FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAX営業を行うメリットと効果的な手法とは?

 ビジネスにおいてあらゆる営業手法がある中で、最近はFAX営業が見直されています。FAX営業というのは、FAXを使って営業チラシを送信する広告手法のことです。1件あたりの単価が非常に安く、しかも原稿を作成することが簡単なのでコストパフォーマンスが非常に優れているというメリットがあります。また、ポスティングのように多くの人材を雇う必要もありませんので、経費をあまりかけることができない中小企業や、独立したての起業家に最適の手法です。一斉送信も可能なので時間的にも制約がほとんどなく、ほぼFAX任せにすることができます。また、FAX営業であれば通常のダイレクトメールやメールマガジンとは違って開封率が100パーセントなのもメリットです。

 実はメールマガジンの場合だと最近は顧客の受信ボックスに届かず、迷惑メールフォルダに直行することがありますし、それ以前にフィルターに引っかかって到達しないケースもあります。したがって、せっかく送信しても開封率があまり高くなることがありません。また、タイトルだけ読まれて本文は読まれずにそのまま削除されるケースもあります。
 

 一方FAX営業であればすでに中身が開いた状態で顧客のもとに届くので、中身が読まれずに捨てられるリスクがありません一度は目を通してくれるので、メールマガジンよりもチャンスが広がっているというわけです。
また、短時間で顧客にアプローチすることができるのもメリットです。例えばダイレクトメールの場合であればチラシを印刷してそれを封入し、宛名を貼って発送するまでの工程があるので、どうしても一週間程度はかかってしまいます。
 

 一方FAX営業であれば原稿を作成し、あとはfaxにセットすればいいだけなので当日中に顧客に情報を届けることが可能です。

FAX営業で成果を上げるためにはどうすればいいの?

 FAX営業で自社の利益を増大させるためにはどうすればいいのでしょうか。

 まずは原稿の魅力を高めることが大事です。いくらたくさんの顧客にFAXを送ったとしても、反応率が少ないと売上アップをすることはできません。また、顧客の数にも限度があるので、送信数を増やすよりもむしろ反応率をアップさせた方がずっと効率良く売上をアップさせることができます。そのためには、コピーライティングを駆使して、どうすれば顧客の反応を高めることができるのかを考えるといいでしょう。
 

 また、送信リストの精度をアップさせることも大事です。いくら反応率が良い原稿を作成しても、そもそも自社のサービスや製品を必要としていないところにFAXを送っても意味がありません。また、送信するときにもわずかながらコストがかかるので無駄に送ると経費が増すばかりです。したがって、faxを送るときには自社のサービスや製品を必要としていそうなところに送ることが重要なのです。
 

 大事なのは成約率をアップさせることなので、量より質を意識します。 さらに成約率を上げるためには、電話営業と組み合わせるというのも一つの手段です。FAXを送って後は顧客からアプローチしてくるのを待つのではなくて、FAX営業後に自ら顧客にアプローチすることで成約率をアップさせることができます。

 

最初のうちはFAX営業代行業者に依頼しよう

 いくらFAX営業が優良な営業手法だからといっても、始めからうまくいくというわけではありません。

 初心者のうちであれば、どのような原稿を作成すればいいのかも手探り状態ですし、そもそも顧客リストを持っていないのでどこに送ればいいのかわからないこともあります。当然手当たり次第に送っても反応率は高くなりませんし、下手をするとクレームが来る原因にもなります。

 そこでお勧めなのがFAX営業代行業者を利用することです。FAX営業代行業者であれば顧客リストをレンタルすることもできるので送信先にも困りませんし、さらに作成した原稿を客観的に分析してくれるので送信する前に原稿の良し悪しがわかります。また、どうしても原稿作成のアイデアが湧かない方には、テンプレートを提供してくれるため、項目に沿って作成すればクオリティの高い原稿を作成できます。他にも自分だけでは到底できないようなクオリティの高い営業手法を提案してくれる業者なら非常に重宝します。
 

 最近はFAX営業代行業者の数も増えてきたので、ネットで探して資料請求をするといいでしょう。 そのときに、どのようなサービスを提供しているのか、そして電話対応やメールの対応はどうなっているのかなどもチェックすれば、自分に合った業者を見つけることができます。FAX営業は上手にやらないとクレームが増え、さらに成約率も低いままになってしまいます。いくら有効な営業手法とはいえ、無駄にコストをかけないためには最初からプロに依頼した方が時間的にも金銭的にも負担が少なく済む可能性は高いです。