FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXDMを利用して安い宣伝で経費削減をめざそう

 FAXDMとは何の事?

 

 FAXDMとは、FAXを使ってDMを送ることを指します。これは、従来ある広告などのパンフレットやチラシなどを郵送し、郵便受けに直接入れる事でその購買意欲を高めようとする狙いと同じですが、直接相手のFAXへ送るので、目的やターゲットを明確にすれば見られずにそのまま破棄されるといったことが少なくなります。そのため、現在では多くの企業では販促利用として活用しているのです。

 

 FAXDMはこちら側の印刷代金が不要なうえ、電話回線を利用した営業なので瞬時に相手に伝達できる点も優れています。一度雛形を作ってしまえば、それを活用して多くの宣伝ができますので、費用対効果にもつながります。そして、情報はデータ化されていますので、送り先が数千件、数万件であろうとも一度に送れます。大量にDMを送りたいと思う企業にとって最大のメリットとなるのです。利便性のことを考えてインターネットを利用したDMメールが挙げられることもありますが、迷惑メールと混同されることも多いため、その人にとって有益な情報だとしても内容を全く見てもらえない可能性もあります。しかし、FAXDMであれば一度は見てもらえる可能性が高いため有益な情報をしっかり伝えることが出来ます。

 

 

FAXを使ったダイレクトメールの特徴

 FAXDMの最大の特徴は、「早い」「安い」「簡易」という3つの特徴があります。以上の事から、コスト的にも大変優れたものとして高い注目を浴びています。

 

 早さは言うまでもありませんが、ただ相手先に直ぐに送れる事がこの早さのメリットではありません。相手が興味を持った場合、こちらへの反応も比較的早く返ってくることが多くなっているのです。中には、数分で問い合わせがかえってくることもありますので、リストや原稿などが揃ったら、すぐに案内することも可能です。旬の情報を相手側にスピーディーに伝えることが出来ます。

 

 安さもコストを引き下げる上での重要なポジションとなります。コストを下げる事で商品も格安で提供できることもありますので、お客様の期待に添えることもできます。電話をかけて営業をかける場合、どうしても人件費がかかります。FAXDMでは、必要な人からレスポンスがくるので、無駄に営業をかける必要もありません。さらに、経費の節約につながります。郵送の場合、広告を作る部門やそれを印刷する工場、さらにはそれを配布する人材や郵便代など、経費が嵩むことが多くなってきます。他の広告に比べて安いことが多いので、1件にかける経費も少なくなります。また、これらの考案や製作に配布といった時間も馬鹿にはなりません。しかし、これらのデメリットを一気に解決してくれるのがFAXDMなのです。

 

 簡単に雛形を作成できるのもこの広告の特徴です。パソコン上で製作した広告は、色を付ける必要もなく白黒で済みますので、作成側も気軽に作る事ができます。特別なソフトも必要としませんので、使い慣れた方法での作成が可能でしょう。また、作成したものを会社内で検討する場合にも直ぐにメールで配信できますので、非常に簡易なのです。

 

FAXダイレクトメール代行

 FAXDMは会社で実際に行おうとする時、膨大な資料を必要とします。それは顧客の電話番号ですが、これらを専門に扱っている業者も存在します。こうした会社では、FAXDMに特化した業務内容を中心に営業していますので、安心して任せる事ができます。

 

 内容を見ると、DMだけではなくさまざまなサービスも同時にやっている事が多く、それらのサービスも併用しておこなうことで、安い費用で多くのPRをする事が可能になってくるのです。企画から発送までも一任でおこなっているところもありますので、余計な費用が発生することもありません。これは、費用の削減にも大いに役立つ事でしょう。また、FAXに特化しているので、これらの広告以外にも、取引先への見積書や納品書など、伝票の帳票するFAXサービスや、発送宛先情報を含めた印刷のデータをインターネット上にアップロードするだけで、相手方に実際にそのデータを基に印刷された現物を送り届ける事も可能です。さらに、チェーン店や各支店などが多い場合にも、新製品や指示書、連絡事項の共有が行えるサービスもあり、混乱する事無く素早いコミュケーションが取れる事でしょう。

 

 業者によっては、無料でテンプレートを提供しているところもあります。そのテンプレートを利用することで、より早く簡単に原稿を仕上げることも可能です。どのテンプレートを使っていいのかわからないと思っている企業には、数分間、簡単な設問に応えるだけでその企業に適したテンプレートを案内してくれるところもあるのです。さらに、制作した原稿の添削や原稿の提案をおこなってくれる業者もあります。提案はメールでしてくれるところが多いので、簡単に確認することが出来ます。