FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数10,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

CLOSE

FAXDMの効果を高めるための秘訣とは

 FAXDMの効果を高めるためにはどうすればいいのか

 

 FAXDMは非常に優れた営業手法ですが、それだけにライバル企業も多く取り入れています。実際にFAXDMを行なうためには、どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。まずはFAXDMを行う目的をはっきりとさせることが大事です。新規顧客開拓や新規案件の受注など、企業によって目的は異なります。目的をはっきりとさせないようなものを送っても、どの企業からも良い反応を得ることはできません。例えば、新規顧客開拓を目的とするならば、画期的なサービスをアピールしたり、驚きの低価格を売りにしたコピーの内容を送ったりなど、顧客にとって魅力的なオファーをすることが大事です。

 

 新規顧客開拓をするためにはまずは自社のことを知ってもらわないといけませんが、魅力のない企業のことは誰も興味を持つことはありません。したがって、自社に興味を持ってもらうためには、まずは相手にとって魅力的なオファーを行い、その上で知ってもらうと非常に効率的です。他にもメインの商品のアピールを直接行うのではなく、その商品に関する内容をまとめた冊子やDVDなどをプレゼントするという方法もあります。FAXDMの内容にプレゼントを受け取るための手順をわかりやすく書いておくことで一定の反応が見込めます。単純にメッセージだけを送るよりも、プレゼントがあるということを明記した方がずっと良い反応を出すことが期待できます。

 

 このように、より効果を高めるためには相手にとってプラスになる情報を送ることが大事です。戦略がない状態でメッセージを乱発しても、顧客を獲得できるわけではないので注意しましょう。逆に言えば、しっかりとした戦略さえあれば他社よりもずっと高い効果を出すことができるということです。

 

 

FAXDMの効果をアップするためのコツとは

 単純にFAXDMを送ればいいというわけでなく、戦略的に送ることによってより高い効果を出すことができます。ただ、いくら戦略的に送ったつもりでも、最初の一回だけで高い反応を出すことはやはり至難の業です。よくある失敗例が、一回だけ送って反応がないから止めてしまうというケースです。反応率というのは毎回一定ではなく、常に変動することを把握しておかなければいけません。同じ原稿であっても送る時間帯によっても反応率は異なるので、一回送っただけで諦めるのは非常にもったいないと言えるでしょう。

 

 より効果を高めるためには、試しに一定数のFAXDMを送り、次に原稿や送信するタイミングなどを変更します。さらに次はオファーの内容を変更するなど試行錯誤すれば、だんだん反応率をアップさせることができる可能性は高まります。初回送ったときよりもどの程度反応率がアップしたのかを確かめ、満足のいく結果を出すことができたのであれば、後は送信数を増やすだけです。まずは成功パターンを発見することを目的とし、成功パターンを見つけ出すことができたら送信数を増やすようにすれば、ローリスクで高いリターンを出すことが可能になります。

 

 なるべく早い段階で成功パターンを発見したいのであれば、いわゆるPDCAサイクルに沿って原稿の精度を高めるようにしましょう。最初に計画した内容がどのような結果をもたらし、改善するためにはどのようにすればいいのかを考えることで無駄に費用や労力をかけることなく良いFAXDMを送ることができます。また、コピーライティングを学ぶことも大事です。コピーライティングとは、顧客の反応率をアップさせるためのテクニックとして知られています。同じオファーでもコピーライティングを駆使することで顧客にとってより魅力的に思えるようになるので、ぜひ習得しましょう。

 

FAXDMの効果を高めるためには送り先にも注意しよう

 どんなに良いFAXDMを送ったとしても、そもそもターゲットがずれていたら意味がありません。したがって、送る前にまずはターゲットと自社の商品の内容がズレていないかどうかを確かめることが大切です。また、自社と全く接点がない企業に送るよりも、関わりのある企業に送った方がより高い効果を出すことができます。

 

 例えば以前名刺交換をした方や資料請求を行った方、セミナーに来場してくれた方など自社と接点があったり興味を持っている方などに送るといいでしょう。いわゆるハウスリストに対して送った方が効果を見込めるということです。ただ、起業したての場合であればそもそもハウスリストが無いことがほとんどです。そのようなときには、リストを貸してくれる業者に依頼して代行してもらうといいでしょう。

 

 最近はFAXDMのノウハウを持っていない企業や、ハウスリストを持っていない起業家などのために代わりにダイレクトメールを送ってくれる業者がいます。そのような業者は単純にリストだけを貸してくれるのではなく、どのようなメッセージを送ればいいのかのアドバイスもしてくれます。初めて送るときには、送る前に色々と相談するといいでしょう。