FAXDMは効果の高い宣伝方法となるか

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

FAXDMは効果の高い宣伝方法となるか

FAXDMは効果の高い宣伝方法となるか

企業用の広告として効果の高いFAXDM



FAXDMは、数多くの企業が使うようになった広告方法です。効果を感じやすく、安価におこなうことができることも、魅力のひとつといえるでしょう。数多くの企業が使うのも、それだけの効果を感じることができるからであり、メリットがあるからこそ利用するということです。費用を投下しても、意味がないものであれば、どこも採用することはありません。それが広告というものなのですから、メリットを考えていくことが重要です。

FAXDMを受け取ってみるとわかりますが、中身を確認することでしょう。仮にいらないと思ってごみ箱行きにするのでも、シュレッダーにかけてしまうとしても、内容を確認しなければできません。ここが重要なポイントです。中身を確認するということは、一体中身は何なのかを知るということですので、ダイレクトメールで言われる開封率は100パーセントということになります。郵送のダイレクトメールでは、絶対に考えられない数値です。見ようと思わなくても、1度は目にしてもらうことができるのは、広告としての価値が高いことがわかるでしょう。

企業用のダイレクトメールには、メール広告を使う方法もあります。この方法は、もっとも費用がかからない方法ではあるものの、件名で判別される可能性があるでしょう。さらに、アドレスなどでもブロックされる可能性があります。こうなると、開封率は激減することになるのですから、大きな問題があるでしょう。世間の評判としても、迷惑メールを使っているとなれば、信用は格段に落ちていくことになります。最近では、メールサーバーによってスパム扱いとなりブロックされる危険性もあるのですから、とても利用できるものではなくなりました。



早いレスポンスが重要なポイント



コストという面を見ても、FAXDMは圧倒的に有利です。郵送と比較してみるとわかりますが、どうしても紙代と送料がかかってしまうでしょう。これがロスとなって負担がかかってきます。費用対効果を考える場合、絶対的にマイナスになるのはわかるでしょう。それが、FAXDMになると、紙代もかかりません。通信代がかかることになりますので、わずか数円というコストで送ることができるようになります。この効果を考えてみると、費用対効果が跳ね上がることがわかるでしょう。利用する側として考えても、大変魅力がある方法といえます。

だれでも簡単ということもあるでしょう。FAXで送ればいいだけのことです。専門業者に依頼するほうが効率は格段に上がりますが、本当に数件などであれば、自分たちで行っても費用はわずかでしょう。郵送と比べてみるとわかりやすくなりますが、原稿を作り封書にして宛名を書いて送ります。印刷をすることまで考えると、リアクションが表れるまで日数がかかることもあるでしょう。

FAXDMの場合、送れば即時リアクションが出てくる可能性があります。このレスポンスの早さは、メール広告と変わらないほどです。今から送るといって始めることさえできるのですから、この身の軽さも違いといっていいでしょう。到着すれば、中身に目を通してもらうことができるのですから、チャンスの拡大にも大きな効果を発揮させることができます。



適切な広告を適切な相手に適量で送ること



FAXDMを効率的に使うのであれば、レスポンスを高めることが重要になってくるでしょう。いろいろな方法が考えられますが、ターゲットを絞り込むということが重要です。どんなところに送ってもいいというわけではなく、送るからには効率よくしていかなければいけません。そのためには、セグメントを絞り込むことが重要です。

セグメントの絞り込みができたのであれば、いったい何の目的があるのかを明確にします。目的のわからないFAXは、見た瞬間に処分されることになるでしょう。その目的を見た時に、どこに反応すればいいのかということにつながります。この流れがはっきりしているものは、レスポンスが出やすいといえるでしょう。

実際にどんな広告でもFAXDMとして送ることはできます。しかし、あまりに適当に送ってしまうと、これはクレームのもとになるでしょう。必要もないFAXが届くということは、それだけでインクやトナー、紙を使っていくからです。そんな無駄なことを強いることになるのですから、セグメントの絞り込みが必要で、無駄と思われない広告にしなければいけません。FAXDMで効果を上げていくためには、いろいろな研究が必要です。ランダムに送るだけでは、効果は上がりません。量を送ればクレームにつながることを考えると、適切な広告を適切な相手に適量で送るということがポイントになるでしょう。

こうした戦略は、簡単なことではありません。それどころか、単純なようで複雑でしょう。だからこそ、専門業者とともに戦略を練り、効果的な方法を探っていくことが必要になるといえます。単純なようで奥の深い広告であるといえるでしょう。