これからFAX営業をしたいとお考えの方へ

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

これからFAX営業をしたいとお考えの方へ

これからFAX営業をしたいとお考えの方へ

FAXDMによる営業活動を行いたいと考えている方におすすめの情報



世の中には、ダイレクトメールによるFAX営業を行いたいと考えているビジネスパーソンもいるのではないでしょうか。そのような場面では、専門の業者によるサービスを利用するのも一つの選択肢になります。ただ、FAXの配信事業を手掛ける業者も数多く存在するので、それぞれの会社の相違点を把握し、自分に合ったところを選ぶことが大事です。

FAXDMを配信するにあたっては、反響率の高さが重要なチェックポイントとなります。そして、FAXDMの反応率を向上させるためには、原稿の掲載内容にも気を配ることが大切です。例えば、自ら原稿を作成したものの、自分では出来栄えがどうなのか分からないという人も見受けられます。そのような悩みを抱えている方には、自作の原稿を送付すると、無料でアドバイスしてくれる業者も存在しますので、チェックしてみることをおすすめします。また、ダイレクトメールの効果を高めるためのポイントはもちろんのこと、クレームを削減するための方法もアドバイスしてくれる業者は、さらに利用価値が高くなります。

過去にFAXDMを利用して営業を行った経験があるものの、思った通りの成果が上がらなかったという人もいることでしょう。FAXDMによる営業の効果は、ターゲットとなる顧客リスト、原稿の掲載内容、配信するタイミングなど、様々な条件によって違いが生じます。したがって、少々の失敗で、FAX営業を諦めると、成功のチャンスをみすみす逃してしまうことにもなりかねません。そのような状況に陥ることを避けるためには、前回の状況をスタッフに伝え、過去の事例や蓄積されたノウハウを元にして、改善策を提案してくれる業者を利用するとよいでしょう。きっと、より効果的な方法を提案してくれると思います。



クレームの入るリスクや、サポートセンターの営業日時について



これからFAX営業を行いたいと考えているビジネスパーソンにとって、受信者からのクレームがあるか、またクレームが入った場合、どのように対処したら良いかという問題にも気を配ることが大切です。一般的に、新規のターゲットを対象としてFAXDMを配信した場合、ある程度の範囲内で配信停止の依頼が行われることになるでしょう。ただし、原稿の作成方法や宛先リストの選び方に気を配り、適切な方法でFAXDMを作成し、配信した場合には、電話などで深刻な苦情が入ることはまれです。FAXDMを配信した後、入るクレームの件数を減らすためには、受信者の身になり、負担の軽いリストや原稿を作成するほか、送信した後のフォローを充実させることが大切です。クレームを少なくするためのポイントをさらに詳しく知りたい場合には、専門業者に資料を請求したり、各社のホームページをチェックしたり、業者スタッフに問い合わせや相談を行ったりして、情報を収集するのもよい方法です。

次に、サポートセンターの営業している日時も、業者を選ぶ上でチェックしておきたいポイントです。中でも、24時間365日の営業体制を採用し、オペレーターが休みなく対応してくれる会社は、便利に使用することができます。そのような業者を選択すれば、急ぎの作業を依頼したり、思いもよらないトラブルや予期しないアクシデントが発生し、待ったなしの状況に陥った時に、対処策を提案してもらったりするなど利便性が高くなります。



自分で原稿を作成する場合のチェックポイントなど



FAX営業を行うに際して、自分で原稿を作成しようという気持ちはありながらも、何から手をつけたら良いか分からず、困っている人も見受けられます。そのような問題を解決するためには、テンプレートを提供してくれる業者を利用するのも一つの選択肢です。特に、いくつかの設問に回答すると、それぞれの顧客に合ったテンプレートをダウンロードすることが可能なシステムを採用している会社は、利用価値が高くなります。また、FAXDMの自作原稿を送付すると、無償でアドバイスを行ってくれる業者や、掲載内容に応じて、所定の料金を支払うと、原稿を作成してくれる業者も存在します。

次に、FAXDMは、電子メールや郵便物によるダイレクトメール、ポスティングチラシなどとは異なり、受信者側の紙やインクを利用させてもらう媒体です。FAXDMを送信する場合には、そういう事情を踏まえた上で、相手方に負担が掛かることのないよう、適切な対処策を講じることが大切になります。例えば、キャッチフレーズの文言に工夫を凝らし、使用するインクの量を少なくしてみるなど、受信者の立場になって、印象が良く、負担を感じないような原稿を作成する必要があります。

また、自宅をオフィスとして使用している個人事業主をターゲットとする場合、一般の人が就寝している深夜や早朝の時間帯にFAXDMを送信するのは避けるのが賢明です。それらの時間帯に届いたFAXは、たとえ掲載内容が魅力的なものであったとしても、迷惑に感じられてしまう可能性が高くなります。