FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

広告として魅力のあるFAXDMの代行

 インターネットだけが広告じゃない

 

 広告というものは、サービスや製品を知ってもらうために欠かせないものです。企業にとって生命線という部分であり、どこまで浸透させるのかということが重要になってきます。顧客の絶対数は存在するとしても、自社の製品を認識してもらえなければ、いつまでたっても顧客になってもらうことはできないでしょう。価値を引き上げていくとともに、認知を高めるということで広告は欠かせない存在です。

 

 企業としては、さまざまな手段をとりながら広告を考えていきます。自社に適したものを見つけていかなければならないですし、複数の組み合わせを考えていくことも大事になります。ひとつでは効果を上げにくくなるからです。そんな選択肢が増えていく中で、いったい何が正しいのか、効果を上げることができるのかを見つけ出していかなければいけません。それも戦略的に策定し、費用対効果も考えていくのですから簡単なこととは言えないでしょう。

 

 インターネットの普及により、広告も大きく様変わりしたことは確かです。ですが、これだけが全てであるといった風潮も見かけますが、全く異なることは、自分たちでわかることでしょう。ただし、ここに大きなヒントがあるのは間違いありません。人件費をできるだけかけずに多くの対象に対して行える広告であるということです。その点において、FAXDMというのは優れた方法であることは間違いありません。さらに進めれば、自分たちで行っていくのではなく、代行をうまく使うということです。アウトソーシングの活用は、現代のビジネスにおいて必須の方法であるといえるでしょう。

 

 

ダイレクトに送れるFAXDM

 インターネットの普及は素晴らしいことですが、すべての人間が使いこなすことができるわけではありません。普及したとしても、FAXを使わなくなったりすることはまずないでしょう。なぜならば、すべてメールでやり取りするわけではないからです。ほとんどの企業は紙媒体を使っていますし、大事な連絡手段であることに変わりはないでしょう。実際に自分の周りを見てみるとわかるはずですが、電話も使いますし、faxもコピー機もあるはずです。何も珍しいわけではなく、こうしたアナログな機器は、直感的に使える以上便利であることには変わりがないでしょう。だからこそ、FAXDMが生きるといえます。

 

 メールなどに比べてみて、FAXは到着の段階から見ることになります。ところが、メールは開けなければいけません。ウイルスなどの問題が多い昨今では、添付ファイルもリッチテキストも開けるのはためらいます。ためらうことが、自衛手段だからです。どんなソフトを入れていても、こうしたメールも危険なサイトも近づかないということが一番であることは間違いないでしょう。

 

 そう考えれば、いかに簡単に伝えやすいかわかるはずです。伝えたい相手にはっきりと伝えることができる点でも、無作為に広げていくネット広告とは違います。ある程度絞り込めたとしても、ダイレクトに送ることができるわけではありません。広告戦略として考えた時も、わかりやすい方法となることは間違いないでしょう。

 

代行させることの大きな意味

 FAXDMは、相手の番号さえわかれば使うことができる方法です。ですが、自分たちでやっていくことを考えると、専属で人をつけなければいけないでしょう。効率よく進めていくためには、それなりに性能を持った機器も必要になります。このままでは、費用対効果が上がることはありません。手間も時間も費用も掛かるからです。

 

 現代のビジネスということを考えれば、こうした場合にはアウトソーシングしてしまうのが一番です。機器や技術を持っているところに代行を依頼してしまえば、自分たちで機器を抱えたりするリスクはなくなるでしょう。人材も割かずに済みますので、本業に集中することができます。技術的にも慣れていることを考えると、自分たちがおこなうよりも、はるかに効率的に進めることができるはずです。これを金額的に換算して考えれば、相当節約ができるようになるでしょう。効率化できないようなことは、代行してもらうことが、最も確実であるのではないでしょうか。

 

 FAXDMを活用するうえでは、どんな広告にするべきかということも重要です。反響率を高めることができ紙面の作り方というものがあります。A4サイズ1枚分の大きさの紙面の中で、どこに興味を持ってもらえるのか、高める方法があることも確かです。アウトソーシングするということは、こうした知恵も借りることができるようになります。戦略的に判断した場合、こうしたメリットを考えていけば、想像するだけでも魅力的だということがわかってくるでしょう。自分たちで行っていくのは難しい方法ではありませんが、代行してもらうことによって、もっと大きな広がりを見せます。広告はただ送っても意味がありません。多角的にとらえ、戦略的な視点で進めていくことが重要だからです。