FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXDMの業者に依頼してサービスを利用する方法もある

 法人リストのレンタル

 

 FAXDMを送りたいと考えていても、どこに送るべきなのか分からなければ意味がありません。自身で発行しているメールマガジンなどに登録をしてくれた人や、以前自社の商品を購入してくれた人であればともかく、不特定多数の人に送るにはリストが必要です。しかし、個人情報を勝手に収集するのは犯罪なので、当然普通の会社では行えないでしょう。それに対して法人であれば、リストを自由に閲覧することが可能になっているので、連絡をすることができます。

 

 そのためにはまず法人リストをレンタルする必要があるので、専門の業者に依頼をしなければなりません。FAXDM送信の補助や指導などを行っている業者であれば、法人リストのレンタルを行っていることも多いでしょう。まずは送るべき業種を絞っておく必要があります。明らかに関係のない業種に送ってしまうと、スパムだと思われてしまう可能性が高くなります。そうなれば当然クレームが来ますし、二度と見てもらうことはできないでしょう。このようなことがないように、売りたい商品や招待したいセミナーなどの内容に合った業種の企業に送る必要があるのです。例えば工具類や工業用機械などを取り扱っている会社であれば、製造業を中心にFAXDMを送る必要があります。工具類や工業用機械の販売を行っているのに、飲食業界へ送信しても購買に繋がることはありません。それどころか相手に悪い印象を与えてしまうでしょう。

 

 送る相手というのはとても重要になるので、十分注意しましょう。他にもエリアなどが重要になります。自社が営業範囲としている中に会社を置いているところでなければ、やはり購買に繋げることは難しいでしょう。業者を利用する場合には、このように細かい点までサポートしてくれるところを選ぶべきです。

 

 

不要受付や印字機能も利用可能

 FAXDMのサポートをしてくれる業者を利用することで、たくさんの機能が利用できるのが主なメリットです。どのような機能が利用できるのかは、利用する業者によっても多少変わってきますが、一般的なのは差し込み印字機能やFAXDMの不要受付機能でしょう。

 

 差し込み印字機能というのは、ヘッダーに文章を記入することができる機能です。この部分にはキャッチコピーなどではなく、宛名を記入するのが一般的でしょう。例えば何々担当者様へなどという文章になります。このように差し込み印字機能を利用することで、誰に対して送っているのかを明確にすることができるのです。そうすると丁寧な印象を与えることができるので、たとえ紹介している商品が不要であった場合にも、苦情が来にくくなると言えるでしょう。通常は1行の中に収めて記載します。場合によってはヘッダーの部分ではなく、本文の終わりに差し込み文章を入れるというケースもあるでしょう。

 

 差し込み印字機能の他にも、FAXDMの不要受付機能などを記載することが多くなっています。なぜなら不要受付を記載しておかないと、クレームの原因になってしまうからです。申し込み欄が作成されているのに、不要受付欄が作成されていないということは、会員登録の欄はあっても、退会の欄が設けられていないサイトと同じように見られてしまうでしょう。このようなことがないように、申し込み欄の最後にもう1つ不要受付欄を記載しておくことが多いのです。これだけでもクレームの減少に繋がりますし、印象も良くなるでしょう。業者を利用することで、このような機能を利用することができるのです。

 

便利なサービスがたくさんある

 業者を利用すれば、FAXDMに関する色々なサービスを受けることができます。例えばインターネットから一斉配信する機能などはかなり重宝されていると言えるでしょう。メールなどでもたくさんの取引先に対して同じ案内を送りたいときには、1つずつ送っていたのでは効率が悪くなるので、通常は一斉送信を利用します。そうすることで手間を省くことができるのです。ただし、事前にリスト設定をしなければいけないので、間違ったリストを設定しないことが重要です。

 

 最近はスマートフォンやタブレットなど色々な方法でインターネットに接続できますし、パソコンと同じ画面を見ることが可能になっているので、FAXDMを見るデバイスもたくさん存在しています。通常はパソコンに送るのが一般的なのですが、中にはスマートフォンで見たいと希望する人もいるでしょう。このような場合にも、業者を利用すれば好きなデバイスで受け取ることができるのです。もちろん普通のFAXで受け取ることも可能になっているのでとても便利です。

 

 他にも、API連携機能を利用することもできます。API連携機能というのは、企業で導入しているCRMやSFAなどの環境と連携をする機能のことです。主に作業が面倒なのでもっと効率的に送信をしたい場合や、顧客リストのマッチングが面倒だという場合、合操作画面を自社のオリジナルにしたい場合や、送信機能を連携させたい場合に有効的なサービスです。このように業者を利用することで色々なサービスが行えるというメリットがあるのですが、他にもFAXDMのノウハウなどを指導してくれる場合もあります。