FAXDMのテンプレートにはどんなことを書いたらいいの?

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

FAXDMのテンプレートにはどんなことを書いたらいいの?

FAXDMのテンプレートにはどんなことを書いたらいいの?

FAXDMを有効活用するために



自社で販売している商品やサービスを一人でも多くの人に知ってもらうためには、出来る限り多くの広告を配信しなければなりません。最近はインターネットなどの媒体も増え、より多くの方に広告を見てもらえる環境が整ってきていますが、FAXを利用した広告もインターネットが利用される前から活躍していた宣伝方法の一つで、現在も多くの企業が採用しています。とはいえ、その仕上がりによっては広告としての効果が落ちてしまうことも多く、ひどい場合は着信拒否されてしまい、広告を見てもらうチャンスすらなくなってしまうので、一人でも多くの方に見てもらえる工夫が必要です。

FAXDMを作成する際は、どのような中身にするかが需要です。当然、提供する商品やサービスについて記載することになるでしょうが、白黒印刷で紙面の大きさも限られている中で、どれだけ伝えたいポイントを記載するのかを考えておかないと、知ってもらいたい情報が書き切れず商品やサービスの魅力が一切伝わらないことも十分ありえます。更に言えば、不特定多数に送る広告の場合、企業のことを一切知らないケースも珍しくないので、過去の実績や利用者の声など、信頼を高めるための材料を用意するなど、細かいところにも気を配ることも大切です。

広告はデザインにも気を配る必要がありますが、FAXDMの場合は白黒印刷が基本となっているので、デザインもそれを考慮しなければなりません。例えば、原稿にカラーのイラストを使ったとすると、白黒印刷したときにはカラーが全て白黒で印刷されて、イラストの詳細が把握できなくなり、広告の魅力も損なわれてしまいます。そうした事態を防ぐためにも、広告のデザインは白黒のものを採用したり、見やすさにこだわったシンプルなものを選ぶようにするなど送られた側のことを考えたデザインを考える必要があります。そうした点を知るためにも、過去に作成された広告のテンプレートを参考にすると、初めて広告を作る際も、大まかな指針がある分効率良くオリジナルの広告を作ることが出来ます。



必要な情報をまとめる



商品やサービスの魅力を一人でも多くの人に伝えるためには、積極的に広告を配信するのが一番です。その方法も色々ありますが、昔から使われているのがFAXを利用したDMで、企業間はもちろん、個人向けの広告も多く目にすることが出来ます。こうした特殊な形式で配信される広告は、仕上がり次第で広告そのものの魅力が大きく変わるので、出来の良い広告を作ることが出来れば、おのずと商品やサービスの人気をより引き上げることが出来ます。

FAXDMを製作する際は、必要な情報をきちんとまとめることが大切です。広告なら当然商品やサービスの詳細を掲載することになりますが、その魅力を伝えるためには、出来る限りたくさんの情報を書くよりも、特に伝えたい情報をぎりぎりまで絞り込んで、大文字でその点を強くアピールするなど、一目見てインパクトのあるものにすることが重要です。広告で興味を引くことが出来れば、詳細を知るために連絡する機会が生まれやすくなるので、より魅力的な広告にするためにも、アピールしたい点は厳選して、よりインパクトが強く見えるように仕上げます。

広告を魅力的なものにすることは当然重要ですが、どんなに魅力的な商品でも、企業の情報が一切掲載されていないと本当に信頼できる企業なのかと戸惑う要因を作ってしまうので、広告を初めてみた方が安心できるように、商品やサービスと一緒に自社の情報も掲載するようにします。その際、社名や連絡先といった最低限必要な情報はもちろん、過去の自社の実績や利用客の評判といった情報があると、自然と信頼性が増し、より魅力的な広告にすることが出来ます。過去のテンプレートなども参考にしつつ、オリジナルの広告を作成してみましょう。



デザインはどの程度気を配るか



普段何気なく見ている広告も実際に作る側に回ると、色々な点に気を遣わなければならないことが分かります。広告の媒体によっては広告の形式を変える必要もあるので、現在のように様々な方法で広告を出せるようになった分、広告を使い分けることが重要になってきます。多くの企業が採用している広告の一つに、FAXDMと呼ばれるものがありますが、こちらの様式はどのように仕上げればよいのでしょうか。

FAXDMは、その名の通りFAXを利用して送付するDMで不特定多数の方に広告を送ることができ、現在も多くの企業が採用しています。広告を製作する際は、より魅力的な見た目にするためにも、デザインにこだわりたいところですが、印刷には相手側のインクが必要になることを考えると、変に凝ったデザインにしてしまうと送られる側があまり良い印象を持たない可能性もありますので、カラーイラストを使用してしまうと印刷後の仕上がりも汚くなってしまう可能性もあります。ですから、デザインは変に凝ったものにするよりも、伝えたいことを端的に伝えられるシンプルなもののほうが、よい印象を持たせることが多い場合もあります。

FAXDMのデザインに困ったときは、専用のテンプレートを活用してみるのも一つの案です。書籍として公開しているものもあればネット上で無料公開しているものもあるので、必要であればすぐにそろえることが出来ます。