FAXDMがひょっとしたら凄いかも 広告の手段を比較してみた

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

FAXDMがひょっとしたら凄いかも 広告の手段を比較してみた

FAXDMがひょっとしたら凄いかも 広告の手段を比較してみた

インターネット時代で注目されるツール



FAXDMという言葉が耳慣れないという人もいまだ多くいるのではないでしょうか。しかしながら、最近では特に注目を浴びているマーケティングツールとなっています。それはFAXを通してDM、つまりダイレクトメールを送って、新しい顧客を開拓しようとするものになります。アメリカでは日本以上にマーケティングツールとして有効的に活用されていますが、日本でも段々と活用する企業も増えて来ており、これから大きな利用価値を見いだす企業も多くなっていくことが見込まれています。

現代社会においては、インターネットの普及によって、マーケティング広告はチラシやハガキなどから、メールをはじめとするインターネット経由での形態へと変化していくことになりました。しかし、インターネット上の広告というものも、当たり前に流れすぎているがゆえに、見る人が特に気に留めないということがありえます。あるいは、多くの人がアクセスするサイトに広告を掲載したとしても、不特定多数が閲覧するために、ターゲットを十分に絞った戦略がとれなくなり、せっかくの広告があまり効果を発揮しないということも考えられます。広告がひたすら流れていても注目されないまま削除されてしまうことも十分考えることが出来るでしょう。それから、インターネットについてはまだまだウイルス感染への警戒心を抱かれることもありますし、インターネットの広告が絶対と思えばそこには大きな落とし穴があります。

そこで今、インターネットの他に何か広告の手段はないものかということを多くの企業で考えているようです。FAXDMのシステムが見直されているというのも、そのシステムは効果の面でインターネットの上をいく新しいシステムとしても考えることが出来るからなのです。まず広告というものは見る人たちにとって心地のいいものであるべきだと考える人が多いです。見て心地のよいものは、きっと自然に購買意欲へ繋がるはずです。



アナログ的手法が功を奏すことも



FAXDMにはメリットも多く、安くて、早い、簡単と三拍子揃っているのがこのシステムの魅力です。電話や郵送DM、訪問営業と比較しても費用はかかりませんし、スピーディーに送れるのも魅力ですが、顧客がどれだけ関心を持ってくれたかということもスピーディーに察知することが出来ます。準備についてもとても簡単ですし、実際に使ってみればまだまだいろいろと個別にメリットを感じることもあるのではないでしょうか。

時代に即したマーケティングツールといったときに、多くの人はインターネットを通じた広告のことを思い浮かべるのではないでしょうか。確かにインターネットの広告が効果的な場面もあるかもしれませんが、例えばメルマガを送ったもののメールが開かれないままというケースも多々あります。どんなに効果的であろうメールが届いても、迷惑メールと思われては、無視されてしまう可能性が非常に高くなります。

その点で比較すると、FAXDMという選択では開封率を100パーセントにすることが出来ます。なぜならそもそもFAXというものは届く時中身が丸見え状態で送られてくるからであり、すぐに片付けようと思われたとしても一度は中身を確認してからということになります。したがって、インターネットの広告より内容を見てもらうことが出来る確率も高くなる可能性があります。



現代社会でさらに一歩先を行くには



チラシのポスティングや郵送によるDMという方法もありますが、これらはFAXDMと比較してどのようなことが言えるのでしょうか。チラシやDMの場合は紙代や印刷代に加えて、人件費や郵送代の費用などが必要となりますが、配布したものがニーズとマッチしないことも多々考えられるため、その場合に目を通されることなく捨てられてしまう可能性は否定できません。

そこで、ポスティングよりはインターネットの時代ではないか、と考える人も多いことでしょう。しかしながら、先述したような情報のロスが多いと予想されることもありますし、インターネットが発達しているからインターネットの広告にしようと決めるのは少し早急かもしれません。そこで、時代の盲点を突くような広告の方法を敢えて開拓するのも良いのではないでしょうか。その方法こそがFAXDMであるといえます。更に他のマーケティングツールと比較を進めてみると新しい発見があるかもしれません。

テレマーケティングといった方法を考えると人件費や通信費がかかり、訪問営業では人件費に加え交通経費などを考慮しなければなりません。そのときFAXDMという選択肢は、遙かにコストがかからない方法だと気づくことになります。このシステムを選択することで、原稿と宛先リストをセットすれば、短時間に大量の宛先へとアプローチすること出来るのです。このような一見アナログ的とも思えるツールが、実は現代においてとても利用価値の大きいツールとなっている点を見過ごすことはできません。現在では、既に一歩リードした企業などが、自社のサービスや商品の紹介や、セミナー・イベントの案内や会員募集、アンケートなどのシーンで有効的に活用をしています。