見込み客獲得などを目的にFAXDMを送りたい場合には

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

見込み客獲得などを目的にFAXDMを送りたい場合には

見込み客獲得などを目的にFAXDMを送りたい場合には

この先FAXDMを送りたいと考えている方に役立つ情報を



インターネット時代と呼ばれる昨今、企業間の情報伝達を行うために、WEBなどのデジタル情報媒体を利用するケースが多くなっています。その一方で、FAXなどを代表する紙媒体にも独特の訴求効果や情報伝達能力があり、依然として一定のニーズを保ち続けているのが現状です。

これから、見込み客を獲得するなどの目的でFAXDMを送信しようという場面では、FAX一斉配信事業を手掛けている専門業者を利用するのも1つの選択方法です。ただ、そのような条件に当てはまる会社も数多くありますので、業者の選び方にも気を配ることが大切です。

例えば、長い歴史を持ち豊富な実績を上げて来た会社は、おのずと信頼性が高くなります。そうした業者を利用すれば、売り上げの拡大が可能な場合もあり、さらに、ミッション遂行のサポートを行ってくれる可能性も考えられます。また、合理的なシステムを構築し、効率が良い配信やコスト削減を実現するべく、より良いサービス提供に励んでいる会社も利用価値が高くあります。他には、受け取った時に嬉しいと感じるFAXDMをつくり出すべく、一人ひとりの顧客の適性やニーズ、希望条件にマッチしたサービス提供に努めている業者も選択肢として入れても良いでしょう。



FAXDMを送る際の費用対効果を良くするためには



見込み客の獲得などを目的としてFAXDMを送信するためにも、当然ながら費用は掛かります。そして、コストを投じたからには、それに見合った成果を期待するのが当然のことです。そのように、FAXDMのコストパフォーマンスを良くするためには、専門の業者によるサポートを受けるのもおすすめの方法になります。

特に、事業をスタートしてから長い歴史を歩んで来た会社は、その豊富な実績から導き出されたノウハウや蓄積されたデータに基づいて、FAXDMの効果的な送り方を提案してくれるところもあります。一口にFAXDMと言っても、反響の出やすい原稿や発送方法のトレンドなどの条件は常に変化し続けています。そのような状況の中で、FAXDMを送る際の適切な方法を見つけ出すためには、豊富な実績を持つ信頼性の高い業者からサポートを受けるのもよいでしょう。中には、無料でアドバイスを行っている会社もありますので、あらかじめそういった業者を選んでけば、さらに気軽に利用することができるのではないでしょうか。

FAXDMの効果を高めるためには、まず何を目的として発送するのかを明確にすることが大切です。FAXDMを送る目的は「自社の提供するサービスの資料を請求させる」「何らかの商品を注文させる」「セミナーの案内などを行う」などさまざまですが、FAXDMを作成するにあたっては、それぞれの目的に見合った内容を記載することが大切になります。ですから、FAXDMの目的を設定する際には、受け取った人に、どのようなファーストアクションをさせるのかを明確にすることが大切です。

このように、FAXDMを送る目的さえはっきりすれば、全体的な反応率を向上させることも可能です。もし、即座に効果が得られなかったとしても、DMの内容に興味を持ち、後から顧客になってくれそうな人を抽出することができる場合もあります。



目的やターゲットを明確に設定することで見込み客を獲得



FAXDMを送る場面では、全体の反応率を高めたり見込み客を獲得したりするために、発送の目的を明確化することが大切だと述べましたが、目的を明確化した後は、ターゲットを設定するステップへと移ります。こちらのステップでは「外的な情報」や「内的な情報」という2つの観点から、ターゲットの切り分けをするのがポイントとなります。

外的な情報とは、業種や地域、経営規模や売り上げなどの情報、内的な情報とは、人や会社の抱えている課題や、抱いている理想などの情報のことを意味します。それらの観点から、ターゲットの切り分けをしっかりと行えば、それだけFAXDMの原稿をスムーズに、スピーディーに作成することが可能となる場合もあります。

ターゲティングを行うためには、従来の成功事例を踏襲するのが最もシンプルな方法と言えます。これから発送するFAXDMで案内する商材が、今までどのような顧客層に一番売れ行きが良かったかを調査し、それと最も近い層を抽出すれば、従来と同様の成果が上がることが期待されます。

また、それぞれの顧客が抱えている課題の仮説を立て、それに基づいて新たなターゲットとなる顧客層を抽出するという方法もあります。こちらの方法では、的確な仮説を立てることが最重要の課題となります。とは言うものの、場合によっては、これと言った仮説を1つに絞り込めないということもあり得ます。そのような問題を解決するためには、複数の仮説を立て、それぞれの仮説に基づいて抽出したターゲット層にFAXDMを配信し、一つ一つの層の反響率を比較・検討するという方法があります。そうした反響率のテストをするためのコストや時間の負担が軽くて済むのも、FAXDMのメリットです。そういった検討や比較が見込み客の獲得につながる場合もあります。