マーケティングの必要性とメールマーケティングとは

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

マーケティングの必要性とメールマーケティングとは

マーケティングの必要性とメールマーケティングとは

マーケティングとは



まず、マーケティングを知っていくために身につけておくべき言葉としてベネフィットというものがあります。ベネフィットとは日本語で利益を意味する単語です。このベネフィットというのは、私たちが日頃ものについて忘れがちな考えです。多くの人は商品が欲しくて買うと思いがちですが、その商品が欲しいというのには理由があり、何か利益を得たいと考えていたり問題解決をしたいと考えていたりするために購入しています。人とは違うものを持ちたいとか、壊れたから新調したいといったことが背景にあり、ものを購入するのです。

次に差別化です。欲しいと思っている商品がある場合、どれを購入すれば良いのかを考えた時、何か他と違う決定的なものが必要となります。価格であったりブランド力であったりというものが最終的な決め手となることがあります。

そして、商品の強みが見えたらそれがどの年齢層が評価してくれるのかというターゲットを絞るということが必要になります。ものというのは万人受けするものを作るというのはとても難しく、必要とする主要な年齢層というものが必ずあります。そこに絞って販売をしたり強くアピールしたりすることで利益を上げやすくすることができるのです。

このようにマーケティングとして行われることというのはこのように具体的に販売をしていくターゲットを絞ること、そしてそのターゲットを絞るために強みを確認することといったことが行われています。こういった取り組みをすることで強豪との差別化をして利益の出る仕組みができるのです。



マーケティングの重要性



現代は不況の影響もあり、ものが売れにくい時代であると言われています。やはり、日常的な収入が増えなければ万が一の時のためにお金を手元に残しておこうと守りに入りがちになるものです。そこで、少しでも皆が興味を持って購入しようと思ってもらうためには、人々のニーズに合った商品を製造することが重要になります。そのために、市場調査を行うことが重要なのです。

ものの種類が少なかった時代には私たちには選択肢が少なくある程度決まったものを購入するのが当然でした。しかし、今のようなものが溢れている時代には少しでも人々のニーズに合った商品を作ることや他社との差別化を図ることが売上アップのために重要になってきます。売れるためには多くの人に欲しいと思ってもらうことが重要であり、市場のニーズを理解することが求められます。

多くの場合、クリエイターやデザイナー、商品開発部といったものを作る人たちは顧客のニーズをつかんでいるようでつかめていないことが多いです。制作側の人たちは日頃は一顧客として過ごしているものの、どうしても制作側の様子が見えてしまうために消費者視点が薄れてしまうことが考えられます。そこで、マーケティングのような市場調査をすることによって世間のニーズを確認してそれに合った商品を作ることを進めていくことが必要になるのです。

今後、企業間での競争がさらに激化していくことが予想されています。そこで、企業としては生き残りをかけて、消費者の欲しいと思っているものを作り出すことが求められており、そのために市場調査をしっかりと行うことが重要となっているのです。



メールマーケティングとは



メールマーケティングと聞くと、多くの人がメールを配信して調査を行うことであると考えるものです。しかし、本来は少し意味合いが異なり「配信するだけでマーケティングの成果を上げること」と考えられています。もちろんそれだけで成果を得るために、配信時間や配信内容を考えたり、対象をしっかりと絞ったりということをして確実に市場のニーズや意見と言ったものを吸い上げようとするのです。

このような説明をすると中にはメルマガとの違いがわからないという人もいるものです。厳密な違いとして、メルマガは会員に対して一斉に同じメールを配信することと情報を提供するということが目的です。それに対してメールマーケティングでは、事前にもらっている情報を元に性別や年代、住んでいる地域といった項目で対象を絞って配信するという違いがあります。この違いというのが調査のためにとても重要な意味をなしています。

メールで調査を行うというのは成果が出ないのではないかと考える人もいます。しかし、調査のためにかかる手間であったり費用であったりというのは座談会形式や郵送形式に比べて格段にリーズナブルです。そのため費用対効果として考えれば圧倒的に高いと言えるのです。また、リーズナブルに調査ができるという点ではどのような企業であっても気軽に行いやすいというメリットもあります。

また、調査を経てすでに感度が高いと予想できる顧客を絞った上で営業をかけていくことができるのでとても効果が出やすいというメリットもあります。顧客を絞ることで興味を持ってもらえる確率が上がることが予想され、FAXDMを送信することでリアクションが戻って来ると、さらにここでファックスを見た後にテレアポを行うことでより成果を出しやすくなります。何もリサーチをせずに行うよりは対象を絞り、なおかつファックス送信後にテレアポを行う方が圧倒的にその後の成果に期待できます。