DMを活用してセミナー集客をしよう

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

DMを活用してセミナー集客をしよう

DMを活用してセミナー集客をしよう

セミナー集客を成功させるためのポイント



近年では、セミナーを行う人たちが増えてきています。しかし、セミナーを開けば大勢の人が集まるとは限りません。たくさんの人を集めるための有効な方法はいくつかあります。その中でも有効的な方法としてDMを活用することが挙げられます。

DMを活用することで宣伝が可能になるので、興味のある人たちを呼べる確率は上がってきます。さらに、宣伝することができるので、この機会にDMを活用したいと思っている人も多いと思いますが、DMを活用すればたくさんの人たちが集まるとは限りません。セミナー集客のためにはいくつか知っておきたいポイントがあります。今回は、後悔しないためにも知っておきたいポイントについて紹介します。

まず、1つ目は目的の整理を行っているかどうかの確認です。例えば、セミナーへの参加が目的なのに他の情報も入れていては内容を理解されない可能性が高くなります。ピンポイントで目的の事柄をしっかり伝えられるように、しっかりと目的の整理を行いましょう。目的を整理することで何をさせたいのか読み手にもわかるので、効果を得やすくなります。作成する際には、目的とゴールをしっかりと設定するようにしましょう。

続いて、2つ目はターゲットを絞るということです。例えば、セミナーの場合はどのような人たちに集まってほしいかということを事前に決めておくことが大切です。例えば、業種を絞るだけでも違ってきます。セミナー主催者はIT関係の話をするのに、関係ない他の業種の人たちが集まってきては意味がありません。多くの人を集めればいいというわけではないため、ターゲットは事前に絞ってからDMを発信しましょう。

続いて、3つ目のポイントとしては原稿作成です。もしファックスを活用してDMを発信するのであれば、基本はA4サイズの用紙に白黒で表現を完結させる必要があります。他の郵送タイプのDMを比べるとデザインを派手にすることができないため、原稿作成は重要になります。どのように作成すればインパクトを与えられるのかを確認することは重要になるので、原稿作成も重点的に考えるようにすると良いでしょう。

このように、今回はセミナー集客させるためのポイントについて一部分ですが紹介しました。集客させるためには重要なポイントを理解しておく必要があるので、DMを配信する前に重要な点は事前に調べておくと良いでしょう。



ファックスDMで後悔しないために



セミナー集客のために、ファックスDMを活用している人たちもいるのではないでしょうか。その場合、何も考えずに配信をすると後々大変な思いをすることもあります。安心・安全に送信するためには知っておきたいポイントがいくつかありますので、今回はセミナー集客を成功させるためにも、ファックスDMで守りたいことについて紹介します。

まず、1つ目は相手側の負担を減らすということです。ファックスDMは、郵送タイプとは違い、基本的には受信側のプリンターの用紙とインクを使用することになります。受信側の用紙やインクを必要以上に使うと負担が大きくなるので、最低限の枚数で抑えることや、負担にならないような原稿作りが大切となります。

また、2つ目は不快な思いをさせないことが大切です。基本的に、ファックスは番号を入力して送信することになりますが、番号を確認せずに送信すると間違えて送信されてしまうこともあります。間違えて送られてきた側は不快な思いを抱くこともあり、企業にキズが付くかもしれません。迷惑をかけないためにも、番号はしっかりと確認してから送信しましょう。

このように、セミナー集客を成功させるためには守っておきたいポイントがいくつかあります。しかし、今は代行業者もありますので、企業を通すことでそのような心配が無くなることもあります。



DMの代行業者を選ぶときのポイント



セミナー集客のためにDMを活用しようと思った場合には代行業者に依頼する人たちが多いと思いますが、代行業者と言っても色々ありますので、選び方にもこだわった方が良いでしょう。

では、実際に選ぶときに知っておきたいポイントの1つ目としては実績です。どれだけの数のdmを扱っているのかなど実績は事前に調べておくことが大切になります。実績は、ホームページなどで確認できる場合もありますので、くまなくチャックしてみましょう。

続いて2つ目は、効果向上のノウハウを知っているかどうかの確認です。効果向上ノウハウを知っていれば、より早い期間で効果が得られる可能性が高くなります。セミナー集客を成功させたいと思っている方は効果向上ノウハウを知っている代行業者に依頼すると良いでしょう。中には、テンプレートの無料提供や赤入れ添削をしている企業もあります。

テンプレートが準備されていれば、それを元に原稿を作っていけばいいですし、添削してくれるのであれば、作成側では気付かなかったこともプロの目で見ることで不具合を発見できることも考えられます。