dkmm1f000004ipls
  1. HOME
  2. 活用事例
  3. 店舗maticへのリプレイスで本部-店舗間のコミュニケーションを効率化、 情報の確認モレが無くなり、本部・店鋪スタッフ作業も効率アップ

店舗maticへのリプレイスで本部-店舗間のコミュニケーションを効率化、
情報の確認モレが無くなり、本部・店鋪スタッフ作業も効率アップ

導入サービス
店舗matic
キーワード
店舗運営 業務効率化


お客様のご紹介

富士シティオ株式会社様

設  立 1965年8月
資 本 金 5000万円
代 表 者 代表取締役会長 菊池淳司
代表取締役社長 永田俊雄
店 舗 数 52店舗(2020年8月現在)
ホームページ https://www.fujicitio.com/.co.jp/

目次

導入の背景

本部・店舗の双方に大きなストレスとなっていた
One to Oneメールでのやり取りを刷新したい

 神奈川県を中心に52店舗を展開する富士シティオでは、これまで本部各部署と店舗間のやり取りを、全社で利用するグループウェアのメール機能を使って行っていた。 しかしそのやり方には、数々の課題があったという。以前の状況について、システム物流部 情報システム課の太田氏は、次のように説明する。
 「各店舗には規模に応じて2~3台の共用PCが設置されていて、本部7~8部署からの指示や連絡事項は、店舗側の各部門担当の責任者がメールで受け取っていました。 当然One to Oneのやり取りになるので、他のスタッフへのスピーディな情報共有が非常に難しかったのです。店鋪の部門の2番手3番手の社員や店長への 情報共有が徹底できずに、対応が遅れるケースが発生していました」。
 また本部から送られてくるメールの総数は非常に多く、店舗側の各責任者はメールや添付ファイルを開くだけでも時間がかかり、 重要な連絡や指示も見落としがちになっていた。加えて自分宛てのメールがいつ届くか分からないので、業務の合間やPCが空いている時間を見つけては、 随時メールをチェックする必要もあった。
 こうした課題を感じ続けていた中、太田氏が着目したのが、ネクスウェイの提供する店舗maticだった。








PDFダウンロード

富士シティオ株式会社様が課題をどのように解決し、成功へと導いたのか。導入前の課題、導入後の効果、今後の展開などをまとめました。事例ダウンロードはこちらから。



ご利用サービス

関連事例


エバラ食品工業株式会社/株式会社エバラ物流様

ファイネットと食品業界での豊富な導入実績と長年の運用実績を評価。


トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社様

氾濫する情報の整理・共有で接客時間を創出、より良い売場づくりを実現


株式会社デイトナ・インターナショナル様

積極的な店舗展開に欠かせない“強力な情報共有基盤”を採用


OA機器メーカのA社様

SCMシステムの一環として活用


株式会社商工組合中央金庫様

FAXの誤送信防止


医療・看護団体 Z会様

会員への連絡業務の合理化


機械工具商社のC社様

Web-EDIを上回る稼動で受発注効率化


化学工業業界 D社様

SAP R/3との連携