FAXDMで集客をするための秘訣とは

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

FAXDMで集客をするための秘訣とは

FAXDMで集客をするための秘訣とは

FAXDMで失敗しないために



FAXDMとはFAXを利用したダイレクトメールのことであり、宣伝広告をFAXを使って行うものです。通常のダイレクトメールを使用する場合には印刷代やハガキ、封筒などの紙代、送料などがかかることからある程度の費用がかかるのですが、FAXを使ったダイレクトメールであれば紙代や印刷代を省くことができ、送料はFAXを送る際に発生する通信料のみとなるので費用対効果の高い宣伝広告として使用されています。郵送のダイレクトメールは開封率なども大きく関係しているのですが開封された状態でFAXを使ったダイレクトメールは届くので読む前に捨てられてしまう確率も低くなります。

通常のハガキや封筒を使ったダイレクトメールの場合は宛先となる住所が必要になりますが、FAXを使用するタイプなので電話番号が必要になります。そして相手側にFAXがあるのかどうかを調査しておくことが大切です。法人に対して送ることが多いのがFAXDMとなるので基本的には今まである名刺や商工名鑑などから送り先のリストを作成することになります。

次は原稿の書き方です。書こうと思えばいくらでも書くことができるのがFAXの良いところですが、伝えたいことをシンプルに書いておくことが重要で、これによって紙やトナーなどを相手側に無駄に消費させることを防ぐことができます。

またFAXを使用したダイレクトメールの場合は個人向けの商品やサービス、大企業や官公庁向けの商品やサービス、ターゲットとなる法人の絶対数が少ない場合、商品やサービスが比較的安価なものなどに関しては向いていない場合もあります。これはFAXを使ったダイレクトメールのリストが集まりにくいことが理由となっています。




FAXDMの反響を上げるための原稿の書き方



FAXを使用したダイレクトメールは、広く使われているハガキや封筒のタイプのダイレクトメールや電子メールを使ったダイレクトメールに比べると一般的にはあまりポピュラーなものではないと認識されていることもあります。ですが通信料のみでダイレクトメールを送ることができ宣伝をすることができる点では費用対効果が非常に高い紙媒体と言えるので正しいノウハウを持っていることでその効果を十分に得ることが出来ます。

正しいノウハウの中でも一番重要なポイントとなるのが原稿の書き方です。この書き方一つでレスポンスも変わってくるのでたかがFAXとは言っても重要な要素となります。

まず原稿を書く前に、誰に何を言うのかを明確にします。どんなターゲットにどんな切り口で商品やサービスを伝えるのか、というのが大切なポイントとなるのでターゲットや切り口がずれてしまうと反応を得ることは難しくなります。書き出しも、誰に何を読んでもらうのかを目立つように明記します。

次はキャッチコピーです。注意や興味を一瞬で興味を引く、続きを読みたくさせることが必要になります。読むのが面倒な紙切れになってしまっては意味がありません。キャッチコピーでは読む価値を案内します。

次にアイキャッチ画像です。文章だけでは読むのが煩わしいと思う人もいるので視覚的な観点から興味を持ってもらいます。そして本文です。ボディコピーとも言われキャッチコピーやアイキャッチ画像で興味を持ってもらった人に今すぐ購入したり、申し込みをしたりしなければならない気持ちにさせる必要があります。この後にお客様と約束する取引条件や申し込みや問い合わせの手段、今後のFAX不要の説明などを書いていきます。ここまでを基本的にはA4の用紙一枚に収まるように書きましょう。




FAXDMのメリットとデメリット



受信側が紙やトナーを使用しなければならないことから大量に送られてくると受信側にコストがかかるため時にはクレームとなることもあるので注意が必要です。低コストで宣伝広告が行えることから非常に優れた宣伝広告ツールとなるのですが、しっかりとした反応を得るためにはポイントを抑えてなければレスポンスも薄いものとなります。

FAXを使用したダイレクトメールのメリットは、郵送に比べて広告費を抑えることができる、開封率は100%、送ろうと思った時にすぐに実行することができる、送付先を特定の業種や職種に絞り込むことができる、送付日時を細かく設定することができる、レスポンスが速い、ワードやエクセル、パワーポイントなどで原稿を作ることができるなどがあります。

これに対して考えられるデメリットとしては、A4の用紙一枚に収まるようにすることがポイントとなることから文字数が限られてしまう、色彩を使うことができず白黒になってしまう、紙やトナーを相手側に負担させることになり、この場合大量に送るとクレームになることがあります。また、リストとして送り先にできるのは一般に公開されているFAX番号となることから、企業間取引のみとなります。さらに、小規模な組織に向いているので大規模な組織だと効果がない、などがあります。メリットはもちろんデメリットも抑えて使用することで回避することができるところもあり、FAXを使ったダイレクトメールの宣伝効果を最大限に得ることができるようになります。