FAXDMを上手に活用しよう!

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

FAXDMを上手に活用しよう!

FAXDMを上手に活用しよう!

FAXDMを利用するメリットとは?



企業の新商品のPRなどのためにダイレクトメールを使用しているところが多くなっていますが、ダイレクトメールといっても種類は様々です。ダイレクトメールの中でもFAXDMはメリットが多くあると言われているPR方法のひとつです。FAXDMを利用することでどのようなメリットが存在しているのかについて紹介します。

まず、一つ目のメリットは開封率がダイレクトメールの中でも高いことです。

FAX機を使用している企業は多くなっており、主に受発注業務や情報発信のために使用されています。FAXは基本的に封筒などに入って届くことはなく、そのまま開封された状態で届きます。その為、送信をして届いたら受け取った人のほとんどは内容を確認することとなります。内容を見てから必要か不必要かを決めるので、見てもらえる確率は高くなっています。反響率を上げるためには開封率はとても重要なポイントとなりますが、FAXDMは数多くあるダイレクトメールの中でも開封率が高く、魅力的な方法となっています。

二つ目のメリットはダイレクトメールの中でもFAXDMはコストを抑えることができる点です。

例えば、ダイレクトメールには郵送をするハガキなど様々な方法が存在していますが、一通当たりの料金はFAXDMよりも高くなっている事がほとんどです。また、商品のPRで多くの企業に知らせたい場合にはメディアなどを利用すると反響率も高くなりますが、メディアに関してはまとまったコストをかけられるところでないと負担が大きくなってしまいます。手軽な料金で効果を得るためにもFAXを利用すれば開封率も高く、手軽な料金で行えるので魅力的な方法となっています。

三つ目のメリットは短時間でのアプローチが可能な点です。

ダイレクトメールにはデザインや印刷、封入など様々な作業が必要になることがありますが、FAXDMの場合は基本的に原稿を書いて送るだけという流れになっているので、最短で即日のアプローチが可能となっています。思い立ったらすぐに行動できるのはファックスのメリットとなっています。このように、大きく分けると三つのメリットが存在しています。これからダイレクトメールを送ろうと思っている時に費用を安く、早めのアプローチがしたいという場合にはファックスを利用すると思い通りのPRが可能になります。



FAXDMで反響率を得るためには?



FAXDMに限らずですが、ダイレクトメールを送信する時には誰もができる限り多くの反響を得たいと思っている人が多いのではないでしょうか?実際に反響率を得られなかったら意味がないものとなっていますが、ただ単に送信するだけでは効果は得られないと言われています。効率的に反響率を得るためには工夫が重要になりますが、反響率を上げるためのポイントについていくつか紹介をしていきます。

まず、一つ目のポイントは目的を整理することです。

例えば、サービスをPRするにあたって資料請求をさせたいのか、商品の注文をさせたいのかなど送信した相手にどのような行動をとってもらいたいのかという目的を整理しておくのは非常に大切なこととなります。目的にこだわるだけで反響率は変わってくると言われているので、まずはどういった反応を得たいのかについてじっくりと考えるようにしましょう。

二つ目のポイントはターゲットを絞ることです。

例えば、PRする内容は誰に伝えたいのか、どの業種に伝えたいのかなど、ターゲットを絞ることは重要なポイントになると言われています。ターゲットを絞れば、商品を必要としている可能性が高い相手に効率よくアピールすることができるので、反響率も得やすくなっています。ターゲットが決まればFAXDMの原稿も作成しやすくなるので、送信する相手もこだわって選ぶようにしましょう。

二つのポイントについて紹介をしてきましたが、実際にはまだまだ反響率を得るための方法は存在しています。適当に送ることはせず、工夫をしてダイレクトメールを送ると、売り上げアップにもつながる可能性が高くなります。



FAXDMを代行してくれる業者の選び方



ダイレクトメールを利用しようと思った時には代行してくれる業者に依頼するのが一般的となっていますが、業者といってもたくさんの数が存在しています。依頼するからには納得のいく業者を選択したいと思う方が多いと思うので、今回は業者の選び方について紹介します。

まず、一つ目のポイントは実績です。

業者によっては異なる実績ですが、多ければ多いほど信頼がされている事となるので、実績がないところよりもできる限り多くの企業の代行をしている業者を選ぶようにしましょう。

二つ目は見積もりです。

FAXDMを依頼する際には料金なども重要になってくると思いますが、細かい情報を知るためには見積もりは重要になるので、まずは契約をする前に見積もりをとるところから始めるようにしましょう。