FAXのDMの豆知識やクレームが発生しないための方法

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

FAXのDMの豆知識やクレームが発生しないための方法

FAXのDMの豆知識やクレームが発生しないための方法

FAXのDMを活用して利益を得よう



近年では、多くの企業がDMを活用しています。世の中にはいろいろな種類が存在しているので、企業によって送り方や方法は異なります。活用することで売り上げを伸ばすことができるなど、魅力的な部分はたくさんあります。その中でもFAXを活用することでさらにメリットが得られます。実際に活用について検討している方も多いでしょうが、メリットの部分を知っておいた方が効率よく利益を得ることができるでしょうから、利用したいと検討中の方や利用が初めてという方はまずそのメリットについて理解をしておきましょう。

まず、1つ目に知っておきたいメリットは高い確率で開封してもらえることです。なぜ、開封率が高いのかというと、そもそもFAXは封筒から出す動作は必要ありませんし、開けるという動作がありません。そのため、不要だという場合でも受け取った人が内容を確かめてから捨てることになります。企業によっては見てもらいたくても開封率が低いことで悩んでいるケースも多くなっていますから、開封率を上げたいと思っている場合には活用することで高い確率で見てもらうことができます。

続いて2つ目に知っておきたいメリットは、格安で配信することができることです。FAXは開封率が高くなるだけでなく、他のDMに比べると格安で配信できるメリットが存在しています。郵送タイプの場合は発送をしなければならないのでその分送料が必要になりますが、1通あたり約数十円から数百円ほどかかる場合があります。発送する枚数が少ない場合にはそれほど費用が高くなるということはありませんが、大量に発送をするとなるとそれなりに費用が必要になります。しかし、FAXの場合は発送をする必要はなく、送信するだけになるので、1通あたり数円ほどで送ることが可能になります。他のタイプと比べても安く抑えることが可能になっているので、安くしたいと思っている場合にはFAXの利用について検討してみると良いでしょう。

その他にも3つ目に知っておきたいメリットとしては、継続した反応が得られる可能性が高いことです。例えばメール広告などは今では人気を集めていますが、基本的に配信してから数日後には他のものに埋もれてしまう可能性が高くなります。反応が合っても数日から数週間程となっていますが、FAXならチラシを相手に届けることができるので。モノとして残すことができ、埋もれてしまうことはなくなります。保存することが可能なので、興味を持ってもらえれば継続的な反応を得ることが可能です。

このように、知っておきたいメリットについて3つ紹介しましたが、利益を上げるためには数多くある中のDMから効果的なアイテムを引き出さなければなりません。その中でもFAXは企業にとって役に立つアイテムなので利用している会社は多く存在しています。



効果を得るためには作成の工夫をしよう



DMを活用したいと思っている企業は作成をして配信をする必要がありますが、作成方法によって効果が得られる企業と得られない企業が存在しています。効果を得るためにはそれなりに知っておきたいポイントがあるので、コストを無駄にしないためにもここでは作成をする時に知っておきたいことについて説明します。

まず、誰に送るのかを明確にすることが大切です。例えばバイクなどの宣伝をしても必要としている職種と全く必要としていない職種が存在しています。そのため、企業だからといっても適当に送ってしまうと全く効果が得られない場合もあります。コストを有効活用するためにも必要としている企業かどうかを確認してから配信をすることが大切になります。

また、配信をした後には振り返りをすることも効果を得るためには重要なポイントとなります。ただ単に送るだけではさらなる効果が見込まれない可能性もあります。送り終えた後は反応率を見て、ダメなら諦めずに振り返りをして、また実行することで反応率は変わる可能性が高くなります。振り返りなども忘れないようにしましょう。



FAXのDMでクレームが発生しないための工夫



FAXに限らずDMはマナーがないと相手に迷惑をかけることもあり、クレームが発生する可能性もあります。例えばFAXなら相手側のインクや用紙を使用することになるので、何枚も連続で配信をしてしまうとクレームにつながる可能性が高くなります。

では、クレームを発生させないためにはどのような工夫をすれば良いのかということですが、大切なこととしては負担を減らすことが重要になります。例えばインクはカラーでベタベタ使用してしまうと迷惑になることがあるので、白黒で印刷するようにすることが大切になります。負担に思われてしまうとクレームにつながる可能性は高くなるので、注意しておくことが大切です。

また、送る時間帯も重要で、なるべく朝方や夜中に送るようなことは避けるようにしましょう。送る時間はなるべく人がいる時間帯で送ることが大切です。