テレアポで業績アップを図りたい時に覚えておくと良い事

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

テレアポで業績アップを図りたい時に覚えておくと良い事

テレアポで業績アップを図りたい時に覚えておくと良い事

営業補助としてのテレアポの魅力



テレアポの仕事をしたいと思う人も多いことでしょう。求人情報も多く、むしろ人材不足ぎみと言えるかもしれません。訪問販売の規制が少しずつ厳しくなっていた時期からは特に重要視されている職業であり、営業がスムーズに行えるようにお膳立てをするのがテレフォンアポインターの最大の役目です。

営業の成功はすべて担当者の肩にかかっていると言っても良いほどですから、事業所によっては特別待遇ですし、多くの女性が空いた時間を有効活用して高収入を得ている職業の1つでもあります。テレフォンアポイントでキャリアを積んで営業へ移行する人もいますし、逆に営業で成績を上げられない社員は電話応対で基礎を学ぶことも多いものです。それほど現場で要求されるような、顧客の気持ちをほぐすコミュニケーション力は高度なものなのです。応募を検討している側としても、資格は無用ですし、既にマニュアルが準備されていてその通りに話すだけで良いという場合もありますから、まったく難しく考える必要はありません。

中には最初にテレフォンアンケートでニーズを拾い出し、対象を絞り込んだ上で電話をかけるというように、段階を踏んで訪問営業へ持って行く手法をとりいれているところもありますし、電話ではなくFAXDMで代行しているところもあります。あくまでも電話の向こうにいる相手にニーズがあるという意志表示があってのことですから、強引な勧誘とはならないところが特長です。

業者の中には深夜まで相手の都合に関係なく電話をかけるという、強引な手法をとっていたところもないわけではありませんが、誠実に業務をこなしている会社は終了時間についてもルールを決めていますし、電話で断りの意思表示をされた相手はリストから外しています。従って、十分に相手のことを考慮して業務を遂行しているのであれば、クレームがつく事はほとんどないでしょう。むしろ楽しみにしてくれるお客様もいるほどです。そして、多くのアポインターにとっても、自分たちも業績アップの一端を担っているのだという誇りを実感することができる仕事です。



テレアポとFAXDMの効率



テレアポはコミュニケーション能力を活かして高収入を得られるアルバイトとして魅力もありますし、会社の業績アップに一役買っているという自信と誇りを実感できる魅力もあるのですが、難点として人件費および通信費に莫大な費用がかかる事が挙げられます。元手を取り戻すためには大量の電話をかけなければなりませんし、200件の電話をかけて1件の成約を獲得できれば成功となるように、大変過酷な作業でもあります。

しばしば心ない言葉を電話口で浴びせられる事もあり、ストレスになることもあるかもしれません。また、テレアポへの規制も厳しくなってきており、これまでのような業務がしづらくなっているのも現状です。現在においてはテレアポだけに頼るよりも、効率よく業務を遂行できる営業補助のツールとしてFAXDMがにわかに注目を集めるようになりました。

一件一件と地道に電話をかけていく代わりに、短い時間で広範囲エリアに一斉にDMを送信する事ができますから、通信費の節約になります。また、対象を電話帳からいちいち拾い出すのではなく地域ごと、あるいはニーズごとにグループ分けをしますから、パソコンや携帯端末を持たない人にも確実に届くという点でかなり効果を期待できます。もちろん迷惑通信となっては元も子もないですから、常識をわきまえての利用になります。相手の時間は奪わなくともインクと紙を消費してもらう事になりますから、原稿の内容もしっかり吟味したものでなければなりません。リストは自分で保有しているならそれを使えますし、そうでない場合はレンタルもできます。



今後のテレアポの企業内での位置づけ動向



体力と精神的負担が多かった営業活動に一筋の光を灯したテレアポは、コミュニケーション能力を発揮できる花形的アルバイトですが、かつて一日に何十通も届いていたような電話勧誘がここ数年ぴたりとやんでしまったのは、規制がかかっている事もありますし、時代がアイフォンやパソコンなどの普及によってIT業務に急速に移行しつつあることも起因しています。

しかしながらまだまだパソコンや携帯端末が100パーセント普及しているわけではありませんし、世代によっても普及率にばらつきがあります。そこで、テレアポという手段を最大限に活かすために、そしてより多くの人々に優れた自社サービスを知ってもらうために、より効率良くスピーディに安く情報を届けられるFAXDMのようなツールがまず不可欠である事はこれまでの様子からも明らかで、今後はますますFAXDMのニーズは増えていくものと思われます。FAXDMで期待通りの効率をあげるためには原稿でアピールしていく事になりますが、DM先の宛名も重要です。一部の地域ではセミナーも開かれていますから積極的に参加して法人としての可能性を模索していく事が賢明です。

業者によっては原稿のテンプレートサービスを実施しているところもありますし、DM宛先はリストのレンタルを利用できますから不安なく始める事ができます。なんといっても1時間で大量にDMという形で情報を送信できて、費用も従来に比べてかなり抑えられるというのは企業としても魅力です。中には原稿の添削をしてくれるところもありますから手間はほとんど不要というのもうれしい限りではないでしょうか。初期費用無料という格安料金でサービス提供してくれる業者を利用すれば、経費削減にもなって安心です。営業にFAXDMを先頭に置くことで、テレアポにプラスアルファの効果をもたらし、その効率もぐんと上がる事は確実と言えるでしょう。