dkmm1f000003esw5
  1. HOME
  2. 活用事例
  3. 売場ノートの導入で 店舗から本部への報告業務を大幅に軽減、 売場づくりの水準も揃い、被災時の迅速な商品供給も可能に

売場ノートの導入で
店舗から本部への報告業務を大幅に軽減、
売場づくりの水準も揃い、被災時の迅速な商品供給も可能に

導入サービス
売場ノート
キーワード
店舗運営 業務効率化


お客様のご紹介

コーナン商事株式会社様

設  立 1978年9月
資 本 金 176億5800万円(2019年2月末現在)
代 表 者 代表取締役社長 疋田直太郎
店 舗 数 357店舗(2019年3月末現在)
ホームページ https://www.hc-kohnan.com/corporate/

目次

導入の背景

店舗では本部への報告業務に多くの工数がかかり、
本部も店舗の手間を考えて指示出しを抑える場面が発生していた

 コーナン商事の店舗では、1店舗平均で約8万SKUの商品を取り扱い、パート・アルバイトを含めて約50名のスタッフが働いている。そのうち本部とやり取りするのはほぼ店長と主任だ。一方店舗とやり取りする本部の部署は複数あるが、そのうち店舗を統括して販売や店舗運営に関する指導を行うのが営業部だ。実際には1人で15~16店舗を担当するエリアマネージャーがその役割を担っている。
 これまで同社では、エリアマネージャーから各店舗に指示を出して、現場の状況を知るために店頭やオフィス内掲示物の写真を撮ってメールで報告してもらうこともあったが、これが店舗側の大きな負担になっていた。当時の状況について、第1HC営業部 エリアマネージャーの内川喜裕氏は次のように説明する。
 「たとえば『今の季節ならこの商品が売れますよ』という案内を先にメールで送っておき、その売場づくりがきちんとできているかを確認するために、店頭の写真を撮って送ってもらうというやり取りをします。その際に店長や主任は、まずデジカメで店頭の写真を撮り、次にデジカメをPCに繋いで画像データを保存し、それをメール添付で本部の我々に送るという作業をしていました。そこでは店舗側の手間を考慮して、自身が管轄するエリアでは指示出しを週2回ぐらいに抑えていたというのが実情です。また我々エリアマネージャーも、担当する全店舗から写真がメールで送られてくるので、それらを確認するだけでも骨の折れる仕事です。私は以前に約7年間の店長経験もあるのですが、こうした状況は当時からずっと課題に感じていました」。



 
 


PDFダウンロード

コーナン商事株式会社様が本部-店舗間でのコミュニケーションにおける課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。事例ダウンロードはこちらから。



ご利用サービス

受付中の関連セミナー

関連事例


エバラ食品工業株式会社/株式会社エバラ物流様

ファイネットと食品業界での豊富な導入実績と長年の運用実績を評価。


トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社様

氾濫する情報の整理・共有で接客時間を創出、より良い売場づくりを実現


株式会社デイトナ・インターナショナル様

積極的な店舗展開に欠かせない“強力な情報共有基盤”を採用


OA機器メーカのA社様

SCMシステムの一環として活用


株式会社商工組合中央金庫様

FAXの誤送信防止


医療・看護団体 Z会様

会員への連絡業務の合理化


機械工具商社のC社様

Web-EDIを上回る稼動で受発注効率化


化学工業業界 D社様

SAP R/3との連携