FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

テレアポの前のFAXDMや比較して業者を選ぶポイント

 テレアポで失敗しないためのコツとは?

 

 テレアポを活用している企業は多いですが、好景気の時代に比べると成功する確率が減っていると言われています。現在ではなかなか通用しない方法となっていますが、ちょっとした工夫をすることで成功率も上がりやすくなります。ここでは何度も失敗しないためのコツについて紹介します。

 

 まず1つ目に大切なのがテレアポの本当の役割を認識することです。例えば知らない人から突然電話がかかってきて突然商品やサービスの説明をされたらどうでしょう。何とも思わない人もいるかもしれませんが、少し怖いと感じる方も少なくありません。そもそも電話では音声しか伝えることができないため、相手にサービスや商品を一方的に説明しても頭に入りません。そのため、いきなりテレアポをするというのは成功させるためには難しいと言われています。

 

 そこで、例えばいきなりテレアポをするのではなく、FAXDMなど資料を予め送ってから電話をするだけでも相手も状況を理解してくれる可能性が高く、話も頭に入りやすいでしょう。テレアポの役割はいきなり電話をすることではありません。まずはFAXDMなどを送ってその後に行うことで商品などの魅力を伝えることができるため、そういった手順をふむことでより効果を上げられます。

 

 続いて2つ目に失敗を避けるために知っておきたいことは一方的に話さないことです。テレアポだと電話で限られた時間しかないため、今ある情報を全て伝えなければならないと思っている営業マンも存在しています。しかし、一方的に話すとお客様に飽きられてしまうだけでなく、商品やサービスのことを知らない人が一方的に話を聞かされても理解できないという状態になってしまいます。そのため成功率はグッと下がってしまうことになるので、しゃべる広告とならないように、お客様とのコミュニケーションを大切にしてキャッチボールをしながら電話することが大切です。

 

 ここではまずテレアポで失敗しないために大切な2つのポイントについて説明しましたが、特に1つ目に話した内容は重要となるため、このサイトではテレアポをする前にやっておきたいFAXDM豆知識について解説します。

 

 

FAXDMはただ送ればいいわけではない

 テレアポの前にFAXDMを送ることでお客さんにより商品やサービスについての内容を理解されやすくなると話しましたが、ただ単にFAXDMを送ればいいというわけではありません。ただ単に送っても絶対に成功するというわけではないため、ここではFAXDMを送る時に知っておきたい豆知識について話します。

 

 まず1つ目に知っておきたいのが安心、安全な送信を心がけることです。例えばとりあえず送信すればいいと時間などを考えずに送る人がいます。中には夜遅くに送ったり、朝方に送ったりする人がいますが、これでは相手からすると寝ている時間の可能性もあるため迷惑だと思われてしまいます。不快な気持ちになったら話を聞いてもらえない可能性すら出てくるので、送る時間について考えるようにしましょう。

 

 また、2つ目はやみくもに送っても効果が出ないことがあるということを理解しておきましょう。FAXDMの発送はとにかく番号を知っている企業や個人宅に送信すれば効果が出るだろうと思っている人もいますが、例えば送られてきた商品やサービスの説明が全く自分に関係ない事だったら迷惑に思う人が多いです。商品やサービスにはある程度決められたターゲットがいるため、そのターゲットに合うようにFAXDMも送らなければなりません。

 

 その他にも3つ目は理解してもらえる原稿作成を心がけることです。FAXでは白黒で送ることがほとんどです。白黒ではカラーに比べて伝えづらくなるため、より丁寧に原稿作成をしなければなりません。どのように作成すれば分かりやすいかなども考えながら作成をしましょう。

 

 このように、送る時にはコツがいくつか存在するため、成功するためにもFAXDMをしっかりと行い、その後テレアポで詳細な情報を伝えるようにすると効果が期待できるでしょう。

 

FAXDMは業者を比較して選ぶことが大切

 FAXDMを送りたい場合には業者に依頼をする人たちも多いですが、業者もいくつか種類があるため、比較しながら選ぶ必要があります。しかし、どこを比較すればいいかわからない人も多いため、ここでは比較するポイントについて紹介します。

 

 まず1つ目の比較ポイントは担当者による無料のコンサルティングをしてくれるかどうかです。まず成功させるためにはある程度依頼側にも知識が必要です。業者によって異なりますが、実際に無料でコンサルティングをしてくれるところもあるため、なるべく選ぶときには細かくサポートしてくれる業者を選ぶといいです。

 

 また2つ目は実績も重要です。実績も比較したいポイントとなり、実績が優れている方が安心して依頼できます。そのため、事前に情報を収集して確認してから依頼について考えるといいでしょう。

 

 このように比較して選ぶことでより納得のできる業者を選ぶことができます。