツで単価が高くなっています。アウトソーシングを利用すれば手間は省けますが、コストはそれほど節約できないのでプロモーション費用は割高になってしまいます。

 

 一方、ハガキや封書を使った郵送DMは電話よりリーズナブルですし、大量発注によって単価が下がる傾向はあるものの、1件あたり50円以下に下がるケースはほとんどありません。また、郵送DMは発送してから相手先に届くまでにタイムラグが発生するため、すばやいレスポンスを期待できないところがネックです。

 

 その点、メールDMは発信すれば即相手に送られますし、単価も1件あたり数円程度と安く、場合によってはFAXDMよりコストを抑えられる可能性があります。ただ、メールは相手に開いてもらわないとまったく目に留まらないところが難点。瞬時にゴミ箱に捨てられてしまった場合、DMとしての役割を全うできず、費用対効果はかなり低めです。

 

 FAXDMなら、メール同様、相手に瞬時に送ることができる上、届いた瞬間に一度でも目に留めてもらえるのが大きなメリット。一見あたりの単価もメールとほぼ変わらないので、費用対効果を考えると数あるプロモーションツールの中で最もお得度が高いことがわかります。

 

原稿データのみでOK!郵送費もゼロ!FAXDMが安い理由

 FAXDMはメール並に単価が安いとご説明しましたが、なぜ郵送DMや電話に比べてこれほどコストを下げられるのでしょうか?その理由は大きく分けて3つあります。

 

・理由1.ハガキや封書を用意しなくて済む

 

 郵送DMの場合、まず宣伝や広告を記載するためのハガキや封書を用意する必要があります。ハガキの場合は郵送費込みになっているケースも多いですが、チラシやカタログなどを封入する場合は郵送費とは別に販促ツールの作成費も予算に盛り込む必要があります。

 

 一方、FAXDMはデータを送付先に一斉送信するだけなので、用意するのは原稿データのみでOK。通信費だけでなく、送付する前段階でのコストも抑えられるのがFAXDMの魅力です。

 

・理由2.データ通信量だけでOK!郵送コストがかからない

 

 郵送DMのコストが高い理由は、郵送費がかかってしまうこと。できあがったDMは郵便業者や宅配業者が車やバイクを使って一軒ずつ配送していくので、どうしても配送コストが発生してしまいます。 その点、FAXDMは電話回線を通じてデータを送信するだけなので、配送コストを気にせず気軽に大量送信も行えます。

 

・理由3.送信はコンピュータにお任せ!人件費を大幅カット

 

 電話営業の場合、1件ずつ電話をかけていかなければならないため、多くの時間と手間がかかります。最近は自動でダイヤル・リダイヤルしてくれるサービスもありますが、相手が出た時に対応するのは人なので、膨大な人件費がかかってしまいます。

 

 一方、FAXDMは送付先のリストをもとに、同じ原稿データを一斉送信する仕組みになっているので、DMを送るだけなら人件費はほとんどかかりません。

 

FAXDMは電話・郵送DMより低コストでしかも費用対効果大!

 FAXDMはハガキや封書を用意する手間がない上、人件費や郵送費も気にしなくてよいことから、DMの送信費を大幅に節約できます。また、メールDMに比べるとほぼ同じ単価でありながら費用対効果が高く、より高いレスポンス率が期待できるでしょう。