FAXDMサービス提供開始 約30年 取引法人数11,000社の実績

MENU

会社概要

TEL : 0120-975-849

平日9時~12時/13時~18時

FAXDMと郵送DMの併用で仕入れを拡大&効率化 サービス導入後は売上が劇的に上昇、社員数は5倍以上に増加

業務用機器の買い取り・販売を手がける株式会社パシオリユース。顧客の業種やエリアを絞らず、幅広い仕入れを行っている。
そんな同社が営業活動の軸に据えているのが、FAXDMと郵送DMだ。以前はテレアポによる営業を行っていたが、やり方を変えてから売上が大きく伸びたという。

その経緯やFAXDM、郵送DMの具体的な活用方法、そしてネクスウェイのサービスを選んだ理由まで、同社の取締役兼大阪営業所所長である遠藤徹氏に話を伺った。

お客様のご紹介

WILLGATE 株式会社パシオリユース様
本社所在地 千葉県松戸市秋山759-1
大阪営業所 大阪府摂津市鳥飼本町2-11-42
代 表 者 西村 博行
ホームページ https://kougu.pasioreuse.com/

お客様事例

毎月約3,000台もの業務用機器を買い取り・販売


株式会社パシオリユースは、その社名のとおりリユース、つまり中古品の買い取り・販売を行っている。リユースというと、一昔前までは“中古=安かろう悪かろう”という印象が拭えなかった。しかし、近年は消費者のイメージが変わり、盛り上がりを見せている注目の業界だ。

同社が主に扱うのは業務用機器で、業種を問わずさまざまな企業から機器を仕入れる。仕入れの方法は基本的に訪問買い取りで、販売はネットオークション一本に絞っている。

そんな同社が一ヶ月で買い取り・販売する商品数は、3,000にも上るという。少ない人数(大阪営業所の買い取り担当スタッフはわずか2名)でこれだけの数の取引ができる理由について、遠藤氏は次のように話す。

「一番の理由は、独自の販売システム。ほとんど人の手をかけずに販売が完結するシステムを構築しているんです。そのため仕入れから販売までにかかる期間は5〜7日ほどで、倉庫に大量に在庫を抱えることはありません。あとは、仕入れの質もポイント。ニーズがある商品を見極めて仕入れるようにしています」。
 

 

仕入れ先の獲得方法をテレアポからFAXDMにシフト
出張予定や売上に合わせたDMの活用で仕入れの量・質が向上


しかし、いくら高機能な販売システムがあり、目利きのスタッフが在籍していても、「買い取ってほしい」という顧客が増えなければ事業は拡大しない。同社は当初、顧客へのアプローチは電話で行っていたという。分厚い電話帳を片手に、片っ端から架電。丸一日使って数百件の企業にアプローチしていたが、思ったように顧客数が伸びなかった。

そこで導入したのが、FAXDMだ。これによって従来とは比べものにならない数の企業にアプローチできるようになっただけでなく、他にもさまざまなメリットがあったという。

「リユース業界では、“売れるもの”がどんどん変わっていきます。今ニーズが高まっているものを仕入れなければならず、そのためには簡単に業種を絞ってアプローチできるFAXDMは効率的でした。また、弊社は訪問買い取りを行っているので、狙ったエリアに集中的にDMを送れるのもよかった。例えば九州エリアの企業に絞ってDMをお送りして、その数週間後に現地に向かい、ご要望をいただいたお客様の元を回るんです。この方法だと移動時間を最小限に抑えられて、非常に効果的でしょう?

しかもFAXDMは、お客様の反応スピードが早い。送って2〜3時間後にご連絡をいただくことは珍しくありません。“あのエリアはこの前行ったばかりなのに”という取りこぼしのリスクも低いんですよ」。

さらに遠藤氏は、営業利益の数字を見ながらFAXDMの送信数をコントロールしていると話す。

「今月もう少し売上を伸ばしたい、というときに追加でDMを送るなど、コントロールできるのもいいですよね。電話では、残り少ない日数で大量に連絡するのは難しいですから」。

 

圧倒的なリスト量と不要受付サービスに魅力を感じ 他社サービスからネクスウェイに切り替え


そんな同社は、初めからネクスウェイのFAXDMサービスを使っていたわけではなく、3年ほど前に他社製品から切り替えている。

「切り替えの理由は、まずネクスウェイのほうがリストの量が圧倒的に多かったこと。リストはやはりサービスの要ですから、ここに大きな差があるなら切り替えたいと思いました。それから、DMをお送りした企業からのFAX送信停止のお問い合わせを代わりに受け付けてくれるオプションサービスが魅力的でしたね。FAXDMを送ると、どうしても“もう送らないでほしい”という旨のご連絡をいただくのですが、自社でその対応をするとなると大変で……。この業務を巻き取ってくれるのは非常に助かります」。

また、遠藤氏は営業担当についても次のように話してくれた。

「サービス内容に惹かれたのはもちろんですが、最後の決め手は営業担当の方の人柄と熱意です。わざわざ東京から足を運んでくれて、丁寧に説明してくれました。この方になら任せてみるかと思えましたね」。
 

FAX番号情報がない企業には郵送DMを活用して幅広くアプローチ
メリットはFAXDMよりも"手元に残してもらいやすい"こと


(完全版をご覧ください)
 

今後の課題はリユースを利用したことがない層へのアプローチ
ネクスウェイにはより幅広いサポートを期待


(完全版をご覧ください)