FAX営業で売り上げを拡大する方法とは何か

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

FAX営業で売り上げを拡大する方法とは何か

FAX営業で売り上げを拡大する方法とは何か

便利なコミュニケーションツールにもなる



FAX営業することで企業などで売り上げの拡大を見込めますし、企業が掲げるミッションなどがスムーズに進むようになります。FAX営業の形は、デジタル媒体がそれぞれにある企業同士の間での情報伝達としての方法として幅広く広がりを見せています。紙を使った方法で情報の伝達をすることで目で見て分かり、さらに後に残るものとして現在では注目を浴びている営業方法です。FAX営業は、コミュニケーションの広がりも確実なものにしていきます。

例えば、お客さまと直接話をするような場では効果を高めるために受ける側がうれしくなるようなファックス、また、サービス業の分野ではさまざまな情報の配信の効率や作業にかかるコスト削減、システムの合理化を目指すなどが可能になります。保守的な部分で考えると、利用するお客さまの要望に迅速に応えることが可能です。FAX営業に関しては、自社でファックス送信のインフラシステムといったものを開発し、さらに保有している会社が安心して利用できるものです。自社でしっかり保有していることが信頼と安心を利用するお客さまに与えています。

このように信頼することができる会社を利用することで、一度だけではなく継続して利用していけることになります。システムを稼働するためには、サーバーの移行が必要ですし、さまざまなウイルスから機器を守るためにセキュリティの強化も必要です。このようなことも自社保有をしている会社では行うことができます。効率よくファックスを使うことで営業成績も上がり、売り上げのアップにもつながります。このような方法で営業をしていくことで、さまざまな人脈をもつことも可能になり、コミュニケーションのツールとしても利用できます。



テンプレートの無料提供



ファックスを用いて営業を行うには、情報内容に合わせてテンプレートなどもあれば情報がさらにわかりやすく相手に伝わります。さらに会社で必要な内容を重視させて使いたい場合には、その内容に合わせたものを提供します。利用者がつくった原稿に関しても添削などを無料で行うサービスもありますし、配信した後のさまざまな結果に対して次の原稿はどのような部分を改善したら良いのかなども提案も行います。

利用する目的やそのターゲットに適した形で、原稿の構成案を提案しそして制作まで行えることで利用者側には大きな負担がかかりません。会社がアプローチをかけたい相手に対して、どのようなリスト作りをしていけば良いのかなどのノウハウもしっかりアドバイスをしますし、作成が困難であれば案の提案をしながら手伝いも行いますので安心して利用できます。また、送信する際に相手側に迷惑をかけない時間帯などにしたいときには、どのような時間帯が最も適しているのがなどのアドバイスもしてくれます。ターゲットにできるだけ合わせた時間帯に情報の配信を行うことが大切です。

このような方法を利用する場合の料金は、初期費用や基本料金、月にかかる料金は発生せず、ファックスを送信するときにかかる送信料のみの課金になります。また、送信時に何らかの問題でエラーが出てしまった場合には、送信料は発生しませんので安心です。エラーの場合は、その理由のレポートがでますので確認が必要です。さらに配信料金をできるだけ安くしたいと希望する場合では、原稿やそのボリュームまたは用途によって使い勝手を良くするためのいろいろなプランが提供されますので、個々にあった方法を選ぶ事が可能です。



配信のやり方



FAX営業は、特別なシステムや新しい機器の導入などは必要ありません。インターネットの環境があり、接続するパソコンがあれば送信が可能になります。また、配信する時には、自社の回線を利用すると思う人も多くいると考えますが、自社専用の回線ではなく配信サービスを行っている会社の回線を利用して、一斉配信を行う形になります。配信サービスについては、すぐに相手に配信したい場合の即時配信も可能ですし、10分間隔さらには1年先と言った指定までできますのでとても便利です。配信を行う場合の1回あたりの枚数ですが、これも1案件で最大15万件まで配信ができますので、多くのターゲットに迅速に配信可能です。また、配信する元の原稿に関してさらに何か差し込みを行いたい場合も、自由に差し込みを行うことができます。

ファックス配信を行う場合には、相手先のデータが必要ですが配信可能な形式も教えてもらえますので安心ですし、届かない場合にはその理由は何なのか、また宛先はどこなのかを確認することができます。自社で作った原稿で、何らかのアドバイスを求めたい場合でも、原稿を送信することでアドバイスを受けることができます。配信を行っていく中で、どうしても効果が思うように出ない場合は、さまざまな要因が考えられますので、その点はこれまでの配信した経緯を伝えてから過去にあった事例などを参考にしながらノウハウを伝達して改善できるように提案をします。

また、中にはクレームを出してくるターゲットもいますので、そのような場合では配信の停止が行えますし、再開も連絡すればできます。