dkmm1f0000031dog
  1. HOME
  2. 活用事例
  3. タイにおけるAED普及に向けてネクスウェイの「FAXDM」サービスを利用

タイにおけるAED普及に向けてネクスウェイの「FAXDM」サービスを利用

導入サービス
AS-aP
キーワード
FAXDM toB 売上 生産性

企業・工場・学校・病院・ゴルフ場・ホテル・レストラン・オフィスビルなど、ターゲットに合わせた効率的なリーチで、毎月の受注件数が約2倍に増加!


お客様のご紹介

セコム株式会社様

1962年に日本初の警備保障会社として創業し、1966年には企業向けオンライン・セキュリティシステム、1981年にはホームセキュリティシステムを発売し(いずれも日本初)、企業・家庭を併せて国内外合計311万8000件の契約件数を保有する(2017年9月末現在)。1989年には「社会システム産業」を宣言し、セコムグループとして、セキュリティを中心に防災・メディカル・保険などの事業にも取り組み、台湾・韓国・中国・タイなど海外20の国と地域で国際事業を展開している。

目次

導入の背景

タイをはじめ海外でセキュリティサービスを提供、 現在はメディカル分野にも注力

 社会基盤として欠くことのできないセキュリティをコアサービスとして展開するセコムでは、企業や家庭にセキュリティ機器をレンタルし、24時間体制でオフィス・家屋の安全を守るオンライン・セキュリティシステムを提供している。また法人の警備に関わる商品、例えば指静脈認証を利用する出入管理システムやCCTV(監視カメラ)、自動消火システムなどの安全機器や、高度な訓練を受けたセキュリティのプロフェッショナルを顧客先に派遣して、常駐で警備を行うセキュリティサービスなども提供する。

 さらに近年ではメディカル分野にも注力しており、AED(自動体外式除細動器)などの医療機器も販売している。参考までにAEDとは、心停止した人の心臓に電気ショックを与えて正常な動きを取り戻させるための医療機器で、国内では2004年7月から医療従事者以外の人でも使用できるようになった。

 セコムは現在、海外20の国と地域でもセキュリティ事業を展開しているが、その中の1つにタイがある。


PDFダウンロード

セコム株式会社がタイ市場における新サービス展開における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。事例ダウンロードはこちらから。

PDFダウンロード

受付中の関連セミナー

関連事例