FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXDMを有効活用しよう

 FAXDMってどんなもの?

 

 職場や自宅のFAXに企業からのお知らせが届いたことはありませんか。一度は目にしたことがあるかもしれないそのお知らせが「FAXDM」と呼ばれる販促ツールです。

 

 DM・ダイレクトメールといえば、郵便物やインターネットのメールを利用したものが大部分を占めています。しかし、これらはいずれも受け取る側が開封しなければ見てもらうことはできません。その点、FAXを利用したDMであれば送信元を確認するなどした際に、自然と内容が目に入るようになっています。「開封」という行為を挟むことなく受け手に自社の情報を見てもらうことができるわけです。

 

 通常、FAXは一回につき一件の送信先に送ることしかできません。複数件に送信しようと思うとグループ登録などの方法もありますが、その場合はFAX機器にグループ登録および一斉送信が機能としてついていることが前提となる送信方法です。これだけで考えるとFAXDMはあまり効率が良いとは言えないように思えます。

 

 しかし、「FAX一斉同報」というシステムを使うことで一度に数千もしくは数万という宛先にDMを送信することが可能なのです。

 

 元来、業務連絡で利用されることが多かったFAX一斉同報ですが、最近ではFAXDMという販促ツールとしての利用が増えています。では「FAXDM」の特徴とはどんなものなのでしょう。そのメリットと共にみていきましょう。

 

 

宣伝手段としてのFAXDM

 FAXを利用したDMには特徴として3つポイントがあります。まずコスト面で「安い」ということです。これはFAXDMのポイントであると同時に大変なメリットです。

 

 一見するとコストパフォーマンスがあまり良くないように思えるFAXDMですが、郵便でDMを送る場合にかかるコストと比べてみてください。はがきでDMを作成したとしても、はがきの印刷代プラス郵送料がかかります。封書にすると、当然1通当たりのコストが上がります。また、電話による営業の場合は、通信費の他に電話をかける人の人件費がかかります。はがきDMよりもさらにコストがかさみます。一方、FAXDMであればFAX一斉同報を利用することによりコストを大幅に削減することができます。インターネットのメールを利用すればコストはかかりませんが、受け取る側が「開封」をしなければならない電子メールと違い、FAXDMは内容が一目で分かるので効率的です。

 

 そして効率的というのがFAXDMの2つめの特徴になります。FAXDMを導入してから実際に一斉同報を行うまでがとても「早い」のです。送信先リストとDMの原稿があればすぐに送信可能ですし、受け取った人が興味を持てば送信から数分後にはレスポンスが入ります。

 

 3つめのポイントは「簡単」ということです。事前の用意は送信先のリストとDMの原稿のみです。FAXはモノクロ印刷になるので原稿作成が簡単です。エクセルやワードなどで作成したもので十分にDMとして機能します。

 

 このように、FAXDMは「安い」「早い」「簡単」という3つのポイントで、新規顧客開拓のための販促ツールとしてさまざまな業種で活用されています。

 

FAXDMを有効活用するには

 FAX利用のDMを導入し有効活用するにはFAX一斉同報サービスを行っている業者に依頼しましょう。初めての場合でも、原稿作りや送信先の選定はもちろん、成果を上げるためにさまざまな面でサポートしてくれるのでとても心強いです。

 

 では、成果を上げるためのサポートとは具体的にどのようなものでしょうか。

 

 DMはその手段に関わらず対象を絞り込むことが重要です。たくさん送ればいいというものではありません。成果を上げるためには、まず自社でどんな商品・サービスを扱い、それをどのような人や会社に利用してもらいたいのかという「目的」と「対象」を明確にする必要があります。これらの洗い出しについて客観的な視点からアドバイスしてくれます。

 

 続いて原稿作成です。これも初めての場合はもちろん、今までにFAXでのDM送信を利用したことがある人にとっても重要なポイントになります。受け取った側が興味を持ってくれるかどうかが、A4サイズの紙1枚にかかっているのです。自分に関係のある内容だということに気づいてもらい関心を持ってもらうこと、そして商品やサービスが受け手にとって有用なものであると知ってもらうことなど、こちらの意図をいかに効率良くA4サイズの紙に収めるかは難しい問題です。これら原稿についてもアドバイスを受けることができるので、原稿作成に悩む時間がなくなります。

 

 原稿が出来上がったらあとは送信するだけです。しかし、この送信もタイミングが大切です。受け取った側にゆっくりDMを読んでもらうにはどんな時間に送信するのが良いのか、「目的」と「対象」を洗い出す際にあわせて考えておくとよいでしょう。

 

 DM送信を実行したら相手からの反応を待ちますが、思うような反応を得られないこともあります。その場合、対象の抽出から送信までのプロセスや原稿内容を見直してみましょう。改善すべき点などのアドバイスもサポートの一環として受けられるので、FAXDMで成果を上げることが可能になります。