dkmm1f000004hv0p
  1. HOME
  2. 活用事例
  3. 納品書の迅速な発行、 郵送作業にかかる大幅なコスト削減を実現 ペーパーレス化を推進する 技術商社が選んだ“納品書電子化”の一手

納品書の迅速な発行、
郵送作業にかかる大幅なコスト削減を実現
ペーパーレス化を推進する
技術商社が選んだ“納品書電子化”の一手

導入サービス
FNX e-急便WEB発行サービス
キーワード
帳票 受発注 費用対効果

 電気設備に関するさまざまな商材の供給を中心に、商社の枠を超えて自社製品の開発も行う“技術商社”因幡電機産業株式会社。1938年に創業した長い歴史のある企業でありながら、“100年企業”を目指し、今もアグレッシブに変革し続けている。
 そんな同社は2020年6月、顧客満足度の向上や業務効率化などを目指し、ネクスウェイの『FNX e-急便WEB発行サービス』を導入した。その決定の裏には、どんな課題があったのか。そして、導入前後ではどのような変化があったのか。
 電材カンパニー企画室の井上氏と情報システム部の田中氏に詳しく聞いた。


お客様のご紹介

因幡電機産業株式会社

創業 1938年
資 本 金 139億円(2019年3月31日現在)
従業員数 2,538名(2019年3月31日現在)
事業内容 電設資材事業・産業機器事業・自社製品事業
ホームページ https://www.inaba.co.jp/

目次

導入の背景

1938年から続く“技術商社”の核となる電材カンパニー
全国の拠点で毎月およそ5万件の納品書を発行 

井上 勝史 様

 商社とメーカー、両方の機能を併せもつ“技術商社”として知られる、因幡電機産業株式会社。その柱となる電材カンパニーは、1938年の創業当時に設立された同社で最も歴史ある部門だ。電材卸売業者に対し、電線や照明器具、エアコンをはじめとした様々な商材を供給しており、顧客数は約4,000社にも上るという。


そんな電材カンパニーは、北は北海道、南は九州の福岡、熊本まで、全国各地に多数の拠点をもつ。その各拠点で負担になっていたのが、顧客に送る“納品書”を作成、郵送する業務だ。電材カンパニー企画室の井上氏は「1ヶ月に送付する納品書の発行件数は全拠点で約5万件にも及びます。その準備や発送には膨大な時間がかり、また作業のスピードに関しても課題を抱えていました」と話す。



導入の経緯

納品書発行のスピードと膨大な作業時間が課題
総コストは年間1億円弱にも達していた

田中 健太郎 様

 納品書は仕入先から届いた伝票の情報を全国各拠点の事務スタッフがシステムに入力、データを作成後、1枚の紙にまとめて印刷された納品書を切って仕分けし、専用の機械で計量し、郵便局へ局出ししていた。誰かが個別に郵便局へ直接持ち込まなければならないこともありました。

 なお、納品書のデータ作成は毎日行っているものの、印刷と発送は週に2回、決められたタイミングでやっていたため、納品書の発行スピードについては、大きなクレームにはなっていなかったものの、「もっと早く送ってほしい」という問い合わせを受けることはしばしばあったという。

 また、納品書の作成、発送にかかるコストも解決を急ぐ課題だったと情報システム部の田中氏は続ける。

「納品書を準備するために、各拠点で毎日1時間ほど割いていたと聞いています。電材カンパニーは拠点数が多いので、会社全体で考えると非常に大きなコストですよね」。

 もちろんこの他にも、紙やインク代、プリンターの維持費、郵送費などもかかってくる。同社の電材カンパニーの場合、納品書の作成・発送にかかる総費用はなんと年間1億円弱に達していた。





PDFダウンロード

因幡電機産業株式会社様が納品書発行における課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。
導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。事例ダウンロードはこちらから。



PDFダウンロード




受付中の関連セミナー

関連事例