FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

メールを使って集客をしよう

 メールを使って集客したい時に意識するポイントとは

 

 集客をたくさんすることができれば、例えばイベントなどを盛り上げることができますし、企業にとっては売り上げアップにつながる可能性があります。人を集めるためにはいくつか方法がありますが、その中でも現在はインターネットを利用して、メールを使って集客をしようとしている人がたくさんいます。しかし、やみくもにメールを送ってもたくさんの人を集めることができるとは限りません。送る時にはいくつか意識すべきポイントがあるので、ここではどんなポイントを意識して送ればいいのかについて説明します。

 

 まず1つ目は相手の名前、もしくはニックネームを入れましょう。集客をするために大切だと言われている中の一つに宛先を入れることが重要だとされています。中には一斉送信の場合は読む気がなくなってしまう人もいるのではないでしょうか。地道な作業にはなりますが、なるべく一人一人の宛先を入れて送ることで印象も良くなりますし、自分だけに送ってくれていると思う人も多いので、開封率も上がる可能性が高くなります。続いて2つ目に大切なポイントは、イベントなどの誘いを送る場合は来てほしいという思いをきちんと伝えることです。一見、来てほしい思いを伝えることは当たり前に思う人も多いですが、意外と当たり前のことができていない人も多いと言われています。また、誘い方にも色々な言い方があります。まず低姿勢で送ることが重要だと言われています。来られる人は来てくださいなどの誘い方では、よほどの興味がある人でなければ連絡が返ってくることはありません。当たり前のことですが、忘れがちな部分でもあるので、送る前に来てほしいという思いを伝えているかどうかについて事前に確認をしておきましょう。

 

 3つ目はメリットをしっかりと伝えることです。メールを受け取った相手は行動することによってどのようなメリットがあるのか考える人が多いでしょう。例えば参加することでノベルティグッズが貰えるなど明確なメリットを伝えることで、行きたいという気持ちになる可能性もあります。そういった点からも、送る前にはどんなメリットがあるのかについても記載するようにしましょう。そして4つ目はイベントの詳細をしっかりと伝えることです。日程に関しては詳細をしっかりと伝えないと、具体的な行動には結びつかないので、忘れずに記載するようにしましょう。例えば場所だけの記載ではなく、最寄り駅や周辺地図などより詳細な情報を載せるようにすると、より多くの人を集められる可能性が高くなります。最後に5つ目は文末に疑問文を使用することです。例えばメールで返信を得たい場合、文末を疑問文にした方が返信をもらえる可能性が高くなると言われています。無視されたくない人は文末に疑問文を使用してみるといいでしょう。

 

 5つのポイントを紹介しましたが、いずれも大切な事項になるので、メールで集客したい人は参考にするといいでしょう。

 

 

メールを使って集客したい時のマナー

 集客をする際にメールを使用したい場合、自社だけで行うこともできますが、量が多いと面倒に感じることもあるのではないでしょうか。こういった場合には代行業者に依頼をすると便利です。

 

 例えば代行業者なら一通一通送信をしてくれるので、一斉送信になることはありませんし、宛先もしっかりと入力してくれます。特に時間がない人は自社で行うと雑になることもあり、確認作業もできないことがあります。代行業者なら間違いがないようにしっかりと確認をして送信してくれるので安心です。

 

 また、プロである代行業者は集客のポイントも知っているので、どのようにしたらいいのか分からない場合は一度代行業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

既に活用している業種について

 FAXの広告を既に活用している業種は少なくありません。業種の一つとして挙げられるのがファイナンスになります。

 

 ファイナンスは主に金融商品を扱う業種ですが、金融商品や保険商品の案内なども行っています。その他の業種には学校法人を挙げることができます。さすがに義務教育課程において、公立や私立の学校が活用するケースは少ないですが、専門学校や私立大学など私立の学校では生徒を募るために学校説明会などを開催するところもあります。また、入学には入試を設ける学校法人も多いので、入試情報の案内をする時もfaxでの広告を既に活用しているところがあります。

 

 また、士業でもセミナーの集客の際やニュースレターを出す時に利用しています。このようにさまざまな業種が活用できるので、導入できる企業は多いでしょう。