営業メールを送りたい方へ

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

営業メールを送りたい方へ

営業メールを送りたい方へ

アポイントが取れる営業メールのコツとは



営業において、ビジネスメールでアポイントを取るというのは決して簡単なことではありません。しかし、アポイントを取るためのコツについてしっかりと理解をしておけば、通常よりもアポイントが取りやすくなるので、これから営業メールを送りたいと思っている人はそのコツについていくつか挙げますので参考にすると良いでしょう。

まず1つ目に大切なのが、件名を魅力的にすることです。基本的に、アポを取りたい相手は毎日大量のメールに目を通しており、その数多くある中から自分のメールを選んでもらってアポイントの対応をしてもらうためには、まず相手の目に留まる件名かどうかを確認しなければなりません。基本的にありがちな件名としては「アポイントのお願い」などという打ち方をする人がいますが、内容が伝わりにくいため、件名だけで具体的なアポイントが分かるような書き方をするようにしましょう。

続いて2つ目に大切なのが、営業メールは前半部分に内容を詰め込むことです。例えばメールを開封してみたら長々と文章が書いているというのでは、用件を把握しにくくなります。相手側は基本的に興味のないメールは最後まで読まないことが多いため、興味を持ってもらうためには前半部分で自己紹介や用件を済ませるようにするといいでしょう。

そして最後には、返信をさせたくなるような送り方をするとアポイントが取りやすくなると言われています。また3つ目に大切なのが、具体的に日程の提示をすることです。営業メールというのは、基本的に何度もやり取りをすると相手側が興味を持たなくなってしまうため、相手からの返信が来たら日程まで提示して送るようにしましょう。詳細な情報が分かれば、アポイントや仕事の獲得がしやすくなるので、なるべく早い段階から具体的な日時を提示しましょう。

その他に4つ目に大切なのが、相手側にとってのメリットを伝えることです。営業メールでは基本的に相手側にとってメリットがないと思った場合は、興味を持ってもらえません。メールの文章にはできる限りメリットとなる部分を入れて送るように心掛けましょう。このようにコツとしては大きく分けると4つあります。特に何から始めたらいいのか分からない人は参考にしながらメールを作成するといいでしょう。



営業メールでのマナーについて



営業メールを送る時には、相手が不快な気持ちにならないようにするのが基本中の基本です。不快な気持ちになってしまうと、ほとんどの確率で成功することはありません。しっかりと仕事を獲得するためにはマナーが大切なので、ここでは基本的なマナーについて話します。

まず気をつけたいマナーとしては、顔文字の使用は控えることです。基本的に営業メールは初対面の人に送ることもあります。いきなり顔文字が付いていると、馴れ馴れしく思われて警戒されてしまいますし、不快に思う人もいます。特にビジネスでは顔文字を使用することは少ないため、気を付けるようにしましょう。

続いてのマナーは「?」や「!」をむやみに使わないことです。基本的に、はてなマークやビックリマークは相手に軽い印象を与えてしまうと言われていますし、上から目線だととらえられてしまう可能性もあります。これに関しても不快な気持ちにさせてしまうことがあるので、はてなやビックリマークは使用せずに、基本は「。」を使うように心掛けましょう。

続いてのマナーとしては、件名を雑にしないことです。文章をしっかりと書けばいいと思っている人の中には、件名は「アポイント」や「お願い」などと雑に付けてしまう人もいます。メールでは、基本的に最初に目につくのが件名なので、一番真剣に考えた方がいい部分になります。雑に決めるようなことはしないように心掛けましょう。その他にも基本的なマナーとしては、改行を適宜行うことです。中には改行を全くせずにメールで用件を伝える人がいますが、改行をしないと読みにくくなるため、適切に改行は行った方がいいと言われています。特に営業メールでは読みやすくする工夫が大切になるので、改行は行うように心掛けましょう。



営業メールの内容で大切なポイント



営業メールの文章に関して、どのように作成したらいいのか不安だと思っている人もいるでしょう。作成のポイントとして大切なことがいくつかあるので紹介します。まず営業メールを作成する時には、目的の整理は事前にしておきましょう。

例えば、送った相手がメールを見てサービスを使ってほしいのか、アポイントを取りたいのか、資料請求をしたいのかなど目的が明確に分からないと、興味を持っていてもどうしたらいいのか分かりません。送る時には相手にどのような反応をしてほしいのかというのは大切になるので、しっかりと反応を得るためにも目的の整理は具体的に行いましょう。

続いて、作成の時に大切なのがターゲットをしっかりと絞ることです。営業メールは数多く送れば誰か見てくれるのではないかと思っている人もいるでしょう。確かに多くの人たちに送ることでたくさんの反応を得ることができることもありますが、誰あてなのかよく分からないメールアドレスにたくさん送っても意味がありませんし、クレームに繋がることもあります。その為送る相手は絞って送信するようにしましょう。