DMを取り入れるならファックスを利用しよう

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

DMを取り入れるならファックスを利用しよう

DMを取り入れるならファックスを利用しよう

ファックスDMのメリットとは



DMには、はがきやEメールなどその他にも方法は数多く存在していますが、その中でも今回はファックスでのDMについてのメリットを紹介していきます。

まず、一つ目のメリットは人の目につきやすいということです。例えば郵送やEメールを利用する時には開封をしなければならないというハードルが存在しています。ターゲットに発送をしたとしても見られないこともあるため、色々な対策方法を考えていく必要があるのですが、ファックスのDMに関しては基本的に原稿の中身が元々開封されている状態で送られてくるので、人の目につきやすいことがメリットです。受け取った人は開封をせずに捨てるのではなく、元々開封がされているので内容を見てから必要か不要かの判断をすることとなります。その為、開封率は高く、サービス内容など企業の宣伝をする時には非常に効果的なアイテムです。

続いて二つ目のメリットは郵送などに比べるとコストを安く抑えられることです。郵送の利用には基本的に一通当たりのコストは数十円から数百円ほどかかると言われており、数多くのお客様に郵送をするとある程度の費用を用意しなければならないので負担も大きくなります。ファックスを利用して専門で行っている企業に依頼をすれば郵送よりも10分の1の料金で済ませることが可能です。費用の負担も小さく、効果も得やすくなっているため、利用している方が多くなっています。

最後に三つ目のメリットですが、手間がかからないことです。例えば郵送を利用する時には発送の作業もありますし、郵送の時間もかかります。アプローチを得るためには少々時間がかかりますが、ファックスを利用したDMなら内容さえ決まっていれば即日に全ての送信が可能です。その日のうちに反響を得られる可能性もあり、魅力的となっています。



反響率を上げるための方法



ファックスのDMを利用する際に最も大切となるのが反響率です。DMをするにあたって必ずしも反響率を上げられるという保証はないので、工夫をして送信することが大切です。では、具体的に反響率を上げるためにはどのような対策をするのが良いのでしょうか?今回はその方法について紹介をします。

まず、一つ目は配信するターゲットを明確に決めるということです。例えばサービス内容を宣伝する際に誰に使ってもらいたいアイテムなのかと言うことを考えるのは大切です。例えば20代に宣伝したいのにそれ以外の年齢にも配信をしているようでは20代以外のターゲットは興味を持たない可能性が高くなります。どの年代にマッチしているサービスなのかについてをしっかりと考える必要があります。ターゲット層を絞ることは反響率を上げるための第一歩です。

二つ目のポイントは、時期を考えるということです。ファックスを利用してDMを送信する時には仕上がったら送信するという方法では意味がありません。効果が得やすい配信を心掛けましょう。例えば、企業向けに送信をする場合、送信する企業の営業時間は重要です。例えば朝の5時や夜中の12時に送信をしたとしても人目につくことはありません。少なくとも営業時間内に送ることが大切です。反響率を上げるためにはタイミングも重要なので、営業時間内のできる限り忙しくない時間帯を狙うようにしましょう。

このように、今回は二つのポイントについて紹介をしましたが、最低限の情報は知っておいた方が反響率を上げやすくなります。ファックスのDMは効果的と言われているので、反響率を上げられるように工夫をしましょう。



ファックスDMを専門的に取り扱っている企業の選び方



ファックスDMを導入しようと思った時には代行してくれる企業を選ぶことが大切ですが、企業によっても得意分野としているDMは異なってきます。今回はファックスについてを取り上げて効果を得るための専門的に取り扱っている企業の選び方について紹介します。

まず、一つ目は反響率を上げるための方法を詳しく知っているかです。DMを代行してくれる企業の選び方は、送信してくれる企業ではなく、反響率を上げられるかがポイントです。その為、反響率を上げるための方法を知っている企業を探すようにしましょう。

二つ目は費用です。最近では企業もコストカットが重要な時代で、DMにかけられる費用も少なくなっている企業もあるかもしれませんが、その中でも費用を格安で抑えられるところもあるので、費用の面もこだわって選ぶと良いでしょう。

効果を得るためには代行してくれる企業の選び方も重要なので、失敗しないためにもこだわって選ぶようにしましょう。