FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXのDMの豆知識とデザインのポイントについて

 DMを出すことで効果を得られるための工夫

 

 DMはいろいろな種類があり、多くの企業が利用しています。その中でも人気があるのがfaxですが、企業によっては、今後の活用を考えているところもあるかもしれません。しかし、実際に効果を得ることができないのであれば、その費用が無駄になることもあり得るので、無駄にすることのないように、DMは工夫をしなければならないのです。

 

 今回は、得られる効果をしっかり手に入れるためにも、知っておくと良いポイントを説明します。まず、作成をする際には、目的を整理することが重要です。目的というのは、どのような理由で送信するのかです。例えば、企業によっては、もっと名を広めたいとか、大勢の人に商品を購入してもらいたいとか、資料の請求をしてもらいたいとか、いろいろな目的があるでしょうが、これらをしっかり整理することが成功の近道となります。作成を行う上で重要なことは、目的とゴールをしっかり設定しなければなりません。ですから、適当に作成して送ることは避けましょう。困った場合、代行業者に依頼すると、相談にのってくれることもありますので、代行業者の力を借りることで、目的が達成する可能性があります。そのためには、具体的に整理をしてから送信しましょう。

 

 続いては、ターゲティングです。DMの作成ができたら、次に大切になるのがターゲットを設定します。例えば、女性に送るのか、男性に送るのかなど内容によってそれぞれ送りたいターゲットは異なります。関係のない人に送っても効果は得られませんし、その分費用も無駄になってしまいます。ですから、ターゲットの設定も具体的に決めるようにするといいでしょう。ターゲットを具体的にすることで、より効果が得られやすくなります。

 

 続いての大切なポイントは実行ですが、実行で大切なのがいつ、どのタイミングで配信をおこなうのかという点です。企業によって、送りたい時間帯は異なるでしょうが、送る場所によって時間帯は考えた方が良い場合があります。例えば、企業により、夜間もしっかり業務をしているところもあります。基本的には人の多い昼間に送ることがマナーとなりますので、個人宅に送る場合も夜中に送るとクレームが発生してしまう可能性もありますので、タイミングについて考えるということは重要です。相手が不快な気持ちにならないことが重要なので、実行する時は時間など相手のことを考えて送るようにするといいでしょう。

 

 その他の大切なポイントして、振り返りがあります。実行した後は振り返りが大切になります。これは、配信することで反響はどうであったかという点を振り返るようにすると良いでしょう。どれだけの返信があったかなどを振り返ることで、改善をおこなうと、効果が得られる確率がより高くなります。万が一効果が得ることができなかった場合は、振り返ることで次につなげられることもあるので、諦めずに挑戦することが大切なポイントとなります。

 

 このように、作成の際に重要な点はいろいろありますので、あらかじめ調べることで反応率を上げられる可能性は高くなるでしょう。後で悔やまないためにも、しっかりとこだわるようにすると良いでしょう。

 

 

DMのデザインのポイントについて

 DMを作成する際には、たくさんの情報を記載すること以外にも、デザインについてもこだわるようにすると良いでしょう。デザインに趣向を凝らすことで、読みやすくなる以外に、華やかになる良い点もあります。ですから、必要な情報のみを記載するのではなく、反応率を上昇させるためにもデザインにも趣向を凝らしましょう。

 

 では、現実に作成する際にはどのポイントを重点的に考えると良い出来になるのかということですが、レイアウトがあります。レイアウトは、デザインをする上でポイントになります。適当に作成すると読みづらくなる可能性がありますので、開封率が下がることが考えられます。読みやすいDMにするためにレイアウトをそろえることで、有利になることがありますので、レイアウトは重点的に考えましょう。

 

 さらに、FAXの場合は、カラーでしか印刷ができないこともあるので、できる限り文字にもこだわりましょう。例えば、オシャレなDMにするために文字の書体を複数使う方もいますが、複数の書体を使用すると読みにくくなることが考えられますので注意しましょう。なるべく、1から3種類くらいに収める見やすいDMになるでしょう。

 

 以上のことから、FAXで送るDMはデザインや書体について思案する点が2つありますので、作成の際にはデザインについてもあらかじめ調べておきましょう。

faxのDMを依頼するには

 FAXのDMを依頼するには、代行業者に頼むことで、自分たちで行うよりも反応率が上がることがあります。手間も省けるので、依頼について検討している人も多いでしょうが、代行業者の決め方は大切なので、選ぶ時に知識として身に着けたいポイントを紹介します。

 

 まず、実績の確認です。実績が豊富でしたら安心感もあり、依頼するハードルも下がります。中には、サポートなども整っているところもあります。納得のDMを作成するために、実績については依頼前に確認しておくと良いことがあります。

 

 他には、効果向上の提案をしてもらえるかどうかも注目すると良いでしょう。代行業者によっては、効果上昇のために相談にのってもらえるところもありますので、経費を無駄にしたくない場合は、提案もしてくれる代行業者を選択すると良いでしょう。