メリットがたくさんあるFAXDMでスマートなアプローチ

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

メリットがたくさんあるFAXDMでスマートなアプローチ

メリットがたくさんあるFAXDMでスマートなアプローチ

FAXDMは見てもらえる可能性が高い



自社の商品やサービスをアピールするとき、どんな手段を選ぶでしょうか。直接営業しに行ったり、メールをしたり、電話をかけたり、たくさんの方法があり各企業がありとあらゆる手段を使って営業に勤しんでいます。しかし、どの手段も門前払いになったり電話であれば担当者につないでもらえなかったりすることも少なくないでしょう。最近はセキュリティもしっかりしている企業が多いですから、メールであれば迷惑メールの扱いになって、受け取ってもらえない可能性もあります。これでは、せっかく準備したのに自社をアピールできないままに終わってしまいます。

これを解決してくれるのが、FAXDMです。FAXというとアナログに感じる方もいるかもしれませんが、実はとっても便利なアイテムなのです。FAXはメールなどに比べてずっとメリットがある手段です。ここではFAXDMで営業することのメリットをご紹介します。FAXはほとんどの企業が利用しているアイテムです。見積書や契約書、資料等を送ることもあり、非常に重宝されているものになっています。こうした重要書類も含まれているものであるゆえに、FAXで送信すれば必ず担当者がチェックしてくれます。メールのように宛先や件名だけで削除されたり、電話やあいさつで内容を言う前に切られたりすることがありません。これは営業にとって、とても有効な手段であるといえます。

直接届くという意味では、もちろんFAXでないDMもありますが、こちらもメールなどと同じです。もし明らかに営業目的であるようなDMが届いたらどうでしょうか。中身も見ずに捨ててしまう人もいることでしょう。FAXDMであれば、相手に必ず届く上に、1枚であればさらっとでも目に通してもらえます。少しでも目にとまれば、他の手段よりは有効な手立てと考えられます。



短時間でアプローチの効果が得られる



DMを作ったり直接アプローチしたりする場合は、とにかく時間を要します。DMは発注して宛名を作って封入して・・・と段階を踏めば1週間以上かかってしまう可能性もありますし、直接行くのであれば資料作りは欠かせません。しかし、FAXならどうでしょうか。FAXの番号さえ入手し、原稿があればすぐにでも送ることができます。他の手段に比べて確実であるだけでなく、すぐに行動に起こせるところもまた、FAXのメリットです。

例えば期間限定のサービスや商品を宣伝したいときに時間がかかってしまっていては、旬の時期を逃してしまうかもしれません。ビジネスはスピードが重要ですので、スマートに事業を展開するためにも、FAXを使うことは決して無駄にはなりません。

また、こちらがすぐに行動を起こせるというところもありますが、相手の反応がすぐにもらえることも重要なメリットになります。たとえばメールやDMで送ったとして、相手の反応がなかなか無いことが多々あります。これはメールやDMが他の大量のセールスと一緒に埋まってしまっている可能性があるからです。あるいは、いつのまにか処分されているということもあるかもしれません。せっかく送っても、見てもらえないのであれば意味がありません。その点、FAXはすぐに見てもらえ相手から反応をもらえる可能性が高いです。こうしたことからもFAXによるDMのメリットがうかがえることでしょう。

メールアドレスは公開していなくても、FAXの番号は公開している企業がほとんどです。相手先の情報を集める上でも、FAXの方がより効率よくスムーズに入手できプライバシーの問題などにもならずに済みます。



コストがほとんどかからない



コスト面でも、FAXでDMを送るメリットがあります。たとえば、直接DMを送るのであれば、そのデザインや中身に時間とコストをかける必要があります。プロの印刷業者を通し、きちんとしたものを作らなければなりません。また、宛名も作成しなければなりません。大量に送るのであれば、一通一通宛先を書き、はがきであればそのまま送れますが大きな紙の場合は封筒に入れて送る作業が発生します。こうしたものに手間をかけていればそれなりにコストがかかってしまうこともすぐに分かります。

しかし、FAXDMであればどうでしょうか。FAXはA4用紙1枚で送ることができます。最近では、利用者が作った原稿に関して添削などを無料で行ってくれる業者もあり、1度配信した後に次の原稿はどのような所を修正するべきかなどの提案を行ってくれます。利用する場合の料金は、初期費用や基本料金、月額料金は発生せず、FAXを送信するときの送信料のみ課金されます。封筒に入れる手間もないですし、わざわざ投函する必要もありません。1通にかかるコストは、DMを作って送るときよりもはるかにお手頃になるでしょう。

こうしたたくさんのメリットがあり、FAXDMを送ることはとても便利な手段であるといえます。しかしながら、FAXの場合、相手が受信料を払って受け取ってくれるので、あまりにしつこく送ると悪い印象を与えかねません。また、紙1枚で送信できることから直接資料を渡したり細かいDMを送ったりすることに比べると、情報量が少なくなってしまうのも事実です。送りっぱなしにしたり何度も送ったりするのではなく、相手のことを考えた適度なアプローチを心掛けると必ず成果はあらわれます。