FAXDMの反響率を上げるために有効的な方法とは

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

FAXDMの反響率を上げるために有効的な方法とは

FAXDMの反響率を上げるために有効的な方法とは

ターゲットを明確にしておく



FAXDMの反響率を上げる方法の一つとして、ターゲットを明確にしておくことが重要になります。そのためには、どのような人がどういったサービスを望んでいるのかを知る必要があるでしょう。これは商品を売るときには必須と言ってもよい方法です。そこでFAXDMはどのような人が必要としているのか、どのように使用されているのかを明確にしておくと、自然とターゲットが絞れるようになり、反響率も上がってきます。

そもそもダイレクトメールというのは営業などに多く用いられていますが、自分たちで作成して記載してある情報が分かりにくかったりすると、あまり効果は見込めないでしょう。だからこそ、専門の業者に依頼をして、より分かりやすく情報が伝えられるようにする会社が多いのです。そこで重要になってくるのが反響率なのですが、不特定多数にFAXDMを行ったとしても、逆効果となりイメージダウンになってしまうケースが少なくありません。そこで、ターゲットを絞るということが重要になるのです。例えば街中でチラシを貰ったとして、この場合チラシを一目見て興味がなければ、受け取った人の多くはティッシュを使い終わるとチラシを捨ててしまうことでしょう。なぜなら、チラシの内容が興味をそそらないからです。逆に興味のある内容が書かれていれば、隅々まで読む人が多いものです。

このように、自分たちが発信する情報に興味がある人向けに発信することが有効的なのです。そうすることによって、購買に繋がる可能性も高くなるので、これはビジネスの基本と言っても過言ではありません。そのためには事前の情報収集が欠かせないと言えるでしょう。これがFAXDMを行う上で最も重要なのですが、反響率によってはターゲットの見直しなども行う必要が出てくる可能性もあります。このように試行錯誤を繰り返し、その手助けをしてくれる業者を探すことから始めてみてはいかがでしょうか。



魅力的な原稿作成が重要



FAXDMは文章がとても重要になります。また、レイアウトも大切になってくるでしょう。魅力的な文章とレイアウトでなければ、当然反響率を上げることは難しくなってしまいます。大半の人は、まず上部から見ることが多いでしょう。そのため、上部にタイトルを記載してタイトルによって興味を惹かせることが重要になるのです。タイトル部分は文字を大きくして、本文と異なる色を用いて作成することも珍しくはありません。まずは読む人の注目を集めることが大切になるのです。さらにタイトルの下にはキャッチフレーズなどを用いるケースも多いでしょう。タイトル自体をメインのキャッチフレーズとしているだけでは不十分なので、サブフレーズとしてリード分を付け加えるケースも多いのですが、ここで失敗してしまうと、読まれずに終わってしまうことが多いのです。FAXDMを送るときには、この点に注意するのがよいでしょう。

それから本文を記載していくのですが、本文にも有益な情報、読者が欲しいと思っている情報を記載しなければなりません。本文は最初の切り口が重要になります。また、最後の締めの文章も重要になるでしょう。文章を読む場合、最初と最後だけ目を通し、興味があれば全ての文章を読むという人も多くなっています。よって本文は最初と最後がとても重要になるのです。

そしてレイアウトも大切なので、ただ文章を記載すれば良いわけではありません。いくら良い内容の文章であっても、レイアウトが悪くては読みにくくなってしまうでしょう。興味も薄れてしまうので、反響率を上げるためにはレイアウトにも神経を集中させなければいけません。



クレームを減らす努力をする



FAXDMを送る場合には、避けて通れないのがクレームです。しかし、このクレームを無視しているようでは当然反響率を上げることはできません。まずはクレームに対して真摯に向き合うことと、クレームが来ないような対策を練ることが重要です。では、どのようにしてクレームが来ないようにするのかというと、いつ送るのかというタイミングが大切でしょう。タイミングが悪ければ、当然相手が怒ってしまうこともあるため、第一に時間帯が重要になります。

例えば、朝会社に出社して来たときにいきなり営業のFAXDMが送られてきていたらどう思うでしょうか。何で朝からこんな物を読まなければいけないんだとイライラする人も多くなります。逆に帰る間際に送られてきても、せっかく帰れると思っていたのに、読むために時間を取らなければいけないと思う人もたくさんいます。そのため、まずは送る時間帯に注意しましょう。定休日ではないこと、営業時間内に送ることを心掛けるだけでも、クレームの数は相当減ると思って間違いありません。次に送る頻度も重要になります。短い期間にたくさん送られてくると、当然良い気分になる人はいません。ある程度間を空ける必要もあるので、焦って短い期間に送らないように注意しましょう。

そして最も重要なのが内容になります。内容を改善するだけでもかなりクレームの数は減りますし、反響率もよくなるケースが多くなっています。むやみに写真やイラストを多用しないことや、文字数を無駄に多くしないことも重要でしょう。これらに注意しておくとともに、やはりクレームの電話などに対する対応も大切になります。