FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXDMの原稿サンプルと書き方

 効果の出るFAXDMについて

 

 FAXで企業や事業者にDMを送るFAXDM。FAXDMには、郵送DMと比較しても低予算で行うことができる、メールや封筒と違ってすぐに相手の目に留めてもらうことができる、すぐに申し込みができるので反応をもらいやすいなどのメリットがあります。ここでは、FAXDMの原稿サンプルを構成するポイントやより効果をあげる書き方について確認していきましょう。

 

 

FAXDMの原稿サンプルを構成する3つのポイント

 FAXDMの書き方はそれぞれですが、おおまかなサンプルというものは存在します。一枚の紙という限られたスペースの中で、企業、イベントなどの魅力を伝えるのに役立つFAXDMの原稿サンプルは3つのポイントから構成されています。

 

1. 誰に読んでもらいたいかを明確にするターゲティングコピー

 

 まず、誰に読んでもらうかを明確にするターゲティングコピーは大切です。 ターゲットが集客に悩んでいるのか、売上に悩んでいるのかなどを考えた上で、「○○にお困りの○○様へ」という風に、より詳細にターゲットを絞り込んだコピーを先頭につけるようにしましょう。 そうすることで、FAXDMを受け取った相手にも目に留めてもらうことができます。

 

2. ユーザーの注意を引くキャッチコピー

 

 ユーザーの注意を引き、続きを読みたくなるような内容のキャッチコピー作りも大切です。 読むのが面倒、ただの広告と思われるとそのまま処分されてしまいますので、ユーザーが無視できないような情報を掲載するようにしましょう。 キャッチコピーは長すぎると読みにくくなるのでできるだけ短くまとめて、続きの本文につながるような内容にしてください。

 

3. 連絡先・申し込み先をわかりやすくするレスポンスデバイス

 

 レスポンスデバイスとは、申し込み、問い合わせをする手段のことです。 FAXDMが届いても、どこに何を申し込めばいいのか分からなければ利用することはできません。 できるだけ大きくわかりやすく、連絡先を掲載するようにしましょう。

 

FAXDM原稿の書き方2つのポイント

 FAXDM原稿の書き方について、より集客力をアップするポイントをご紹介いたします。FAXDMはただ商品、サービスのアピールをしてもリアクションをもらうことはできません。よりターゲットの心をつかむ書き方ができるようにしていきましょう。

 

1. 宣伝よりもターゲットを納得させる文章にする。

 

 キャッチコピーや本文は、その商品やセミナー、サービスなどの宣伝ではなく、ターゲットを納得させる文章にする必要があります。この商品を買うことで、またサービスを利用することで、会社にとってどんな利益があるのか、どんなお得なことが起きるのか、など、FAXDMから申し込むことのメリットを挙げていくようにしましょう。

 

 また、無料で受けられるサービスを宣伝するのなら、「無料」の文字は大きくすることも大切です。その他「限定」「このFAXを見た方だけ」といった条件がある場合も、明確に大きく記載するようにしましょう。

 

2. すぐにリアクションを起こせるよう申込方法を明確にする。

 

 FAXDMの内容に興味を持った人がすぐにリアクションを起こすことができるように、申込方法は明確に記載するようにしましょう。電話番号、メールアドレスなどを記載するだけでなく、申し込みの際にどんな情報が必要なのかについても記載してください。FAXDMの下部に申し込み欄をつけておくと、そのままFAXで反応をもらうことができます。申し込み欄は、ユーザーが面倒になってしまわないようにできるだけ少ない項目にまとめるようにしましょう。

 

 より集客力を高めるFAXDMを作成してみよう

 

 

 FAXで宣伝を行うFAXDMについて、その特徴や書き方のコツについてご紹介いたしました。ターゲティングコピー、キャッチコピーや文章がしっかりしているFAXDMは実際に非常に効果が高いです。FAXDMは有効に活用することができれば、郵送や電話などの営業よりも高い効果を期待できます。よりユーザーに届きやすく、また反応がもらいやすいFAXDMを考えてみましょう。