FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAX機を使ったFAXDMの効果とは?

 FAXDMとは

 

 法人を対象に送ることができるのがFAXDMです。電話回線を利用して相手先のFAX機にFAXで情報を届ける手段のことです。FAXを販促で利用することができることから電話や郵送のダイレクトメールに比べるとコストを抑えることができます。はがきのダイレクトメールであればはがき代や宛名ラベルの作成、印刷代やダイレクトメール作成のための人件費などがかかり、電話でのダイレクトメールの場合には通信費や人件費が必要になり、時間もかかってしまいます。FAXDMであればこれらの1/10ほどでダイレクトメールを送ることができるので圧倒的に安く済ませることができるのではないでしょうか。

 

 効果としてはやはりレスポンスが早いことが挙げられます。宛先のリストと原稿を用意することができれば、すぐに送ることができ送る側としても他のダイレクトメールに比べるといち早く送ることができるのですが、相手先に届き原稿が読まれ、興味を持ってもらうと数分で問い合わせがあることもあります。

 

 また、事前に準備するものは白黒の原稿と相手先のFAX番号となるので郵送に比べると原稿の準備もとても楽なものです。基本的に宛先は一般公開されている企業のFAX番号のみとなるので宛先のリストも安易に作ることができます。

 

 

FAXを使ったダイレクトメールのメリット・デメリット

 FAXでダイレクトメールを送るメリットとして挙げられるのはまず開封率が100%という点です。FAX自体企業には100%と言ってよいほど普及しているものであり、受注業務や情報発信など本店や支店間での情報共有のために使用されています。FAXが届くことでその企業の担当者の誰かが必ずと言っていいほど内容を確認することになり、捨てるとしても確認は必ずするでしょう。ですから開封率は100%となります。郵便物、特に封筒で届けるタイプのダイレクトメールの場合は開封率を気にして出す必要があるのですがFAXでのダイレクトメールであれば気にする必要はありません。次の挙げられるメリットとしてはコストが安いという点です。はがきや封筒などを使用したダイレクトメールの場合は一通辺り100円程度のコストがかかります。ですがFAXを使ったダイレクトメールであればFAXの原稿作成やリストの手配、配信手続きなどだけで済むので1通あたり5円から10円程度で送ることができます。またこの他には短期間でのアプローチが可能となっており、配信後には継続した反応があることが多いものです。そしてFAXを使ったダイレクトメールは法人向けの新規開拓ツールとして高い効果を発揮するのです。

 

 ですがもちろんデメリットも存在します。デメリットとして挙げられるのは原稿が白黒になってしまうという点があります。FAX機を使うものなので基本的にはカラーではなく白黒となるのでカラフルな原稿を作ることはできません。またFAX用紙やインク代は相手先の負担となってしまうことからごくまれに枚数が多い場合などにはクレームが起こる可能性があります。この他には基本的にはA4サイズ一枚を送る形になるので伝えられる情報量が限られており、原稿の書き方などを考える必要があります。

 

ダイレクトメールの種類とメリット・デメリット

 ダイレクトメールの種類としてはポスティング、メール、FAX、郵送の4種類があります。

 

 ポスティングによるダイレクトメールのメリット、デメリットはエリアを絞ってすべてのポストに配布が可能、無駄のない配布が可能、サンプルなどの投函もできる、基本的にはリストが必要ないなどがあります。これに対してデメリットは配布件数に限界がある、人件費がかかる、管理が厳しい、天候に左右される、クレームが発生するなどがあります。

 

 メールでのダイレクトメールの場合はコストが安い、企画や変更などが柔軟に短期間でできる、費用対効果が高い、WEBとの相性がよいなどがあり、デメリットとしては開封率が低い、リストが少ない、イメージが悪い場合がある、特定電子メール法を守る必要があるなどがあります。

 

 FAXDMを使ったダイレクトメールの場合はタイムリーな配信が可能、開封率が高い、コストが安い、比較的レスポンスが早いなどがあり、デメリットとしては原稿がモノクロのみ、情報量が限定される、クレームが多い、しっかりとした企画が必要などがあります。

 

 郵送のダイレクトメールの場合はメリットとして情報量を増やすことができる、イメージがよい、使用できるリストが多い、開封率や反響率アップの工夫をすることができるなどがありデメリットとしてはコストが高い、企画力が必要、企画から発送までに時間がかかる、開封率が低いなどがあります。顧客獲得や商品、サービスの案内などを効率的に行うことができるのがダイレクトメールであり、電話などで獲得できないお客様を獲得することも可能となるので反響が来た場合には成約率が高くなるなどのメリットがあり、営業活動の効率アップにも繋がります。ですが費用や時間、手間などがかかるものもあるのでメリット、デメリットをしっかりと押さえて選ぶ必要があります。