FAXDMで経費削減!上手に活用する方法

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

FAXDMで経費削減!上手に活用する方法

FAXDMで経費削減!上手に活用する方法

FAXを使ったDM



たくさんの広告媒体がありますが、最近人気のDMがFAXDMです。FAXDMは、広告を出す側からすると、印刷のコストを削減できるだけでなく、配布に関する費用もかからないため、便利な広告媒体として人気です。しかし、DMとして不特定多数に送る事が多い為、受信する側がトナーと紙を消費するという点で、苦情を受けてしまうというケースもあり、使い方の工夫が求められています。

多くの場合、チラシを印刷して配布まで行うと、多額の広告費がかかってしまいます。そう考えると、コストをかけずに多くのDMを送付する事ができるFAXDMは多くのチラシなどで広告をうちたい企業にとっては、とてもうれしい方法となります。

不特定多数にDMを送信する場合、リストをどこから入手するかも問題となります。そのため、実際に抱えている顧客に対しての案内として使うケースが圧倒的に多く、多くの場合、企業など法人あてのDMとして活用されています。同じ用紙や印刷代がいらないDMとして、メールなどもありますが、法人むけのDMでは、圧倒的にFAXDMが支持されています。

これは、決定権のある世代の人が、メールなどのインターネットツールに慣れていないことも影響していて、いわゆる活字やFAX世代のためのスタイルと言えるでしょう。

メールなどのチェックを社長や上司が行う事は少ないため、法人の顧客獲得に効果を発揮するのが、FAXDMと言われています。写真や内容を駆使してつくるというよりも、目に留まる活字を前面に出して宣伝するものに効果があります。FAXなので、どうしても白黒の印刷としてでてきます。写真を使ってもつぶれてしまって良く見えませんが、FAXDMは活字を駆使して目立たせることが何より重要な広告となります。



コストを考えたらFAXDMは断然お得



FAXDMのいいところは、普通にFAXを送る要領でDMを送ることができる点です。通常のDMだと、自分たちですべて行う場合、配布物の準備、封入、宛先のラベルはり、郵送またはポストインという工程が必要になります。言葉だけみていると、簡単に見えますが、配布するためのDMは1000件以上出して、1件の反応があればいいくらい、送った分だけ反応があるとは言えないので地道な作業ともいえます。

特に、郵送する場合は郵送料がかかるだけでなく、配布物も含めて、一つ発送するのにもコストがかかるため、プラスにするためには、営業成果を上げる必要がでてきます。では、郵送のコストをかけずに歩いて配布する場合はどうでしょうか。これも、一人の人員で数千ものDMを配布するには、かなりの時間がかかります。そのため、勤務時間にすべてDMの配布のみを行っていては、人員分のコストや営業成果を上げるため、かなりの反響が必要という事になります。DM発送や配布までにかかるコストを考えると、FAXDMは記事を作成してファックスを送信すればいいだけなので、コストも時間の削減にもなります。

肝心の反響に関しては、そう多くの見返りがあるというわけではありませんが、全くDMなどの広告営業を行わないのと、行うのでは、営業成果に多少の影響はあるため、やらないよりもやったほうがいいという考えでFAXDMを行う企業が増えています。特に、大きな反響がなくても、コストがかかっていない分、赤字につながる事もないため、安心して使える営業ツールがFAXとなります。



クレームを招かないようにする事が必要!送る時は慎重に



ファックスがあれば、気軽にDMを送ることができるFAXDMは法人の新規顧客ゲットするのに、有効的に使える営業ツールとして企業に人気です。企業側のメリットとしては、やはりコストがかからない点です。今まで数百万かけて行っていた広告営業が、少しのコストで行う事ができるとなると、まずは試してみる価値があるのがわかります。しかし、良い事ばかりではなく、注意点もありますので利用する時には気を付けましょう。例えば、送る側がコスト削減になる分、受ける側が紙とトナーを負担している事になります。気軽に利用する事が出来る分慎重に行う必要があります。

また、企業に送っているつもりが、まちがいファックスなどで、一般家庭に送ってしまうと、これもクレームの対象になってしまいます。特に一般家庭に間違えて、夜間などおかしな時間に送ってしまうと、これもかなりのお叱りを受けてしまう事になるため、番号の登録をする場合などは、慎重に確認してから送る事が大切です。

このようなことを起こさないためにも、FAXDMのサービスを専門に行っている企業に依頼するというのも一つの方法です。最近では、実績があり信頼のおける専門企業も数多くあります。より効果を上げるためにも、ターゲットや原稿、配信のタイミングなどのノウハウを生かしたサービスを提供してくれる専門企業に任せてみてはいかがでしょうか。